March 08, 2007

腹圧

風邪がまだ治りきらない。病院へ行った1週間前に比べると随分マシにはなっている。頻繁に出ていた咳も少なくなってきている。少なくはなっているけれど咳は出る。熱は相変わらず上がらなくて体温は低いまま。ゴホン、ゴホンと痰が絡みつくような咳ではなく、空咳とでも言うのかなんだか白々しい感じの咳。そんな咳でもお腹に力が入る。妊婦はお腹に力を入れてはいけない、はず。だから重たい荷物も持ってはいけないとか言われている。出産の時には腹圧を利用してお腹の中の赤ちゃんを押し出す。だけど、私はまだ出産時ではない。変にお腹に力が入ってお腹の中の赤ちゃんを圧迫したり、切迫早産に繋がったりしては困る。出来るだけ咳はしたくない。そう思っても不意に出てしまうのが咳。風邪引いているんだもの、仕方がないか。だけど、花粉症じゃなくて本当に良かったと心から思う。この先花粉症になる可能性は大。だけど、それも今じゃなければまだいいかとさえ思える。妊婦で花粉症は辛すぎる。くしゃみが連続して出る状態なら、常時腹圧が掛かって仕方がない。とにかく今はまだセーフ。去年も今年も疑わしいくしゃみを数回したけれど、まだ花粉症にかかっていないと信じたい。思い込みも大切。病は気から。一日も早く風邪を治さねば。昨日も今日も仕事に出ていないので、気持ち的にはゆったりとすごせたし、それがなによりだったのかもしれない。
昨日気になっていた、産休について調べてみた。労働基準法65条に定められていて、6週間以内の出産予定であり女性を就業させてはならない。産後8週間を経過しない女性を就業させてはならない、とある。ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合に医師が支障がないと認めた業務につかせることはよい、とも書いている。私の場合、退職して健康保険も厚生年金も雇用保険も会社では入っていないので、この労働基準法には該当しないかもしれないが、出産予定日の6週間前である4月11日がその日となる。約5週間後だ。体調と相談しながらなんで無理してその日まで働くつもりはない。何かあってでは手遅れになる。産後の復帰も約2ヵ月後からとなっているが、私の場合は出産一時金も育児休暇も無縁なんでどうするかまだ決めていない。嫌な思いしてまで働きたくない気持ちは変わらない。無収入になるのは困るけど、生活できないわけではないし、他の道を探すことも考えればいい。今の仕事に対して必要以上に責任感を感じる執拗もないし、拘る理由もない。ただ、長く勤めただけに会社側も情があり、仕事が分かっている分使いやすいので手放したくない気持ちも理解できる。だけど、自分自身にとって何が大切か考えた時、完全に辞めてしまうという選択もしなければいけないかもしれない。私にとっては仕事よりも家族が大切。

ayuyu429 at 15:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!eight months 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔