12月初っ端の記事は、HG「セラヴィーガンダム」の撮影会となりました。

IMGP5145
IMGP5146IMGP5147
 正面、横、後ろの素立ちです。

 改修ほぼ無し、筆部分塗装です。カラーレシピは、目→イエローグリーン/透明赤→クリアーレッド/透明緑→クリアーグリーン/赤→シャインレッド/装甲裏等黒→つや消しブラック/灰→つや消しブラック+ニュートラルグレーです。スミイレにはガンダムマーカースミイレ用ブラックを使用し、最後にトップコートつや消しをしています。(一部シール使用)

IMGP5149
 GNバズーカ響備。

IMGP5151
 アクションベース2を使用しました。

IMGP5153
 GNバズーカ供淵轡鵐哀襦法

IMGP5154IMGP5156
 バスターキャノン&ツインバスターキャノン。

IMGP5158IMGP5160
 クアッドキャノン。

IMGP5162IMGP5163
IMGP5167IMGP5169
 GNバズーカ競瀬屮襯丱此璽(バーストキャノン)。

IMGP5172
 いかがでしたでしょうか。やはり今回のポイントは、(何度もしつこいですが(笑))装甲裏のブラックだと思います。

 そもそも黒という色は人間のイメージとして「重い」という属性を持っています。つまり、この黒を装甲裏(いや、というよりも各所)に入れることにより「重い」印象を強くすることができまして・・・そう、それはつまりセラヴィーガンダムのイメージでもある「重い」を助長してくれるのです! この「色」と「機体」はまさしく「ベストマッチ」なのではないかと、私は思います。

 あくまで持論ですが・・・。

 と、ここまで言いましたが、実は私の目的の最はそうでなく、単純に「隙間多くて中身丸出しじゃねぇか・・・まぁ黒に塗っとけばカモフラージュになるかw」なんですが(笑) 一石二鳥というやつです。

 さてキットの話に戻しますが、色分け完璧、プロポーション完璧の文句なしです! ケチをつけるところが思い当たりません。ほんと良い出来です。偉そうに言ってますが、もうほんとありがとうございますバンダイさんという感じで・・・(笑) とにかく製作も簡単でした。アリオスにも期待できます^^

 と、さて、こんなところでしょうか・・・。HG「セラヴィーガンダム」、その7にて完結しました。ありがとうございました。こいつはひとまず箱入りで・・・。

 次回は予定通りFG「ガンダムラジエル」の製作となります。雑誌を参考にしての製作となりますので特にオリジナリティはでないかもしれないですがうまくご紹介できたらなぁと思います。よろしくお願いします^^