HG「シラヌイアカツキガンダム」を完成させましたので、撮影会です。といってもいつもより簡単に終わらせましたので、撮影枚数はそれほどです。

 では本題。

IMGP6906IMGP6907
IMGP6908
 アカツキガンダム本体の素立ちです。

 正面はそれほどですが、背面はストライクガンダムと瓜二つ、そっくりです。「もしかしたらMGストライクガンダムに少し手を加えればMGアカツキガンダムを製作できるんじゃね?!」なんて思う私はきっと甘チャンです(笑)

IMGP6911IMGP6912
 ビームライフル、シールド装備状態です。

 シールドの塗装に苦戦していたためにブログ更新を滞ってしまっていたという情けない話があります。黒はよかった! しかし、白はだめでした。一回目筆を走らせたとき、「やってしまった・・・」と本気で思いました。下地(?)の金色が透け、微妙な白が乗り、なんとも変な状態に。二回目も、状況はほとんど変わりませんでした。「これはシールドを放棄するしかないか・・・いや、面倒だがエアブラシを使うべきか・・・」などと考えながらの三回目、まただめでした。黄色が透けています。

 しかし私は思います。「諦めちゃだめだ。諦めちゃだめだ」と。私は四回目となる塗り重ねを始めました。するとどうでしょう! 「黄色が・・・消えていく・・・!」。鳥肌がたちました。私は金メッキに勝利したのです。そして五回目の塗り重ね。黄色は完全に消え、白となりました。隠ぺい力の無い白が、金メッキの上で綺麗な白を輝かせた・・・。なんと感動的な出来事でしょうか!

 なんて、最後あたりは誇張表現虚偽満載で長々と書いてみましたが、とにかく時間がかかりました。マスキングしてエアブラシ使えばもっと早く終わったのでしょうが・・・なぜ私は筆を使ったのでしょうか。

 本題へ戻ります。

IMGP6913IMGP6914
 シラヌイ装備状態です。

IMGP6915IMGP6916
 シラヌイ展開状態です。

IMGP6917IMGP6918
 アクションベースを使用しました。

IMGP6921IMGP6922
 部分塗装のカラーレシピは、濃いグレー→つや消しブラック+ニュートラルグレー/黒→つや消しブラック/白→つや消しホワイト/スミイレ→ガンダムマーカースミイレ用ブラック、です。

IMGP6928IMGP6934
 ビームサーベルです。

IMGP6936
 ドラグーンエフェクトパーツが本来は四本あり全て装着した写真を撮影しようかと思っていたのですが、二本なくしてしまい、結局二本だけの撮影となってしまいました 残念です。

 今回の撮影会はここで終わりです。金メッキがどのようなものかわかり、面白かったですし、とても綺麗でした。このアカツキはとてもカッコいいですし、このまま簡単に終わらせてしまうのにはもったいないような気がしますので合間合間にちょこちょこと手を加えて楽しみたいところです。

 では、短いですが、ごきげんよう!