MG「ガンダムエクシア【イグニッションモード】」最終回です。

IMGP8817
 私もエクシア頭部発光にチャレンジしてみました。(なんだかこの写真、すげぇGNソードがピッカピカ!)

IMGP8818IMGP8819
IMGP8820
 徐々にアップ。ベタベタ触ったので汚いのはご勘弁をー。

 さて、いつも写真を撮る時は白熱灯で明るさを調節して画質を整えているのですが、今回、白熱灯で照らしてしまうと下のようになってしまいます。

IMGP8822IMGP8823
IMGP8824
 光に負け、せっかくのLEDライトユニットの綺麗な光が薄くなり残念な感じになってしまいました。それで白熱灯無しの撮影なので、写真が全体的にボケてしまっているのが残念な今回の記事です。

IMGP8825IMGP8826
 さて、LEDを消してみました。

IMGP8827IMGP8828
 デュアルアイや額部(通常のガンダムならメインカメラの部分)は、クリアーグリーンでなく、ノーマルクリアーにしておきました。これにより、ON時とOFF時のギャップ(?)が強調されているかと思います。

IMGP8829IMGP8830
IMGP8831
 色々な角度から。

IMGP8833IMGP8834
IMGP8835IMGP8836
IMGP8837IMGP8838
IMGP8839IMGP8840
IMGP8842IMGP8843
 下から白熱灯で照らし、いつもと違う雰囲気を出してみました。

IMGP8846IMGP8847
 さて、エクシア頭部発光の仕組みを軽くご紹介させていただきます。二種類のLEDライトユニットが二つ並んでいますが、右は今回のMG「ガンダムエクシア【イグニッションモード】」の物、左は以前の1/100「ダブルオーライザー」の物です。今回の頭部発光には、未使用だった左のLEDライトユニットを解体し、取り出したLEDを使用しました。LEDは、線を繋ぎ、頭部の中のクリアーパーツを削って空けた空間に収めました。

 ということで、MG「ガンダムエクシア【イグニッションモード】」の終了です。その16と、私としては意外と短く終わったエクシアでしたが、やりたいことは全てやれ、小満足といったところです。作業が適当で、アップにして撮影するともう汚さMAXですが、スルー推薦、ということで。MG「ガンダムエクシア【イグニッションモード】」はいかがでしたでしょうか。お楽しみいただけたでしょうか。次回作もよろしくお願いします。

 では、またね。ばいばい。