今回はHGUC「ロト」撮影会です!

IMGP1697IMGP1698
 素立ち。頭部の赤い部分は、ラピーテープ(赤)の上にトップコートつや消しクリアー。胸部の白っぽい部分はニュートラルグレーによる筆塗りです。腕部肘関節付近にあったスキマはいつものようにつや消しブラックで誤魔化しています。スミイレはエナメルフラットブラックを使用。トップコート後、ウェザリングマスターBのススを使ってウェザリングしました。

IMGP1700IMGP1702
 ロング・キャノン。ロング・キャノンの根元をはじめ、頭部の収縮機構部分、股-太もものボールジョイントなど、ポージング時に気になる「ゆるみ」を解消するため、つや消しブラックを厚く塗り、保持力の強化をしています。

IMGP1703IMGP1704
IMGP1706IMGP1707
 ミサイル・コンテナ。3連装小型ミサイルは、まずつや消しブラックで塗りつぶし、次に上からシャインレッドを塗装しました。筆塗りです。

IMGP1709IMGP1710
 メガ・マシン・キャノン。各部にアクセントとしてメッキシルバーを塗装しています。メッキシルバーは、ガンダムマーカーです。

 以後はアクションベース2を使用したポージング。

IMGP1711IMGP1714
IMGP1715IMGP1716
IMGP1717IMGP1718
IMGP1719IMGP1720
IMGP1723IMGP1724
IMGP1725IMGP1726
 投光器はニュートラルグレーで筆塗りしています。

IMGP1727IMGP1728
IMGP1729IMGP1730
IMGP1731IMGP1732
 タンク形態。

IMGP1733IMGP1734
IMGP1736
 ロング・キャノン装着。

IMGP1738
 今回の撮影風景。あまりに小さく照明で照らしにくかったので、箱を使って底上げしました。いつものように黒い紙をセロハンテープで固定しただけの簡単撮影所です。

 HGUC「ロト」の感想。
 私は基本的にロールアウトしたてようなの綺麗な機体が好きで、ウェザリングなどはほぼ、というか、もうまったくしないのですが、このロトだけはウェザリングをしたくなりましたね。とにかく渋カッコイイ! 男の機体、という印象です。こいつがタンク形態で爆走している姿を想像すると・・・素敵。最近のガンダムシリーズには珍しいタイプの機体だと思います。お手軽ですし、いつもと違ったものをお求めの方にオススメです。

 ということで、HGUC「ロト」でした。次回はHGUC「スタークジェガン」です。本当はザクF2型やセブンソードを選びたかったのですが、売り切れ状態でしたので、再販を待つことにしました。スタークジェガン、お楽しみに! またね、ばいばい。

 ※また東京へ行きますので、次の更新までにしばらく間があきます!