今回はHG1/144「リボーンズガンダム」最終回、撮影会です。

R0014948R0014949
R0014953R0014959
 改修は股の可動範囲拡大のみ(「HG リボーンズガンダムその10」)。胸部ダクト(?)にだけ付属のシールを使用しています。額とGNバスターライフルのサイトに紫のメタリックテープ、メインカメラと眼に緑のラピーテープ、胸部中央クリアーパーツ内に銀のラピーテープを貼り付けました。

R0014962R0014967
R0014970R0014976
 筆でおこなった塗装は、各所の「ブラック」と「ニュートラルグレー+ブラック」です。エアブラシでおこなった塗装は、ビームサーベルの「蛍光オレンジ」と「クールホワイト」、GNバスターライフルにあるGNコンデンサ(?)の「スーパーシルバー」と「クリアーブルー+クリアーレッド」、胸部中央にあるクリアーパーツの「クリアーブルー+クリアーレッド」、そして、各所のもともと黄色だった部分の「ブラック」「黒鉄色」「スーパーゴールド」です。スミイレはエナメル塗料の流し込みにておこないました。トップコートは「スーパークリアー3」です。

R0014981R0014998
R0014995R0014994
 HG1/144「リボーンズガンダム」の感想です。

 キット自体は本当に出来がよく、今回改修した股部周辺のもともとの扱いづらさ(股部ボールジョイントの根っこからポキリとやってしまったときは「あ、終わった」と一瞬思いました)と膝の黄色パーツのピン(ダボ)が折れやすい(撮影会の途中、折れやすいと事前に情報を得ていたにも関わらず、折ってしまいました)ということ以外、まず文句をつける点がありません。プロポーション良し、可動範囲良し、変形も差し替えなし、何より、その大きさにより迫力もあります。素敵です。

 今回の製作に関しては、とにかく部分塗装に時間がかかって大変だった、といったところでしょうか。しかし、その分その成果というかその結果が出ているので、それが嬉しいところですね(素組みは「HG リボーンズガンダムその6」)。さて、今回のHG1/144「リボーンズガンダム」、HG1/144「ガンダムサバーニャ」に続き、なかなかの満足感です。みなさんの目にはどのように映りますでしょうか。少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

 ということで、HG1/144「リボーンズガンダム」最終回、撮影会でした。次回は未定です。お楽しみに! またね、ばいばい。