今回はHG1/144「ガンダムハルート」撮影会です。前回から、他キットから流用したマーキングシールの貼り付けと、「スーパークリアー3」によるトップコートをおこなっています。それ以前の製作過程については、お手数ですが過去の記事をご覧ください。

R0015438R0015441
 背部ユニットを外して立たせた状態の正面と背面の写真です。

R0015457R0015448
 通常の状態の正面と背面の写真です。

R0015463R0015465
R0015472R0015481
 GNソードライフルライフルモードでのポージング写真です。

R0015489R0015492
R0015495R0015516
 GNソードモードソードモードでのポージング写真です。

R0015504R0015510
 GNソードモードソードモードでハサミを展開した状態でのポージング写真です。

R0015524R0015528
 バイザーを外した状態でのポージング写真です。

R0015531R0015534
R0015536R0015537
 飛行形態へ変形した状態の写真です。

 HG1/144「ガンダムハルート」の感想です。

 キットの出来は良好です。プロポーション、可動範囲、色分け、変形の完成度、どれも優秀でした。ただひとつ文句を言うならば、それは保持力がなさすぎるというところ。フロントアーマーがポロリしやすいという点は見逃せるとしても、肩がGNソードライフルの重さに耐えれないという点はまともなポージングをさせてくれないので見逃せません。ポージングをするなら、少しばかりの対策が必ず必要となるでしょう。

 今回の製作に関しては、HG1/144「ガンダムサバーニャ」よりは短い時間で完成させることができましたが、満足度は少し低め、といったところですね。「何か一味足りない!」と思うばかりです。やはりLEDを仕込んだほうがよかったかもしれませんね。次回作の完成後にでも仕込んでみようかしら。ところで、このHG1/144「ガンダムハルート」は「MG-モデラーズギャラリー-」へ投稿しています。もしこの作品の出来が良いと思われたら、ぜひ投票していってください! このHG1/144「ガンダムハルート」のページは「 こちら 」です。よろしくお願い致します。

 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」撮影会でした。次回はおそらくHG1/144「ビギニングガンダム」その1です。お楽しみに! またね、ばいばい。