今回はHG1/144「デュエルガンダムアサルトシュラウド」撮影会です。

1
01

2
02

DSC00869
03

b
04

 この記事は省略されています。全文を表示するには「せっかくだから俺はこの記事の続きを読むぜ!」をクリックしてください。
DSC00877
05

DSC00882
06

DSC00891
07

DSC00894
08

DSC00909
09


 
c
10

a
11

DSC00914
12

DSC00921
13

DSC00927
14

DSC00930
15

DSC00942
16

DSC00943
17

 以上、17枚でした。
 
 キットの感想です。色分け☆☆☆(とても残念でした)、合わせ目★★★(ほとんどが目立ちませんでした)、形★★★(文句なしです)、可動★★☆(AS状態ではかなり可動が制限されました)、付属品などその他★★★(アクションベースには非対応でしたが、古いキットなので仕方ないですね)、お手軽さ☆☆☆(塗装がとにかく面倒でした)総評→とても素晴らしいキットではありますが、塗装がひたすらに面倒です。
 
 製作の感想です。改修は間違いなく効果がありました。どの改修もお手軽なのでオススメです。塗装は、色は自分の好みのものを作ることができましたが、マスキングに費やした時間は今まで製作してきたガンプラの中で間違いなく一番長かったです。とにかく、塗装が必要な箇所が多く、そのうえ、その形が複雑なので面倒でした。ただ、達成感はあります。
 
 この作品は「MG-モデラーズギャラリー」さんへ投稿させていただきました。デウスのページはこちらです。もしこの作品を気に入っていただけましたら、ぜひよろしくお願いいたします。
 
 ということで、HG1/144「デュエルガンダムアサルトシュラウド」撮影会でした。次回はHG1/144「イージスガンダム」箱開封です。お楽しみに! またね、ばいばい。