今回はHG1/144「イージスガンダム」撮影会です。

1
01

2
02

3
03

4
04

 この記事は省略されています。全文を表示するには「続きを読む」をクリックしてください。
5
05

6
06

7
07

DSC01148
08

DSC01182
09

DSC01184
10

DSC01191
11

DSC01192
12

DSC01200
13

DSC01202
14

DSC01207
15

DSC01208
16

DSC01215
17

DSC01230
18

DSC01232
19

DSC01238
20

 以上、20枚でした。
 
 キットの感想です。
 ・色分け★★★★★(ほぼ色分けされていました)
 ・合わせ目★★☆☆☆(多数あります)
 ・形★★★★★(理想です)
 ・可動★★★★☆(腰がまわらない以外は優秀でした)
 ・付属品などその他★☆☆☆☆(平手やビームエフェクトパーツが付属せず)
 ・お手軽さ★★★★★(色分けがよく、パーツも複雑でなく、変形も簡単)
 ・総評→SEEDのHG1/144シリーズとは思えない驚きの完成度で、オススメできます。
 
 製作の感想です。色について、「塗っては満足せず」を繰り返して何度も塗りなおしをすることとなりましたが、最終的には理想の色を実現することができて大満足しています。やはりアスランといえば赤のイメージがあるんですよね。ジャスティス系も赤ではないのに、不思議なものです。パイロットスーツの印象でしょうか。赤のパイロットスーツは他にたくさんいますけどね。
 
 この作品は「MG-モデラーズギャラリー」さんへ投稿させていただきました。デウスのページはこちらです。もしこの作品を気に入っていただけましたら、ぜひよろしくお願いいたします。
 
 ということで、HG1/144「イージスガンダム」撮影会でした。次回は2011年上半期のまとめです。お楽しみに! またね、ばいばい。