image
image1
image2
image3
 
 今回はHG1/144「ジム・スナイパーII」の撮影会です。元々の良さを強調するよう、足りない色だけを補完した、筆による部分塗装作品に仕上げました。今回からゲート処理もおこなっています。
 
 個人的な満足点は、ドラケンEも綺麗に仕上げることができましたが、なんといってもバーニア内部の塗り分けですね。説明書の作例を見たときは「ゲェー!!」と思いましたし、実際に大苦戦しましたが、やはりシルバーリングは綺麗です。
 
 バーニア内部の塗装法ですが、まず内側にモンザレッドで赤を塗装し、外側にハミ出てしまったところはデザインナイフで削り消し。次にバーニア内側の小さなバーニアのようなところだけを黒く塗り、乾いたら、極細筆でシルバーリングを塗装。あとは細かなところをガンダムマーカースミいれ用ブラックを使って調節し、完成。特別なことはおこなっていませんが、逆にここは筆で細かく攻めるほうが楽かと思いました。

image4
image7
image8
 
 フロントアーマーは真ん中で切断しましたので、左右別々に動かすことができます。説明書の写真にある構えよりもさらに腰を落として自然に見えるポージングを目指しました。スコープのラピーテープはかなり効果がありましたね。

image5
image6
image10
image11
 
 私はツヤありが好きなので、部分塗装をおこなったシールド上部のマイナスモールドが綺麗にツヤっているところへ目がいきます。しかし、肩アーマー裏を黒塗りしたのは正解でしたね。これも簡単ながら効果絶大です。

image12
image13
image14
 
 形良し、可動範囲そこそこ、色分けは想定内、付属品には少し疑問が残るこのキットですが、値段は安いですし、難しい構造もないのでかなりお手軽なキットですね。
 
 付属品については、個人的にドラケンEで1枚ランナー作るならビームライフルを付属してくれればと思いましたが、バンダイさんは、通販限定販売のWD版に付属させましたし、さらにビルダーズパーツ 1/144 システムウェポン 004を発売という形で補完。値段が値段なので、どちらも気軽に買えるものではないですけどね……。
 
 なんだかんだ、キットの完成度は高かったですし、筆の塗装の良い練習にもなったので私は大満足しています。製作が楽しかったです。次回は今回と違って複雑なキットに手を出します。次回をお楽しみに。


Amazon
HGUC 1/144 RGM-79SP ジム・スナイパーII
SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド