ガンプラ ハイグレード!@

2009年07月

MG ガンダムエクシア【イグニッションモード】その1

IMGP8351
IMGP8353IMGP8354
 どうやら第一回目出荷品は「初回限定特別価格」として通常6,825円のところが特別価格5,250円と1,575円安くなっているようですね。これはお得です。JOSHINならさらに安く3,600円でして、手軽に手が出せる値段で嬉しさいっぱいでした。まだ四つ残っていましたので、手に入らないかとも思いましたが意外と余裕がありました。

 さてその1は恒例の開封祭りです。

IMGP8355IMGP8356
 流石MG! HGとはランナー数が違いますなぁ。既に迫力があります。では一枚一枚、じっくりと。

IMGP8357IMGP8361
 Aランナーです。クリアーパーツはご親切にクリアーグリーンでした。クリアーパーツの一部には写真右にあるように細かなディテールが彫られており、その完成度の高さを窺えます。

IMGP8362IMGP8363
 Bランナー、Cランナーです。真っ白ですなぁ。

IMGP8364
 Dランナーです。青い部分が意外と少ない件について。

IMGP8365IMGP8366
 Eランナー、Fランナーです。GNソードの巨大感が素晴らしい。

IMGP8367IMGP8368
 Gランナー、Hランナーです。面白い形の間接が多く、どのような可動がくるのか楽しみです。

IMGP8369
 Iランナーです。これは・・・何のランナーだ?

IMGP8370IMGP8371
 J1、J2ランナーです。J1は発光ユニットのカバー? J2はメッキ仕様でとってもまぶしいですが、やはり綺麗です。高級品っぽくてよいですなぁ。

IMGP8372
 Lランナーです。リペア用のパーツ郡のようで。

IMGP8373
 Mランナーです。軟質な素材をもってくるのかと思いきや、普通のプラでした。

IMGP8374
 ポリキャップです。どこかで見たことがあるような・・・?

IMGP8375
 ビームサーベルです。SB-8とあるので、使い回しが期待される・・・か?

IMGP8376
 ホログラムパーツです。虹色が綺麗です。だいぶ透けているので、内部パーツがモロ見えってことになるのかね。

IMGP8377
 LEDライトユニットです。そういえば電池買い忘れてしまいました・・・。

IMGP8378
 ビスです。いつものように間接に使われるのでしょうか。

IMGP8379
 シール類です。ばらけてしまったりすると面倒なので使うときまで封印しておきます。

 以上でパーツは終わり。以下は付属品。

IMGP8380IMGP8381
 チラシが入っていました。ザンライザーのかっこよさは異常! いやほんとかっこいいです。アニメの中でぜひとも出て欲しかったですなぁ。「機動戦士ガンダムSEED終わらない明日へ」みたいにMSVも全て立体化されてゲームとかにならないかねぇ。楽しみです。

IMGP8382IMGP8383
 これは・・・?

IMGP8384IMGP8385
IMGP8386
 説明書です。箱絵もいいですが、こうして説明書の表紙になっているとほんと迫力あるというか「買ってよかったー」となりますな。いやはやしかしほんと毎度ながら00系の絵はクオリティが高いですのう。

 さてさて、これでMG「ガンダムエクシア【イグニッションモード】」に入っていた全てのものの紹介を終了しました。次回からは説明書にそって、製作開始です。MGなので毎度のことですがまったり進行させていただきます。よろしくお願いします。

 では、またね。

HG ガンダムエクシアリペア兇修裡

IMGP8304
 今回はHG「ガンダムエクシア」通常版とリペア2を比較します。

IMGP8306IMGP8307
 脛部ケーブルがなくなっていました。

IMGP8308IMGP8309
 リペア2には脛裏にスラスターが追加されていました。

IMGP8310IMGP8311
 太ももケーブルがなくなっており、通常版ではGNブレードを装着していたところはGNビームサーベルを装着する機構に変更されていました。

IMGP8312IMGP8313
 間接に新たな可動ポイントが追加されているため、自由度が上昇していました。

IMGP8316IMGP8317
 脇下のケーブルがなくなっていました。

IMGP8318IMGP8319
 スラスターが追加されていました。

IMGP8320IMGP8321
 GNビームサーベル装着機構が排除され、スラスターが追加されていました。

IMGP8322IMGP8323
 肘あてが追加されていました。

IMGP8324IMGP8325
 ケーブルが排除されていました。

IMGP8328IMGP8329
 リアアーマーが変更され、GNドライブのブースト状態が再現されたパーツが差し替えで再現されていました。

 以上が通常版とリペア2の変更点一覧でした。各所にあったケーブルが排除されており、いくつかスラスターが追加されていて、セブンソードがスリーソードに変更されているというのが主のようです。

IMGP8330
 さてこちらはリペア2武装パーツ構成郡です。GNロングブレード、GNショートブレードは、説明書に載っていましたので切り離しておきました。これで説明書に×が書かれているパーツ以外はコンプリートです!

IMGP8331IMGP8332
IMGP8333IMGP8334
IMGP8335IMGP8336
IMGP8337
 さてこれでGNソード改を楽しんだ私は、なんとHG「ガンダムエクシアリペア2」の製作を勝手ながらここで打ち切らせていただきます。

 な ぜ ?

 それは、MG「ガンダムエクシア【イグニッションモード】」を遅れながらもゲットしたからです! 近くのJOSHINにはまだ売れ残りがいくつかありまして、「これは買うしかないだろ・・・」と購入してきました。同じエクシアなので、MGに乗り移ることにしました。次回から、MG「ガンダムエクシ【イグニッションモード】」を製作します。よろしくお願いします。

 では、またね。

HG ガンダムエクシアリペア兇修裡

IMGP8293
 脚部構成パーツ郡です。通常版→リペア2の変更点は三つありました。ひとつは膝裏の追加小型スラスター、もうひとつは太もも上部・股との間接である球体パーツの追加、そして最後のひとつが太もものケーブルがなくなっていることです。

IMGP8294IMGP8295
 脚部を組み上げた状態です。通常版ではGNロングブレード、GNショートブレードを装着する場所は、新規パーツにより形状が変化しており、GNビームサーベルを装着する機構に変わっていました。

IMGP8296
 可動範囲は通常版と同じようです。ただ太もも上部に球体間接が追加されていることにより、可動ポイントが増加していました。こちらはまた比較のときに詳しくご紹介します。

IMGP8297
 腰部構成パーツ郡です。リアアーマーが大幅変更されていました。通常版ではGNビームサーベル二本を装着する機構をもっていましたが、リペア2ではスラスターに。

IMGP8298IMGP8299
IMGP8300
 下半身が組みあがりました。太もも部、通常版では紫ケーブルが露出していますが、リペア2ではそれがなくなっており、ただのフレームとなっています。

IMGP8301IMGP8302
IMGP8303
 これでリペア2の本体が組みあがりました。ここでもう一度通常版に登場してもらい、次回、変更点の比較をいたします。

 では今回はこのあたりで。またね。

HG ガンダムエクシアリペア兇修裡

IMGP8284IMGP8286
 写真左、「ガンプラ ハイグレード!@」開設第一作目が、このHG「ガンダムエクシア」でした。とっても懐かしいです。今回はリペア2との比較用として登場していただきました。これからもちょくちょく登場していただきます。

 写真右は、唯一残っていたHG「ガンダムエクシア」の武器(右側)と、おそらくジンクスのキットに付属していたビームサーベル平刃(左側)です。こちらも今回活用していこうかと思っています。それにしてもエクシアの武器の短いほうと平刃もう一本はいったいどこに消えてしまったのだろうか・・・。

 さて本題です。

IMGP8287
 腕部構成パーツ郡です。ショルダー青パーツ4つと、腕・肘先白パーツ4つがリペア2での新規パーツでした。

IMGP8288
 肩パーツに大幅な変更がみられます。サーベルラックがなくなり、前後に小型のスラスターが追加されていました。リペア2はセブンソードではなく、スリーソードだそうです(GNソード改、GNビームサーベル×2の合計三本)。

IMGP8289IMGP8290
IMGP8291
 可動、雰囲気は通常版とたいした変化なし。詳しい比較は後日まとめてしようかと思います。

 では今回はこのあたりでー。またね。

HG ガンダムエクシアリペア兇修裡

IMGP8261
 胴部構成パーツ郡です。通常版とは少し違うパーツが混じっています。

IMGP8262IMGP8263
 左の写真はGNドライブです。リペア2は、GNドライブの安全装置を解除することによって一時的にブースト状態になることができ、そのギミックを、キットでは差し替えで再現していました。

 右の写真は胴体の芯となる部分のパーツです。右のパーツがリペア2での新規パーツでした。色を見ていただけたらわかると思います。通常版に比べ、リペア2で追加されたパーツはより灰色に変わっていました。

 な ぜ 色 変 え た し 。

 違いは、腰部にあった紫ケーブルの有り(通常版)無し(リペア2)です。

IMGP8264IMGP8265
IMGP8266
 通常版GNドライブを装着しています。腰の一部分以外、通常版エクシアと変わりありません。

IMGP8267IMGP8268
 GNドライブをブースト状態のものに差し替えました。

IMGP8269IMGP8270
 迫力増し?

IMGP8273IMGP8274
IMGP8275IMGP8276
 頭部をのっけました。頭部は通常版からの変更ありませんでした。

 では今回はこのあたりで。またね。

HG ガンダムエクシアリペア兇修裡

IMGP8249
 と、いうことで、今回製作しますキットはHG「ガンダムエクシアリペア2」でございます。

IMGP8250IMGP8251
 ファーストシーズンに登場していましたのが通常版エクシア。セカンドシーズン初めの刹那が自力修復したエクシアがリペア。最終決戦に登場したエクシアがリペア2のようです。

IMGP8252
 やはり安いです。

IMGP8253
 内包物です。

IMGP8254
 Aランナーです。こちらは通常版エクシアと同じ。単色シールドがやはり気になるところ・・・?

IMGP8255
 Bランナーです。こちらも通常版エクシアと同じ。単色サーベルがやはり気になるところ・・・?

IMGP8256
 Cランナーです。こちらも通常版エクシアと同じ。大きなGNソードが目立ちますが、こちらは古いほうです。

IMGP8257
 Eランナーです。こちらが今回、リペア2にて追加されたランナーです。通常版エクシアから変更された箇所がよくわかります。

IMGP8258

 その他です。シールはリペア2用のもので、通常版ではケーブル色(紫)のシールがありましたがそれはなく、新しく赤色のシールが追加されています。

IMGP8259IMGP8260
 説明書カラーページです。内容ががらっと変わっています。カラーガイドは調合率などに変化はありませんでしたが、ただリペア2ではピンクが追加されています。

 さてA、B、C、Eランナーと紹介してきたわけですが、そうです、Dランナーはリペア2に付属していません。Dランナーは、肩部にあったゴム製のケーブルパーツです。つまり、あわよくばリペア2のキット一つでリペア2と通常版の両方を完成させることができるのではと思いましたが、肩のケーブル、二つのパーツだけが足りないようでうす。少し残念です。

 では、今回はこのあたりで。またね。

HG ガンダムエクシアリペア兇修裡

IMGP8277-2
 本日、原付を購入しました!

 ホンダNS-1です。マニュアルのバイクは初めてでしたので、だーいぶ練習しました 今ではやっとまともに走れるかなーってくらいです。

 今一番の課題が、やはりギアですね。下げるのも上げるのもたまにうまくいっているのかがわからず、ついには「今、何速だ?」となり、混乱してしまうことがあります。しっかり把握できるよう、正確なギアチェンジをしていきたいですね。

 では本題です。

 と、その前に。

IMGP8241
 一年以上愛用してきましたボロニッパー(写真左。以下、ボロニッパー)がだいぶ刃こぼれしてきましたので、そろそろ新しいニッパーに換え時ではないかと新品を購入してきました。

IMGP8244IMGP8245
IMGP8246IMGP8247
 全く同じものが売ってなく、タイプ違いのものを購入してきましたのですが・・・。

 やっぱりだめでした。

IMGP8248
 タミヤのものも試してみたのですが、これもやはりだめでした。どうにも私に合いません。

 これまでも新しいニッパーを見つけてはいろいろ試してみていたのですが、やはりボロニッパーが一番使いやすいですね。結局私は、ボロニッパーをこれからも使うことにしました。きっとこのボロニッパーは、完全に壊れるまで私に付き合うことになるでしょう。

IMGP8249
 なんと今回はここまで! 次回、箱を開封します。HG「ガンダムエクシアリペア?」、お楽しみに。

 では、またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その13

F1000025
 本日の一枚。

 お待たせしました。HGUC「Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】(パープルVer.)」が完成しましたので、今回は撮影会です。

IMGP8213IMGP8214
IMGP8215
 基本立ち。

 改修点は、リアアーマーの独立可動化のみです。詳しくは以前の記事をご参照ください。

IMGP8216IMGP8217
 アクションベース1を使用しました。

 カラーレシピは、本体青→パープル+つや消しホワイト/武器白→つや消しホワイト/装甲内部→つや消しブラック/一部→メッキシルバー、です。すべて筆塗りにておこないました。メッキシルバーはガンダムマーカーのものをプラ板へ押し出し、それから筆にて塗装しました。

IMGP8219IMGP8220
IMGP8221IMGP8222
IMGP8223IMGP8224
 ニュー・ハイパー・バズーカです。

 スミイレは、エナメルの流し込みにておこないました。

IMGP8225IMGP8226
IMGP8227IMGP8228
IMGP8229IMGP8230
IMGP8231IMGP8232
IMGP8233IMGP8234
IMGP8235
 ビーム・ライフルです。

 流し込みは、塗料(今回はフラットブラックを使用しました)とエナメル溶液をサラサラになるまで混ぜ合わせ、一番細い筆にそれをちょんづけし、そしてスミイレしたい場所に筆をちょんづけするのを繰り返すという方法をとりました。

IMGP8236IMGP8237
IMGP8238IMGP8239
 ビーム・サーベルです。

 拭き取りは、綿棒にエナメル溶液をしみこませ、塗料のはみでているところを綿棒でこすり、ティッシュにて浮いた塗料を拭き取るということを繰り返しました。ちなみに水性ホビーカラーはエナメル溶液で剥がれることはないので、私のように筆塗りをした上からでもエナメルスミイレを安心しておこなうことができます。

IMGP8240
 さて、ということでHGUC「Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】(パープルVer.)」はこれにて終了させていただきます。今回はやりたかったこと、「Hi-νを紫に仕上げる」「エナメルに挑戦する」を完了できたので大満足です。撮影会もとても綺麗に撮影できた写真がぽつぽつあったので納得です。製作開始からだいぶ時間をあけての完成となってしまいましたが、見ていただけた方、ありがとうございました。

 お気に入りの写真がありましたら拍手お願いしまーす。

 次回作は・・・?

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その12

F1000023
 本日の一枚。

IMGP8206
 紫Hi-νです。

 とりあえず本体だけ紫化が終了しました。水性ホビーカラーパープル+つや消しホワイト+フラットベース(つや消し剤)です。筆塗りしました。スミイレも完了しています。スミイレはエナメルフラットブラック+エナメル溶剤をちょん入れしまして、エナメル溶剤と綿棒を使用してはみ出し部分をふき取りました。

IMGP8207IMGP8208
 他アングルです。

 エナメルでのスミイレは初挑戦でしたが、とてもうまくいったかと思います。そして面白かったです。ふき取りは最初うまくいきませんでしたが、ティッシュを活用することによって綺麗に仕上がることに気づき、こちらも難なくクリアーできました。今後もエナメルスミイレを続けていこうかと思います。

IMGP8210
 色変化の比較です。

 並べてみると変化がよくわかりますね。本来ならその他青パーツも全て紫にする予定だったのですが、こうして見るとこのままでもいいような気がします。嘘です。

 では今回はこのあたりで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その11

F1000023
 今回の一枚。

IMGP8199
 今回、初挑戦!

 いつもはガンダムマーカースミイレ用ブラックまたはグレーまたはブラウンにてスミイレをおこなっていましたが、今回はちょっと成長を目指しましてエナメル塗料でのスミイレに挑戦です。

IMGP8200
 量の感覚がわからず、大量生産してしまいました 90%以上は無駄に・・・もったいない。

IMGP8201
 スミイレをおこなった状態です。

 ちょんよやるとしゅいーっと広がってとても楽しかったです。このあと乾いたら綿棒を駆使してはみ出た部分をふき取る予定です。

IMGP8203
 Hi-νの青部分は私の趣味(?)で紫に変更することにしました。水性ホビーカラーパープル+つや消しホワイトで、筆塗りしています。

 今回は短いですがこのへんで。またね。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング