ガンプラ ハイグレード!@

2010年09月

HG ビギニングガンダムその3

 今回はHG1/144「ビギニングガンダム」腕部の組立です。

R0015585201
 腕部の組立に使用するパーツを集めた写真(1枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2枚目)です。小さな三角のパーツが多くあります。小さいパーツはゲート処理に手間がかかりますので(持ちにくい!)、両腕分のゲート処理にはかなり長い時間を費やされました。

R0015601R0015602
 前回組み立てたものと今回組み立てたものを組み合わせた状態の正面(1枚目)と背面(2枚目)の写真です。マニピュレータは、「右穴あり手」「左穴なし手」「右ビームライフル持ち手(後に登場)」の3種類のみの付属で、「右穴なし手」や「左平手」どころか、「左穴あり手」も付属していませんので、左手にビームサーベルを持たせたり、ビームライフルを両手で構えさせたりなんかのポーズは不可能となっていました。なんとも中途半端な感じです。左穴なしがあるなら右穴なしを付属してほしいし、右穴ありしか付属しないなら左も穴ありでいいと私は思います。

202203
 可動範囲を紹介するための写真です。1枚目、胸部側の肩関節が前後してくれるためポーズの幅が広がります。ただ、上下には少しも動きません。2枚目、肘は90度超えの標準可動範囲で安心しました。

R0015616R0015617
 ということで、HG1/144「ビギニングガンダム」腕部の組立でした。次回は脚部の組立です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ビギニングガンダムその2

 今回はHG1/144「ビギニングガンダム」胸部の組立と頭部の組立です。

R0015563101
 胸部の組立に使用するパーツを集めた写真(1枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2枚目)です。とてもカラフル。胸部中央、丸っこいフォルムをした大きく突き出しているものがかなり特徴的ですね。三角形もすでにいくつかあります。

R0015574102
 頭部の組立に使用するパーツを集めた写真(1枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2枚目)です。最近の機動戦士ガンダムUCや機動戦士ガンダム00のキットとはかなり違う顔をしていますね。これの評価は大きく分かれそうです。

R0015583103
 今までに組み立てたものを組み合わせた状態の写真(1枚目)と、首の可動範囲を紹介するための画像(2枚目)です。生放送でも話題にしましたが、このビームアンテナ、私の撮影環境(黒背景)では写真の通りかなり目立ちません。これは問題です。なので何かしらの塗装で対策をとりたいのですが、現在悩み中。とりあえず今の私の中の最有力候補は、イエローを塗装し、ホワイトのグラデーションですが、他に良い案があるかもしれませんね。

R0015608R0015609
 ということで、HG1/144「ビギニングガンダム」胸部の組立と頭部の組立でした。次回は腕部の組立です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ビギニングガンダムその1

 今回はHG1/144「ビギニングガンダム」箱開封です。

001002
003
 箱の、箱絵の写真(1枚目)、箱側面の写真(2枚目)、箱裏の写真(3枚目)です。

R0015550R0015551
 Aランナーの写真(1枚目)と、Bランナーの写真(2枚目)です。Aランナーではやはり左上にあるクリアーイエロービームサーベル3本持ち状態のパーツが気になるところですね。マニピュレータまでクリアーイエローなので、塗り分けが大変そうです。Bランナーではシールドにある異様な穴とその数に一瞬目を疑いました。初めて見る光景ですね。この多くの穴にどのような役割があるのか、今から楽しみです。

R0015552R0015554
 Cランナーの写真(1枚目)と、D1ランナーの写真(2枚目)です。Cランナーは2枚入りでした。それにしても、Aランナーもそうでしたが、三角の形をしたパーツがよく目に留まります。フィールドをコントロールするものだと説明書には書かれていましたが、さてはて、一体どのようなものなのでしょうか。アニメの続きが今から楽しみです。

R0015555R0015556
 D2ランナーの写真(1枚目)と、Eランナーの写真(2枚目)です。D2ランナーはD1ランナーの、上の写真で言う右半分とまったく同じものですね。

R0015558R0015560
 ポリキャップPC-001の写真(1枚目)と、付属のシールの写真(2枚目)です。ポリキャップPC-001はもう何度見たかわかりませんね。信頼と実績のポリキャップといったところでしょうか。それにしても、付属のシールの数が結構多いですね。色もさまざまですし、これは塗り分けが大変そうです。おとなしくシールに頼るのもまたひとつの手、ですけどね。

 ということで、HG1/144「ビギニングガンダム」箱開封でした。次回は胸部の組立と頭部の組立です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその10

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」撮影会です。前回から、他キットから流用したマーキングシールの貼り付けと、「スーパークリアー3」によるトップコートをおこなっています。それ以前の製作過程については、お手数ですが過去の記事をご覧ください。

R0015438R0015441
 背部ユニットを外して立たせた状態の正面と背面の写真です。

R0015457R0015448
 通常の状態の正面と背面の写真です。

R0015463R0015465
R0015472R0015481
 GNソードライフルライフルモードでのポージング写真です。

R0015489R0015492
R0015495R0015516
 GNソードモードソードモードでのポージング写真です。

R0015504R0015510
 GNソードモードソードモードでハサミを展開した状態でのポージング写真です。

R0015524R0015528
 バイザーを外した状態でのポージング写真です。

R0015531R0015534
R0015536R0015537
 飛行形態へ変形した状態の写真です。

 HG1/144「ガンダムハルート」の感想です。

 キットの出来は良好です。プロポーション、可動範囲、色分け、変形の完成度、どれも優秀でした。ただひとつ文句を言うならば、それは保持力がなさすぎるというところ。フロントアーマーがポロリしやすいという点は見逃せるとしても、肩がGNソードライフルの重さに耐えれないという点はまともなポージングをさせてくれないので見逃せません。ポージングをするなら、少しばかりの対策が必ず必要となるでしょう。

 今回の製作に関しては、HG1/144「ガンダムサバーニャ」よりは短い時間で完成させることができましたが、満足度は少し低め、といったところですね。「何か一味足りない!」と思うばかりです。やはりLEDを仕込んだほうがよかったかもしれませんね。次回作の完成後にでも仕込んでみようかしら。ところで、このHG1/144「ガンダムハルート」は「MG-モデラーズギャラリー-」へ投稿しています。もしこの作品の出来が良いと思われたら、ぜひ投票していってください! このHG1/144「ガンダムハルート」のページは「 こちら 」です。よろしくお願い致します。

 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」撮影会でした。次回はおそらくHG1/144「ビギニングガンダム」その1です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその9

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」部分塗装その2です。

108109
110001
 そもそもは「パケ絵のハルートのアンテナ金色っぽくね?」と思ったのが始まりです。組み立てる前からアンテナを金色にすることを決めており、塗装時には「どうせ一箇所塗装するなら何箇所でも一緒か」と思って写真のようにアンテナ以外の多くの場所へ金色を入れることにしました。「これは好き嫌いが出そう・・・」と、思いつつ。あなたにとってはいかがでしょうか。

 ちなみに私は、金色の塗装箇所はともかく、金色の塗装方法を失敗したと感じています。金色をどのように塗装するか迷いつつも王道でありながらまだ一度も試したことのなかった「シルバー+クリアーイエロー」の組み合わせを試してみようと決めたのですが、「スーパーシルバー」→「クリアーイエロー」よりも、「メッキシルバー」→「クリアーイエロー+クリアー」のほうが適切だったかと今は思っています。つまり、「シルバー+クリアーイエロー」にもいろいろな組み合わせ、表現法があり、何も考えず塗装するのは間違いだったと、そういうことでした。次に金色へ挑戦するときは、今回の失敗を糧に、もっとうまく表現したいですね。

R0015425R0015426
R0015427R0015429
 背景の色がいつもと違います。いつもはお馴染みの黒ですが、今回は青にしてみました。背部ユニットが黒系の色をしているので黒よりも他の色を背景に選択したほうが良いと思ったのですが、いかがでしょう。私は今でも、青でよかったのか、黒のほうがよかったのか、よくわかっていません。とりあえず、今回は青で撮影会をおこないます。

 ちなみに、今回のこの青の背景もコーナンで購入した色画用紙です。

 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」部分塗装その2でした。次回はHG1/144「ガンダムハルート」撮影会、次々回はHG1/144「ビギニングガンダム」その1の予定です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその8

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」部分塗装その1です。

101
 塗装前に、関節強化をおこなっておきました。画像は、今回おこなった関節強化の詳細です。関節強化の方法ですが、私は画像にある2番目の方法が一番お手軽かつ効果的だと考えます。何枚挟むかによって強度を変えれますし、何より、ハサミ以外の道具が必要ありません。オススメです。

102
 画像にある3色はすべて筆塗りでおこないました。3色の詳細は、「ブラック」、「ニュートラルグレー+ブラック」、「グリーン+ブラック」で、すべてMr.COLOR、ラッカー塗料です。グリーンは主に脚部や背部ユニットの黒パーツへ塗装しました。

104
 エアブラシにて塗装をおこなう色を集めた写真です。もともとはスーパーアイアンを使用する予定でしたが、色がイメージにあわずスーパーシルバーを使用しました。写真にはありませんが、下地用の「ブラック」もエアブラシで塗装しました。

105106
 金色を塗装する過程をまとめた画像(1枚目)と、塗装したクリアーパーツをまとめた画像(2枚目)です。1枚目では、ブラックを塗装したときの写真を忘れています。金色は、「ブラック」→「スーパーシルバー」→「クリアーイエロー」の順に塗装をおこないました。

103107
 毎度お馴染み、ラピーテープの登場です。今回はラピーテープのグリーンを各所に貼り付けています。ラピーテープの切り出し(サイズ合わせ)は型がないので勘でおこないました。今回もやりすぎた臭がプンプンしますね。

 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」部分塗装その1でした。次回は部分塗装その2で、その次が撮影会となります。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその7

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」飛行形態への変形です。

404
 変形の手順を紹介するための画像です。ほぼ、完全変形ですね。膝部を取り外して脚部を短くした後にもう一度膝部を装着している流れがありますが、これは膝部が脚部の収縮機構のロックをしているためです。膝部を取り外すことでロックを外しています。

R0015346R0015354
R0015349R0015350
 ガンダムハルート飛行形態の状態の写真です。かなりうまくまとめられた飛行形態ですね。とてもカッコいいです。特に、翼の役割をしているGNソードライフルがカナード翼として前方斜めに向いているのが本当に素敵です。惚れました。ちなみに、飛行形態では長く伸びた2本のGNキャノンが主力武装となります。

R0015348
 GNソードライフルは飛行形態のこの状態でも展開することが可能でした。高速接近してすれ違うその時にチョッキン、なんて攻撃もおそらくできますね。ちなみに、写真ではビーム発射口が展開していますが、これは間違いでした。説明書の飛行状態ではビーム発射口は展開されていません。つまり言いたいことは、あまり気にしないでください、ということです。

R0015356
 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」飛行形態への変形でした。次回は部分塗装その1です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその6

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」GNソードライフルの組立です。

R0015307403
 GNソードライフルの組立に使用するパーツを集めた写真(1枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2枚目)です。GNソードライフルにはソードモードとライフルモードがあります。発射口とライフルモード用のグリップを展開した状態がライフルモード、逆がソードモードです。ソードモードでは、キットでは透明のクリアーですが、クリアーグリーン色をした刃で斬撃します。

 GNソードライフルのモードの違いを撮影し忘れていましたので文章でのわかりづらい説明となってしまいましたが、後々、説明のための写真をまた撮影しますのでお許しください。

R0015323
 仮組みの終了したHG1/144「ガンダムハルート」の正面の写真です。

R0015325R0015327
 GNソードライフル・ライフルモードの状態の写真(1枚目)と、GNソードライフルのクローを展開した状態の写真(2枚目)です。クローというか、ハサミ、ですね。

 ところで、ここでまた残念な点を発見してしまいました。肩関節がGNソードライフルの重さに耐えません。そして、胸部と腰部を繋ぐボールジョイントが上半身の重さに耐えません。つまり、あらゆるところが重力に負けて勝手に「ぐにゃあ」と「にゅー」と動きます。とてもイライラしました。フロントアーマーも取れやすいですし、ちょっとそのままでは動かしにくいです。何か対策が必要です。

 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」武装の組立でした。次回は変形です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその5

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」背部ユニットの組立です。

R0015269401
R0015284402
 背部ユニットの組立に使用するパーツを集めた写真(1、3枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2、4枚目)です。4枚目の画像にある「ロック機構」は保持力を補助するものではなく、位置を整えるためのものですね(変形時に真っ直ぐ前へ向かせるためのものだと推測しています)。保持力自体は、まったく問題ありませんでした。

R0015297R0015298
 背部ユニットの背面(1枚目)と前面(2枚目)の写真です。これはデカい。

R0015301R0015302
 前回までに組み立てたものと今回組み立てたものを組み合わせた状態の正面(1枚目)と背面(2枚目)の写真です。なんと驚くべきことに普通に自立しました。危惧していた、後ろへ倒れる、という問題は発生せず。素晴らしい。背部ユニットはケツに接続されています。

R0015304R0015306
 アクションベース1を使用した状態の正面(1枚目)と背面(2枚目)の写真です。ところで、このキットは説明書でアクションベース1を使用することを推薦しておりますが、アクションベース2も使用できます。ただ飛行形態へ変形後は、アクションベース2を使えるのは使えますが、ケツのGNミサイルコンテナとアクションベース2が干渉し、GNミサイルコンテナを水平にすることはできなくなります。しかし、少し浮く程度なので気にならない人はまったく気にならないでしょう。

 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」背部ユニットの組立でした。次回は武装の組立です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HG ガンダムハルートその4

 今回はHG1/144「ガンダムハルート」脚部の組立と腰部の組立です。

R0015214301
 脚部の組立に使用するパーツを集めた写真(1枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2枚目)です。変形用か、スライド機構のようなものがありますね。どうやら脚が短くなるようです。それにしても、細いですね。重力下で立つことは設定上、可能なのでしょうか。どうでもいいですが、ふくらはぎ下のクビレがなぜかとても好きです。

R0015241303
 腰部の組立に使用するパーツを集めた写真(1枚目)と、その組み立てを完了するまでの流れをまとめた画像(2枚目)です。GNドライヴは股間にあるんですね。アリオスガンダムもこの位置だったそうです。初めて知りました。ところで、フロントアーマー、リアアーマー共にすごくポロリと簡単に取れやすいです。正直、とても腹が立ちます。後々にまたご紹介しますが、私は瞬間接着剤を使用してこの問題を解決しました。

R0015254R0015256
R0015257R0015258
 前回までに組み立てたものと今回組み立てたものを組み合わせた状態の写真です。ついにガンダムハルート本体が完成しました! あと背部ユニットと武装と組み立てれば仮組みは完了ですね。それにしても、とてもカッコいいです。これには惚れざるをえないですね。塗装をすれば、さらにカッコよくなることでしょう。

304
 ということで、HG1/144「ガンダムハルート」脚部の組立と腰部の組立でした。次回は背部ユニットの組立の予定です。お楽しみに! またね、ばいばい。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング