ガンプラ ハイグレード!@

2016年09月

HG ブラストインパルスガンダム[03]

DSC01597
 HGCE(1/144スケール)「ブラストインパルスガンダム」の続きです。今回は頭部を組み立てます。

DSC01596
 説明書には面白い記述がありました! 昔ながらの完全シールにするか、クリアパーツの裏側に銀シールを貼るか、そういうことらしいです。

DSC01599
DSC01600
 クリアパーツを効果的に使用するパターンというのは、つまり、裏に銀のシールを貼るだけなのですが、黒や赤の色はないので、塗装すること前提のようです。

DSC01603
DSC01604
 とりあえず、昔ながらのシールのほうを貼り付けました! これはこれで落ち着きますが、クリアパーツを効果的に使用するパターンも気になるので、部分塗装の際にはそちらにも挑戦してみたいですね。

HG ブラストインパルスガンダム[02]

DSC01591
 HGCE(1/144スケール)「ブラストインパルスガンダム」の続きです。今回は胸部を組み立てます! 

DSC01592
 インパルスは色分けが複雑な機体ですが、パーツ分割がとても工夫されており、HGという小さなスケールでもちゃんと色分けされていますね。

DSC01593
 黄色のパーツを横からスライドさせて挿入する形、面白いです!

DSC01594
 真ん中の黄色Vマーク以外は完璧な色分けですね! Vマークは、今は貼り忘れていますが、シールが付属しています。しかし、このような複雑な地形にシールを貼るのは難しいので、やはり塗装したいところですね!

DSC01595
 コアスプレンダーの機構は簡略化されていました。HGなので仕方ないです!

HG ブラストインパルスガンダム[01]

DSC01583
 HGCE(1/144スケール)「ブラストインパルスガンダム」です。プレミアムバンダイ限定商品なので少しお値段がアレでしたが、インパルスの中でもブラストが一番好きなのでこれは買うしかないと思い、ガツンと購入しました!

DSC01584
DSC01585
 まだ、新しくなったHGCEフォースインパルスも組み立てていないので、新インパルス自体が初、昔のインパルスとどれだけの差があるのか、とても楽しみです!

DSC01586
DSC01587
 HGにしては、なかなかのパーツ数ですね。

DSC01588
DSC01589
DSC01590
 白、赤、黄、青、紺、薄緑、緑など、たくさんの色が使われていますね。これほど色とりどりな機体も珍しいのではないでしょうか! それ故に、どれだけ色分けされているのかが気になるところですね。

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[15]

DSC01530
DSC01531
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の最終回です。長かったグレイズの組み立てもこれで最後、撮影会となります。元のキットの出来の良さを感じていただければ幸いです!

DSC01535
DSC01536
 部分塗装とスミ入れ、あとはメタリックテープを貼り付けただけですが、元のキットの出来がおそろしく素晴らしいので、それだけでも出来栄えは十分かと思います!

DSC01537
DSC01538
 部分塗装については、バックパックバインダーの裏側を灰色に塗った効果はすごく出ていますね。部分塗装はやはり大事!

DSC01543
DSC01545
 細部まで本当によくできていますので、アップで撮影しても耐えることができます!

DSC01548
DSC01550
 オリジナルで貼り付けたメタリックテープも良い味が出ているのではないかと思いますがいかがでしょうか……?

DSC01555
DSC01556
 構造の簡単さ、値段の安さ、出来の良さ、これほど素晴らしい評価が並ぶことは珍しいです。最近のガンプラの脅威を感じるのにも適した逸品と言えるでしょう!

DSC01558
DSC01561
 ということで、グレイズでした! 結局、アニメ本編はまだ観ることができていませんが、登場機体に魅力があるのはわかりました。早く本編も観てみたいものです! では、また次回をお楽しみに!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[14]

DSC01523
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の続きです。センサーらしきところにグリーンのメタリックテープを貼り付けてみました!

DSC01524
 このメタリックテープひとつでずいぶん雰囲気が変わってくるかと思います。良いアクセントになりましたよ!

DSC01527
 黄色のシールだったところは、オリジナルで、ゴールドのメタリックテープに変換してみようと思います! 付属のシールの外側を型として、メタリックテープの切り出しを行いました。何事も再利用です!

DSC01528
 綺麗?にゴールドのメタリックテープに変換することができました! これがどう影響するのか、次回の撮影会をお楽しみに!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[13]

DSC01514
DSC01515
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の続きです。武装のスミ入れを行い、スミ入れ完了です!

DSC01514
DSC01500
 スミ入れ後とスミ入れ前の比較画像です! 絶大な効果があるとは言えませんが、それでも、絶対的にスミ入れ後のほうが、なんといいますか重厚感があると言いますか、そんな感じで良いと思います! スミ入れ大事!

DSC01516
 カッコイイですね!

DSC01518
 次回はちょちょいともう少しだけ手を加えちゃいたいなと思っています!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[12]

DSC01508
DSC01509
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の続きです。今回は上半身のスミ入れを行いました!

DSC01508
DSC01465
 スミ入れ後とスミ入れ前の比較です。パッと見ではそれほど変わらないかもしれませんが、やはりスミ入れ後のほうがぐっとしまって良い感じですね!

DSC01511
 コピックモデラーは相変わらず良いクオリティです!

DSC01513
 次回は武装のスミ入れも済ませちゃいます!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[11]

DSC01505
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の続きです。今回は下半身のスミ入れを行いました。

DSC01506
 スミ入れに使ったツールは、コピックモデラースミ入れ用ブラック0.02mmです。このツールはガンダムマーカースミ入れ用ブラックよりも綺麗な黒色な上に、ペン先が細く、色のノリが良いので便利です!

DSC01507
DSC01467
 上が現在で、下がビフォーです。本体色が濃いのでスミ入れはそれほど効果がないと思ったのですが、そんなことはなかったですね! 効果絶大でした! やはりスミ入れは大事です。次回、全身スミ入れの効果をお楽しみに!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[10]

DSC01500
DSC01501
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の続きです。前回、関節色でアーマーの裏側を塗った成果を確かめてみましょう!

DSC01502
DSC01503
 とは言ったものの、これでは正直よくわからないですね……塗装箇所が少ないですし、あまり見えるところではないですからね! 本体色が白とかなら効果がわかりやすいのですが……これでも肉眼では結構違うんですよ!

DSC01500
DSC01480
 上が現在で、下がビフォーです。斧の印象は変わりましたね!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[09]

DSC01499
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の続きです。

 今回は写真1枚だけです。
 部分塗装をしました! いつも通り、とりあえずアーマーの裏側は関節色で塗装しちゃいます。これにより、プラモデルっぽさがなくなるので、これだけでも行うと全然違うんですよね。「ニュートラルグレー」と「ブラック」を混ぜた関節色で筆塗装しました。あとは斧の刃を「ニュートラルグレー」で塗装しました。本当は白系で塗る予定だったのですが、ちょうど白系の塗料をきらしていたので、とりえあずニュートラルグレーを塗装しておきました。




 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング