ガンプラ ハイグレード!@

2016年10月

HG フリーダムガンダム[08]

DSC01810
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回はM100 バラエーナプラズマ収束ビーム砲です。

DSC01811
 赤と黄色はシールです。旧HGと比べるとものスゴく大きいと思います。

DSC01812
 旧HGではビーム砲に可動ポイントはありませんでしたが、今回はハイマット・フルバーストを再現できるよう、可動ポイントが追加されていますね。

HG フリーダムガンダム[07]

DSC01800
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回はMMI-M15 クスィフィアスレール砲です!

DSC01802
DSC01803
 レール砲が装着されたことにより、全体のバランスが整いました。まだやはり背中の寂しさはあるものの、これ単体でも十分カッコイイです。

DSC01804
 正面です。

DSC01805
DSC01807
DSC01808
 レール砲の赤は付属のシールなのですが、形状が形状ゆえに、綺麗に貼り付けることは困難でした。写真ではあまり目立たないかもしれませんが、几帳面でなくても、気になってしまう部分かと思われます。

HG フリーダムガンダム[06]

DSC01792
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は腰部です!

DSC01793
DSC01794
 ついに大地に立ちました! サイドアーマー的なものがないからか、バランスはひじょうに悪く見えますね。最終的にはどうなるのか楽しみです!

DSC01796
 どの部分も可動範囲も申し分ないです。

DSC01797
 顔は、目の黄色部分が上まで全部丸見えだからか、真正面や下から見ると、全体がやはり馬面のような、少し残念に見えてしまいます。デザインとしては正しいのですが、やはり少し気になるところ……!

HG フリーダムガンダム[05]

DSC01788
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は脚部です!

DSC01789
 脚部についても、最新のパーツ構造のそのままです。

DSC01790
 膝がよく曲がります。太もも上部ももちろん回転します。

DSC01791
 サブスラスターは白色なので塗装する必要がありそうです。サブスラスターのカバーは可動しません。

HG フリーダムガンダム[04]

DSC01782
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は腕部です!

DSC01783
DSC01784
 こちらもパーツ構造は他の最新キットと同じで、シンプルな二重関節を内部に収めたものとなっていました。目立って特徴的な部分もありません。

DSC01785
 肩はあがり、肘も曲がります。

DSC01786
 完全ではないですが、合わせ目もほとんど目立たないようになっています。

DSC01787
 上半身でこの出来なのですから、下半身が今から楽しみです!

HG フリーダムガンダム[03]

DSC01776
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は頭部です。

DSC01777
DSC01778
 頭部のパーツ構造は前回作成したブラストインパルスガンダムとほぼ同じでした。驚くべき点は、頬の灰色がしっかりパーツで色分けされているところですね。

DSC01780
 首の後ろのデザインのせいで、首を上に向けることは難しいです。

DSC01781
 サンプルの写真などを見ると、昔の名残りで少しまだ馬面っぽいのかなと思っていましたが、実物はそうでもなく、正統派なイケメン顔でしたので安心しました!

HG フリーダムガンダム[02]

DSC01771
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は胸部です。

DSC01772
 ボールジョイントのポリキャップが真っ直ぐ上下ではなく直角に装着されているのは珍しいですね。さっそく面白いです!

DSC01773
DSC01774
 胸部も複雑な色分けをしたデザインですが、パーツでうまく再現されていますね。旧HGならシール再現どころかシールを貼っても再現することができませんでした!

DSC01775
 肩のポリキャップは少し出てきます。

HG フリーダムガンダム[01]

DSC01764
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」です。フリーダムガンダムがHGCEとなって生まれ変わったというのなら、それを作らないわけないでしょうと、そういうところですね。箱絵のカッコよさから期待が膨らみます!

DSC01765
DSC01766
DSC01767
DSC01768
DSC01769
DSC01770
 ランナー類です。パーツは結構多めな印象ですね。付属のシールがたくさんあるのがとても気になります。フリーダムガンダムのデザインは確かに色分けが複雑ですが、シールに頼るところが多そうです。

HG ブラストインパルスガンダム[19]

DSC01732
DSC01733
 HGCE(1/144スケール)「ブラストインパルスガンダム」の続きです。今回は最終回です。HGブラストの魅力をお伝えできれば幸いです!

DSC01735
DSC01736
 ブラストインパルスはカラーリングが秀逸だと思います。すごくたくさんの色を使いながら、かつ、まとまりがあり、絶妙と言えるでしょう!

DSC01739
DSC01745
DSC01748
 2門のケルベロスも大迫力です!

DSC01755
DSC01756
 カッコよく、よく動き、色分けも完璧! 最新のキットには本当に驚かされてばかりです。これならプラモデルに苦手意識がある方でも、気軽に作れて、気軽に楽しむことができますね!

DSC01758
DSC01759
 後ろ姿も素敵! コアスプレンダーは難しい塗装ですが、塗ってよかったです。

DSC01763
DSC01761
 ということで、HGブラストインパルスガンダムでした。楽しいキットでした! 次回はまだ何を作るのか決まっていません。さて、何を作りましょうか……!

HG ブラストインパルスガンダム[18]

DSC01724
DSC01727
 HGCE(1/144スケール)「ブラストインパルスガンダム」の続きです。ついに完成しました! 今回は素組みと比較してみましょう。

DSC01724
DSC01653
 個々ではよくわかりませんでしたが、全体で比較してみると、これはこれは全然違うものですね。全体が引き締まりました。こっそりやったアンテナの旗取りもかなり効果がありました!

DSC01727
DSC01655
 背面については、コアスプレンダーに色がついて大きく変わったのと、ブラストシルエットの灰色を増やして重厚感が増したのとで、正面以上に違いがハッキリしていると思います!



 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング