ガンプラ ハイグレード!@

機動戦士ガンダム00

PG.ダブルオーライザー[13]

R0014550
R0014554
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の最終回です!
 
 動かすのがひじょうに手間ですし、依頼品ということで下手に動かしてどこかを破損させてもいけないので、写真撮影は軽く数枚程度におさめておきました。

R0014555
R0014556
R0014557
 
 この巨大感、本当にド迫力です!
 
 さすが1/60スケールですね。背景のグラデーションペーパーは横幅50cmくらいなのにだいぶん窮屈です。いやマジでデカいわ……。

R0014558
R0014559
R0014561
 
 ドアップの写真が映える精密さ!
 
 クラッチ機構がいまいち微妙だったり、腰が背中へ装着したオーライザーの重さに耐えられなかったり、GNドライブが正常に動かなかったり、いろいろありましたが、単純なクオリティはさすがパーフェクトグレード!

R0014564
R0014565
 
 ということで、PG1/60「ダブルオーライザー」でした!
 
 ちょっとあっさり終わらせすぎかと思いますが、まぁいいでしょう!
 
 今回のこれはご依頼品で、依頼内容が「組んでくれさえすれば、あとはどうやってくれてもいいよ!」ということで、無難に、ゲート処理とスミイレをしただけで完成させました。お金は貰っていませんよ!
 
 次、また同じ人にPGをもうひとつ頼まれるかもしれないので続くかも……?
 
 ではまた!
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[12]

R0014523
R0014524
R0014525
R0014526
R0014527
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 なんだコレ。初見です。オーライザーにこんな装備あったんですね。なんかミサイルとかGNコンデンサとからしいですが、よくわからないのでスルーで!

R0014529
R0014531
 
 全部装備させてみました!

R0014532
R0014533
R0014534
R0014535
 
 さて気を取り直してGNソードIIIと大型エフェクトパーツです!
 
 GNソードIIIもそうですがエフェクトパーツの大きさがトンデモないですね! いやこれはマジで大きいです! 凶器になりますね! これ凶器になりますよ!
 
???「バーロー、ガンプラが凶器になるわけ……こ、これはっ!」
 
 GNソードIIIの緑のクリアーパーツはその大きさのあまりめちゃくちゃ曲がっています。曲がっているうえに白いパーツを挟み込むので、白いパーツが綺麗にハマらず浮いてしまうという悲劇……。クリアーパーツが曲がってしまうこと、どうにかならなかったんでしょうかね。仕方ないので、緑のクリアーパーツを指で少しずつ整え、白いパーツは接着剤で固定しました。うーん、無駄な一手間。

R0014536
R0014542
R0014545
 
 ついにPG1/60「ダブルオーライザー」が降臨です!
 
 ひ、ひぇぇ〜〜〜! カッコイイ〜〜〜〜〜〜!! なんなんですかコレ! 反則じゃないですか!? 反則ですよねー! いやもうほんとカッコイイよ! 君、イケメンだよ! ヒャッハー!! ぱらりらぱらりら♪
 
 というほど、カッコイイです。なんといいますか、その巨大感といいますか、存在感といいますか、とにかくオーラがあります。2万円のオーラがありますね。
 
 これまで細かな文句をたくさん言ってきましたが、そんなことが吹き飛んでしまうほど、今、ここにパーフェクトグレードのダブルオーライザーが存在していることに感動します。やはり、これは、いいものだ……!
 
 次回、最終回!
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[11]

R0014496
R0014498
R0014499
R0014501
R0014502
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 ここには変形機構があるので細かなパーツが多いですね。ここだけでもそこそこな重さになっています。ダブルオーガンダムの腰はこれを支えられるのでしょうか……。

R0014507
R0014508
R0014509
R0014510
R0014512
R0014514
 
 続けてオーライザーの完成までいきます!
 
 ほとんどのパーツが大きいので、見た目ほど苦戦しませんでした。複雑なダブルオーガンダムに比べてオーライザーはかなりあっさりした感じ。

R0014515
R0014516
R0014517
R0014518
 
 ここにも連動機構が!
 
 上の青いところを上に引っ張るだけで、ミサイル発射口が露出し、さらに下部も展開します。こういうのは面白いですね。ついつい何度も動かしてしまいます!

R0014519
R0014522
 
 パパッとオーライザーが完成しました!
 
 ディテールの感じが、さすが、ダブルオーガンダムと似ていますね。ダブルオーライザーになったとき、違和感がないようよく考えられているデザインと言えるでしょう!

R0014520
R0014504
 
 ドッキングセンサーとコックピットが開閉!
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[10]

R0014464
R0014465
R0014466
R0014469
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 まずはGNソードIIから。唯一のメッキパーツはここに使われました。こういうメッキパーツの使い方はMG1/100「ガンダムエクシア[イグニッションモード]」を思い出しますね。懐かしいです。このブログで作ったのはもう4年前になるんですね……。
 
 もう4年かぁ……(遠い目)

R0014471
R0014472
 
 持たせてみました!
 
 カッコイイのぜ……! ビームサーベルを持たせたほうの写真で、このキットがどれほどカッコイイのか伝わってくれたかと思います! 実物は、その巨大さもあり、カッコよさレベル+4割増ですよ!
 
 本当に、ガンプラというよりも美術品という感じです!

R0014474
R0014476
R0014477
 
 GNシールドは、伸縮はもちろん、合体も完全再現!

R0014479
R0014481
 
 GNドライブの下に装着してみました。
 
 しかし、ビームサーベルのエフェクトパーツ、曲がりがヒドイ……。まあ、大きいですから仕方ないとは思いますが、進化を続ける最新技術でもこの対策はできないのかぁと思います。難しいんでしょうね……。
 
 あと、腕は本当に動かすのが手間です。クラッチ機構が多く、硬いうえに押しにくい。それは強度のために許せるとしても、肩だけは納得できません。腕を横にあげる方向にはクラッチ機構が効きますが、腕を前にあげる方向にはクラッチ機構がなく、それほど硬くもありません。
 
 また、腕を横にあげる方向へのクラッチ機構には固定できる角度というものがあり、その途中途中では固定できません。しかもその固定できる角度が異様に少なく、思い通りにポージングができないんです。
 
 なんというか中途半端ですねぇー。いまいち納得できません。

R0014482
R0014484
R0014486
R0014487
 
 オーライザーのほうも進めていきます!

R0014489
R0014491
 
 ライディングギア。

R0014493
R0014494
R0014495
 
 デザインナイフで示したところを引っ張るだけで、他が展開するという面白いギミック! こういう連動機構は楽しいですね。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[09]

R0014446
R0014447
R0014448
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 まずは肩アーマーとGNドライブが装着されるところ。

R0014453
R0014454
R0014455
 
 続けてバックパックとGNドライブです。

R0014456
R0014457
R0014459
 
 GNドライブは組み立て済みで、電池を入れるだけでした!

R0014460
R0014461
 
 ついに本体が完成しました!
 
 ただ組み立てただけですが、見た目は素晴らしい完成度ですねー! かなりクオリティ高めだと思います! 色分けはもちろん、プロポーションは完璧といえるでしょう。
 
 さてこの「組み立て済みGNドライブ」、なんと指で押すと、中が光る、だけでなく、その光った中がゆっくりと回転をはじめ、ついには高速で回転しながら「光りの輪」を実現するようです! 中に基板が仕込まれていて、プログラムによって制御されているらしいですよ。スゴイですね! 
 
 ということで、さっそく押してみましょう!
 
 いきますよ?
 
 押しますよ!

R0014462
 
 ポチッ!
 
 ジーーーーーーーーー。
 
 シーン……。
 
 はぁ?
 
 押すと、点灯はしますが、まったく回転せず、ジーーーという音を発したあと、3秒後には自動的に消灯します。どういうことなの……。
 
 調べてみると、経年劣化や、初期不良が考えられるようですね。はぁ……すごく残念ですが、あきらめるしかないでしょう。分解するわけにもいきませんし、部品注文だとしても、依頼主に任せことにします。
 
 あぁー、実物見たかったなぁ……。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[08]

R0014430
R0014431
R0014432
R0014433
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 前回、途中まで組み立てた内部フレームへさらに肉付けしていきました。
 
 ホログラムシートが大量ですねー。ダブルオーライザーの体内にこれほどケーブルが張り巡らされているなんて知りませんでした。プラモデルでは省略されていますが、設定上ではひと続きになっているのでしょうか。

R0014434
R0014435
R0014436
 
 さらに組み立てていきます!
 
 GNコンデンサのクリアーグリーンは、やはり色が濃いですね。せっかくの中のシールがほとんど見えません。もう少し薄いほうが嬉しかったです!

R0014437
R0014439
R0014440
 
 マニピュレータはランナーのまま組み立てられる仕様!
 
 細かなパーツが散らばらなくて嬉しいですね。しかし次に新しくPGが出るなら、これはきっと、MG1/100「ガンダムVer.3.0」のマニピュレータのように、すでに出来上がっていて、ランナーから切り出すだけというタイプになるでしょう!

R0014442
R0014444
 
 ホログラムシートがチラ見え!
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[07]

R0014410
R0014411
R0014412
R0014413
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 プロデューサーさん! 頭部ですよっ! 頭部っっ! ということで、LEDユニットが丸ごと中におさめられる頭部を組み立てました。1/60スケールという大きさだからこそできることですね!

R0014414
R0014415
 
 頭部を取り付けました!
 
 これで全長がわかりましたね。いやはや大きいです! いつもは撮影場の端、アルミホイルやらライトの根本を写さないように努めていますが、今回ばかりはどうにもなりません! 1/60スケール……おそろしい子やでぇ……。

R0014416
 
 さあ! お待ちかねのLED点灯です!
 
 LEDユニットがひとつ丸ごと入った頭部!
 
 いきますよ!
 
 光らせますよ!

R0014417
 
 ( ゚д゚)
 
 ( ゚д゚)
 
 (゚Д゚)
 
 (゚Д゚)

 どういうことなの……。

R0014418
 
 説明書通りですと、額と後頭部が少し光るだけですね……。
 
 眼のシールを剥がせば眼も少し光ります。しかしRGシリーズやMG「ガンダムVer.3.0」のように、黒縁だけのシールは付属していませんので、シールを加工するか、黒を塗装してやる必要がでてきますね。
 
 LEDユニットを付属したPG「ダブルオーライザー」で黒縁シールが付属しなくて、LEDユニットが付属しないMG「ガンダムVer.3.0」で黒縁シールのみ付属とはなんぞや。逆やろ……。
 
 それはそうと、私はてっきり耳のクリアグリーンのところも光ってくれるんだと思っていましたが、そんなことはありませんでした! まあこれはちょっと高望みでしたかね。っていうか額のクリアーレッドのところって緑に光りましたっけ? ここが光ったらダメだと思うんですがどうでしょう。

R0014419
R0014421
 
 LEDのことはともかく、顔はイケメンすぎてヤバイです!
 
 なにこれカッコよすぎやがー!! なんといいますか、これぞまさしく究極のダブルオーガンダムの顔って感じで本当に素晴らしいです! イケメンすぎて息が苦しくなるレベルですね……! 美しい……。線のひとつひとつが美しい!
 
 これは2万の価値あるでぇ……!

R0014422
R0014423
R0014424
R0014425
 
 引き続き、腕部の内部フレームです。
 
 なんだかいっぱい並んでいる小さいのはGNコンデンサですね。つまりクラッチ機構です! 大量に付属していたスプリングとネジとナットはここで消化されました。
 
 GNコンデンサは、肩、肘、手首の左右分、計6箇所に埋め込まれます。うまく機能すれば、GNソードIIIやGNソードIIなどのデカブツを持たせてもしっかりポージングを維持できるように、という嬉しい配慮ですね。

R0014426
R0014428
R0014429
 
 この出っ張りのあるところにGNコンデンサが入ります。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[06]

R0014389
R0014391
R0014393
R0014395
R0014396
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 まずは胸部内部フレームの途中まで!
 
 下半身の内部フレームもそうでしたが、組み立ての難易度は高いです。組み立てる順番をパーツ単位で指定されるのはもちろん、宙ぶらりんなものを挟み込む指定も多く、どの穴に入れればいいのかわかりづらいのもしばしば。さすがパーフェクトグレード。大人向けですねー! なんというか戦っている気分になります!
 
 胸部の内部フレームは真ん中の大きな輪っかに各関節がついているような面白い形。GNドライブが入りそうな感じですねー。これだけ見ると、ダブルオーライザーの内部フレームというより、ガンダムエクシアの内部フレームに思えます。

R0014398
R0014400
R0014401
R0014402
R0014405
R0014406
 
 胸部完成!
 
 いやー、胸部だけでトンデモないパーツ数でした。大苦戦! 完成させてみるとシンプルですけどね。関節用のパーツが多かったのです。
 
 胸の黄色いフィンは動きます。

R0014408
R0014409
 
 円形の内部フレームになぞって腰を左右に動かすことができました!

R0014407
 
 あー、これマズイんじゃないですかねー。
 
 写真のように腰を後ろにそらすことができるのですが、これがユルい……。クラッチ機構もロック機構もないうえに強度もないとなると、オーライザー背負わせたら……いやいや、ここまで多くのパーツを使って複雑な内部フレームで組み立てさせたパーフェクトグレードでまさかそんな……(笑)
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[05]

R0014361
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!

R0014363
R0014364
R0014365
R0014366
R0014367
 
 これが噂のクラッチ機構!
 
 どうやらGNコンデンサにクラッチ機構を仕込むようですね。脚にはここ1つですが、なんと腕には3箇所も入れるんだとか! 大量にあったスプリングとネジはこのためだったんですね。スプリングを中に仕込んで、ネジとナットで締めています。

R0014369
R0014370
R0014375
R0014378
R0014379
 
 続けて腰部も組み立て!
 
 もともとのデザインがシンプルなのでパーツ数は少なめ。それでも、可動の邪魔にならないよう、フロントアーマーもリアアーマーもちょっとだけ動きます。サイドアーマーはスライドしてGNソードIIを装着する穴を隠せる仕様。これは素晴らしい!

R0014382
R0014383
 
 ついに下半身が完成しました!
 
 なんといいますか、案外普通ですね。内部フレームの出来はさすがですが、外装を取り付けたこの状態だけを見ると、ディテールは少ないですし、これといって驚く構造があるわけでもないですし、これが2万かぁ……と思います。

R0014386
R0014388
 
 いろいろ動かしてみました。
 
 まあ……わかってはいましたけど動かすようなものではないですね。
 
 まず、足首まわりの可動がひじょうに悪いです。開脚時の接地がクソなのは、まぁ、許せるとしても、つま先を伸ばすことができないのがとても残念。なんと最後の写真の左脚が限界点なんです。嘘みたいでしょ? ほとんど脚と床が垂直ですよね。ここまで可動に制限のあるキットも珍しいです。ダブルオーライザーでの飛翔といえばつま先をピンと下に向けたくなるんですが、このまま浮かせたら空中散歩しているようにしか見えませんね。
 
 クラッチ機構は硬すぎます。スプリングが頑丈で、ググッと力を入れないと、動かすことができません。また、動かしたとき、バチバチバチッ!とひじょうに音がうるさいです。壊れてしまいそうで不安になる音ですね……。
 
 これが2万かぁ……。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 

PG.ダブルオーライザー[04]

R0014338
R0014341
R0014342
R0014344
 
 PG1/60「ダブルオーライザー」の続きです!
 
 ついに脚部のほとんどが組み上がりました。あとはGNコンデンサを挿しこむだけです。ディテールはほとんどなく、かなりあっさりしたデザイン。

R0014345
R0014346
R0014347
R0014348
R0014349
R0014350
R0014351
 
 可動です。内部フレームが動きに合わせてヌルッと連動しました!

R0014354
 
 ホログラムシートがチラ見え!

R0014355
R0014357
 
 クリアパーツの緑色が濃く、中はほとんど見えません。

R0014358
R0014359
 
 脚だけでトンデモない大きさです! さすが1/60スケール! さらに、重さもあります。このデカブツ……完成時にはえらいことになっていそうですね。ダブルオーライザーはそうでなくても大ボリュームなMSですし!
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
PG 1/60 ダブルオーライザー
METAL BUILD ダブルオーライザー
MG 1/100 ダブルオーライザー
HG 1/144 ダブルオーライザー+GNソードIII
ROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)
 


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング