ガンプラ ハイグレード!@

ガンダムSEED MSV

HG.ドレッドノートガンダム[09]

R0010687
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」の撮影会です。部分塗装とスミイレ、膝関節パーツの交換だけの簡単仕上げですが、元の出来が良いので、魅力を伝えるには十分でしょうか。

R0010689
R0010693
R0010701
 
 顔が本当にイケメンです。SEEDシリーズの中でも指折りでしょう。全体のデザインを見ても、ゲイツやフリーダムを並べて、その途中経過のような雰囲気がひじょうにMSVらしく素敵だと思います。

R0010703
R0010706
R0010709
 
 シールドと近接武器が一体化しているのは便利そうですね。わざわざサーベルを抜かなくてもいいというのは動きやすそうです。もしシールドを抑えられても腰のXM1 プリスティス ビームリーマーがありますし。

R0010711
R0010717
 
 以上、HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」の撮影会でした。お気に入りの写真は下から2番目。白い付属のシールをたくさん使いましたが違和感ありませんでしたね。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
ビルダーズパーツHD 1/144 MSハンド01 (連邦系)
 

HG.ドレッドノートガンダム[08]

R0010686
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」の仕上げをおこないました。
 
 白い部分はすべて付属のシールで補えました。部屋に水槽があるのでエアブラシは今後もできるだけ避けていきます。灰色の部分は「ニュートラルグレー」+「ブラック」で筆塗装。スミイレは「ガンダムマーカースミいれ用ブラック」。シールドのザフトマークは「ガンダムマーカーゴールド」で塗りました。
 
 急ぎ足ですが、次回、撮影会です。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
ビルダーズパーツHD 1/144 MSハンド01 (連邦系)
 

HG.ドレッドノートガンダム[07]

R0010679
R0010680
 
 今回は、バンダイ公式の別売りパーツ、ビルダーズパーツHD「1/144 MSハンド01(連邦系)」を開けてみました。裏面にもある通り、3種、握り、平手、武器持ちのマニピュレータが左右分で6個、それが2セットの計12個のマニピュレータが組めます。左の武器持ち手はひじょうに珍しいですね。例えば両手バズーカを再現出来たりします。

R0010681
 
 2つほど組んでみましたが、いやこりゃすごいですね。超精密です。さすがのハイクオリティ。キットにもともと付属するようなものとはレベルが違います。このディテールの細かさならリアルグレードにも使えるでしょう。

R0010683
R0010685
 
 バンダイ公式なだけあってバッチリはまりました。色がニュートラルグレーなのは、無塗装派には関節色にあわせてもらったほうがよかったかもしれませんが、塗装派には大変嬉しいですね。そのまま目的の色を筆塗りしても綺麗に塗れることでしょう。このマニピュレータセット、420円の価値は十分あると思います。オススメです。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
ビルダーズパーツHD 1/144 MSハンド01 (連邦系)
 

HG.ドレッドノートガンダム[06]

R0010403
R0010674
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム」の膝関節をSEEDカスタムパーツへ交換しました。可動範囲は広がりましたが、ちょっとこれ延長されすぎや(動揺) 

R0010675
 
 しかも裏がスカスカやないか(震え声) 可動範囲はそれはもう素晴らしいものになりましたが約7mmほども延長されました。SEEDシリーズならどのキットでも適応できるわけではないようですね。ただ動かせば問題ないでしょう。

R0010677
R0010678
 
 肩関節のパーツは問題なく使用することができました。ビームサーベルのエフェクトパーツはキットには付属しておらずHG1/144「プロヴィデンスガンダム」から流用。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
 

HG.ドレッドノートガンダム[05]

R0010400
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」のドラグーン・システムを組み立てました。とても大きなドラグーンが4基です。ビーム砲の数は10門とのこと。確かプロヴィデンスのドラグーンは驚きの43門でしたね。

R0010403
R0010404
 
 大きな赤いXが背中に装着されました。まさにXアストレイですね。とても印象が変わりました。実際には各所に白がたくさん入るので、塗装後はまた一段と印象が変わることでしょう。シールドの上下逆はお見逃しください。

R0010408
 
 ということで、これですべての組み立てが終わりです。次回からは、付録パーツを組み込んだり、削ったり、塗装したり、完成に向けた作業になります。ゲームやアクアリウムに時間を使うようになりガンプラの進行速度が低下しておりますが、変わらず気ままに進めていきます!!
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
 

HG.ドレッドノートガンダム[04]

R0010394
R0010395
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」の武装を組み立てました。MA-M22Y ビームライフルとXM1 プリスティス ビームリーマーはゲイツのものの改良型。MA-MV04 複合兵装防盾システムはゲイツのものの簡略型。XM1 プリスティス ビームリーマーは有線型のように見えますが、実は無線型で、このケーブルのようなワイヤーは紛失防止のためにあるそうです。

R0010396
R0010397
 
 シールドを上下逆に装備していることに気づいたのは今です。いやしかしドレッドノートかっこいいですね。正直ここまでとは思っていませんでした。特に私はこの脚部の形に見惚れてしまいます。このゴツさと尖り具合が素敵です。

R0010398
R0010399
 
 XM1 プリスティス ビームリーマーは差し替えで伸ばした状態を再現することができます。このXM1 プリスティス ビームリーマーは、格納状態時、腰とバックパックを接続してしまうので腰を回転させることができません。ちょっと困りました。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
 

HG.ドレッドノートガンダム[03]

R0010387
R0010388
R0010389
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」の脚部腰部を組み立てました。いやしかし、ゲート処理は大変です。といっても私はニッパーとデザインナイフしか使っておらずゲート処理というには甘いですが、それでもなかなか時間を費やされます。失敗も怖いですしね。ただ、ひじょうに重要な作業なのでサボれませんね。

R0010391
R0010392
 
 ついに大地に立ちました。頭部以外完全にゲイツ、ということもないですが、ゲイツにひじょうによく似ていますね。ゲイツはいつHG化するんでしょうか……。肩と脚部の大きさに比べると、胸部と腰部が少し小さいような気もしますが、さて、どうなるでしょうか。

R0010393
 
 可動範囲は、良いとは言えませんね。特に膝はほとんど曲がりません。他のキットとはまた違った構造の膝関節ですが、さて、あの付録パーツに交換することができるでしょうか。素組み後、試してみます。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
 

HG.ドレッドノートガンダム[02]

R0010380
R0010381
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」の腕部を組み立てました。これぞまさに最小単位ですね。とてもシンプルです。肩の青いパーツには白が足りていません。マスキングは面倒ですが直線なのはまだありがたいですね。

R0010382
R0010383
R0010386
 
 可動範囲は標準。肩の構造がSEEDシリーズ共通のものなので例の付録パーツを活用できそうですね。膝関節のほうはデザインが違うので無理そうですが……。そういえばこのキットはリマスター版ではないのでアクションベースに対応する腰に挟むパーツも他から流用することにしましょう。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
 

HG.ドレッドノートガンダム[01]

R0010373
 
 HG1/144「ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」です。
 
 このMSはザフト初のニュートロンジャマーキャンセラー搭載機で、データ収集目的のために開発を急いだため頭部以外はほぼゲイツのパーツで構成されており、唯一、NJCを頭部に搭載している、後のフリーダムやジャスティスに繋がる大切な位置づけの実験機ですね。このときのNJCは、効果範囲が広くて辺り一帯で核エンジンが使用可能になる、など、多くの問題を抱えていたようです。このMSが持つビームライフルや複合兵装防盾システムはゲイツの改良型ですが、さらに発展してプロヴィデンスが持つことになります。箱絵のバックにいるのはハイペリオンガンダム。
 
→ HG.ハイペリオンガンダム[09]
→ HG.プロヴィデンスガンダム[12]
 
 上の文章からもわかる通り、私、このドレッドノートガンダムがすごく好きなんですよ! なんか、いいですよね、こう、なんといいますか、実験機、というあたりとか、時代の表には出ないけどひじょうに重要な立ち位置である、というあたりとか、そういうところ、素晴らしいと思います。そういえばHGゲイツの発売は……?

R0010374
R0010375
R0010376
R0010377
 
 胸部と頭部を組み立てました。いやしかし付属のシールが見事に真っ白ですね。白が足りないとなると、筆で白を塗るのは難しいですから、今回もエアブラシさんのお世話になることでしょう。顔が超イケメン。

R0010378
R0010379
 
 首の可動範囲は小さめ。少し延長したり干渉するところを削ったりしてうまく調整していきたいですね。この機体は好きなのでできるだけ丁寧に完成させたいとは思っていますが、HG1/144「パーフェクトストライク」も気になっていますので、いつも通り気ままに組み立てていきたいと思います。よろしくお願いします。
 
Amazon
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (Xアストレイ)
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム
 

HG.ハイペリオンガンダム[09]

image_filtered
image1_filtered
 
 HG1/144「ハイペリオンガンダム」が完成しましたので、撮影会です。今回の撮影ではカメラの設定を間違えてしまい、元画像があまりにもひどかったので、編集でなんとか見られるレベルにはできましたが、うう、苦しいですね。
 
 撮影会の前にいろいろ実験をしており、そのまま、設定を元に戻さず撮影を実行してしまったのが原因です。まあ、どのみち、まだカメラに振り回される側なんですけどね(てへぺろ★) いやしかし「Neat Image」というソフトはノイズ消しに最適ですよ。写真のノイズが気になる方はぜひお試しあれ。

image2_filtered
image3_filtered
image4_filtered
image5_filtered
 
 改修点は開脚の角度拡大のみ。膝と肩には雑誌付録の改造パーツを使用しています。Mr.COLORの、モンザレッド、キアライエロー、ニュートラルグレー、ブラックなどで部分塗装しました。スミイレにはガンダムマーカースミいれ用ブラックとグレーを使っておこなっています。

image6_filtered
image7_filtered
image8_filtered
image9_filtered
 
 額にはグリーンのメタリックテープを貼り付けました。100円ショップの7色入りのものです。ビームナイフの刃は、ニュートラルグレー、つや消しホワイト、蛍光ピンクの順に塗り重ねています。その出来はとても見れたものではありませんが、フォーカスを当てなければ、あら不思議。

image10_filtered
image11_filtered
 
 前作に続き、またもバックライト。いわゆるマイブームでしょうか。このときに限りませんが、100円ショップのアルミホイルで作ったお手軽レフ板を使ってどうにか目を光らせています。そりゃもう必死です。ときには片手でカメラを持つこともあります。

image12_filtered
 
 現在の撮影環境です。2つのレフ板は目を光らせるために存在しています。ライトは電球形蛍光灯がひとつ。とても明るいです。しかし長時間使用していると火傷しそうなくらい熱くなるので、たまに手があかり、めちゃくちゃビビることがあります。ライトのアーム自体はそれらしいものをニッパーやガムテープなどで改造したもの。
 
 なんだかハイペリオンガンダムと関係のない話が多くなりましたが、いや、ハイペリオンガンダムは良いキットでした。特にビームシールドが綺麗でしたね。背部ユニットの奇妙さも素晴らしいと思います。
 
 さて次回作ですが、いまさらですが、SEEDのキットをこれまで多く作ってきたにも関わらず最も大事な機体を忘れていたので、次はそちらを組み立てていきます。また、私自身、このブログのマンネリ感がヤバイと思い始めていて、何か面白いことをしなくてはいけないと思い、とりあえず次回、何か違うことをしたいと考えています。


Amazon
HG 1/144 CAT1-X1/3 ハイペリオンガンダム (機動戦士ガンダムSEED MSV)
HG 1/144 YMF-X000A ドレッドノートガンダム (機動戦士ガンダムSEED MSV)
 


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング