ガンプラ ハイグレード!@

ガンダム 逆襲のシャア

HG.ギラ・ドーガ[09]

image
image1
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」の撮影会です。黄色の部分塗装と、一部にメタリックテープを貼りつけただけの簡単仕上げとなりました。
 
 今回の撮影会は、これまでガンダムやジムなど細身のMSばかりを組み立てていたせいか、なかなか上手くいかず、キットの魅力を伝えきれていないような気がします。デカブツの撮影は難しく感じました。しばらく練習したいところですね。

image2
image3
image4
 
 \デカイ/ 体型もありますがキット自体も大きいですし、単純なポージングのかっこよさとは別に、写真全体にグワッとくるような迫力のある写真を撮るように努めるのも大事かと思いました。ぐぬぬ。

image5
image6
image7
image8
image9
 
 やっぱりギラ・ドーガはカッコイイです。CCAに登場するMSは基本どれも素敵ですよね。νガンダム、リ・ガズィ、ジェガン、ギラ・ドーガ、ヤクト・ドーガ、サザビー……どれも印象に残るMSばかり。そういえばヤクト・ドーガをまだ作っていませんでした。近いうちに挑戦してみたいと思います。
 
 HG1/144「ナイチンゲール」はまだでしょうか!?

image10
image11


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[08]

DSC07992
DSC07993
 
 黄色の部分塗装です。最初は「キアライエロー(100%)」で塗装していましたが、隠蔽力の低さもあり、あまりに色のノリが悪かったので、「キアライエロー(70%)」+「キャラクターイエロー(30%)」に変更し、作業を続けました。
 
 それでも3重4重という塗り重ねが必要となってしまい、途中、「ああ、なんで最初からエアブラシを使わなかったんだろう……」と多少の後悔はしつつも、それでも筆塗りをやめない私でした。
 
 なんだかんだ、筆塗りのほうが楽しいんですよね!!
 
 写真を撮り忘れてしまいましたが、塗装後、膝の動力パイプを根本から折ってしまいました。塗料の侵食によって脆くなっていたというのもありますが、調べてみると、どうやらここは折れやすいところのようですね。みなさんもHG1/144「ギラ・ドーガ」を作るときは膝の動力パイプにお気をつけください。折れてから接着はしなかったので、次回の撮影会では左脚に注目です。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[07]

DSC07986
DSC07988
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」の仕上げ前編です。バーニア内と動力パイプの黄色は「キアライエロー(70%)」+「キャラクターイエロー(30%)」という色を選択しました。下地の色が濃いのでほとんど色が乗らず大苦戦中です。おとなしくエアブラシを使えばよかったと思いつつ筆塗りを継続中。

DSC07989
DSC07991
 
 センサーには赤いメタリックテープを貼り付け、腕のパイプのようなところにはオリジナルでシルバーのメタリックテープを貼りつけておきました。メタリックテープは綺麗ですし貼れるようなところがあれば貼り付けたくなってしまいます。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[06]

DSC07976
DSC07977
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」の残りを組み立てました。ビーム・ソード・アックスと、シュツルム・ファウストが4本です。ビーム・ソード・アックスは、ソード、ピック、アックスなど、状況に合わせて使い分けができると説明書にありました。
 
 シュツルム・ファウストはシールド裏に装着されますが、保持力が異常に弱く、すぐポロリしちゃいます。困り者です。コスパの良さから一年戦争の頃からずっと使われ続けているという素晴らしい武器だそうな。

DSC07980
DSC07982
 
 ついにすべての組み立てが終わりました。しかし、さすがCCAのMSといいましょうか、1/144スケールでもかなり巨大です。全高はちょうど20mあるみたいですね。初代ガンダムの18.0mと比べて2mも大きいことになります。

DSC07984
 
 バーニア内と動力パイプを黄色で塗装する必要がありますが、下地が緑ということで、黄色を筆で塗装するのは難しそうです。失敗しなければいいですが……。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[05]

DSC07965
DSC07970
DSC07971
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」の靴と腰部を組み立てました。カ、カッコイイー!! このイイ具合なぽっちゃり感といいますかゴツさといいますか体の大きさといいますか、とにかくカッコよくて惚れ惚れします。個人的に、嫌いとは言いませんが、ギラ・ズールのあの細い感じは好きになれませんね。やはりコレです!!

DSC07975
 
 このような体型ですが可動範囲はしっかり確保されています。さすが2008年に発売されたキットですね。すでに4年前となりますが、素晴らしいクオリティです。

DSC07973


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[04]

DSC07960
DSC07962
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」の脚部を途中まで組み立てました。進行速度の遅い理由がPSVITA「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド(2012)」のオンラインが楽しすぎてやめられないためなんて言えません。フレンド募集中!(私のPSアカウント名はこのブログのURLにもあるlivedoorアカウント名と同じです)

DSC07964
 
 膝の可動範囲は標準ですね。このデザインですから仕方なしです。この脚部には膝と脛(すね)に動力パイプが通っていますが、そこと、踝(くるぶし)にあるスラスターは黄色に塗装しなければならないようです。下地が緑の黄色塗装は難しそうですね。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[03]

DSC07952
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」の腕部を組み立てました。ザクIIのように、右肩はシールド、左肩はスパイクアーマーとなっており、左右非対称ですね。ただ、ギラ・ドーガは左腕にさらにシールドを持つことになります。そういえばザクIIにもスパイクシールドというものがありましたね。あれは素敵でした。ロマンがあります。

DSC07954
DSC07955
 
 下半身はまだ組み立てていないのでMr.セメントを代用しました。バックパックにあるものよりもさらに大きいスラスターが肩にもありますが、ギラ・ドーガのデザインをしっかり見たことのなかった私は、こんなところにこんな大きいものがあったのかと驚いてしまいました。意識しない、とは、恐ろしいものです。

DSC07958
DSC07959
 
 今更ですが、モノアイは顎の下?に隠れているスイッチによって、わざわざ分解せずとも動かせるようになっていました。いやしかしこれかなりカッコイイんじゃないですかギラ・ドーガ。完成に期待ですね。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[02]

DSC07943
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」のビーム・マシンガンとシールドを組み立てました。ビーム・マシンガンは、銃口が2つあり、マシンガンとライフルで撃ち分けが可能だとか。さらにグレネード付き。万能兵器ですね。

DSC07946
DSC07947
 
 ビーム・マシンガンにはマガジンらしきものが外側についていますが、着脱式なのか、着脱式だとして、ギラ・ドーガ自身がマガジンを取り替えるのは面倒そうですね。小さな疑問でした。シールドは45度ほど折り曲がりました。

DSC07950
DSC07951
 
 腕がまだですので無理矢理装着させてみました。シールドの裏側上部にある小さなものはグレネードランチャーだそうです。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HG.ギラ・ドーガ[01]

DSC07933
 
 HG1/144「ギラ・ドーガ」です。なんとなく緑のモビルスーツが組み立てたくなったのでこれを選択しました。このキットに関してはレビューなどもほとんど見ていませんので組み立てるのがひじょうに楽しみです。

DSC07934
DSC07936
DSC07938
 
 バックパックをしっかり見たことは初めてだったのですが、ユニークな形をしていますね。まさしく宙間戦闘用という感じ。このスラスターの並び方はジム・コマンド(宇宙用)を思い出します。各スラスターの内部は黄色に塗装しなければなりません。

DSC07940
DSC07942
 
 さすが、2008年に発売されたキット。モノアイは左右に動かすことができますし、可動も優秀で、肩は前後上下に、首も上に大きく動かすことができました。今から撮影会が楽しみになります。


Amazon
HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)
 

HGUC ジェガンその9

 さて、その8にてHGUC「ジェガン」が完成しましたので、今回は最終パート、撮影会です! 今回はいつもの撮影ブース(?)ではなく、いつもの作業台を黒い画用紙にてコーティングした擬似撮影ブースにて撮影会を行いました。何故かは聞かないでください。・・・面倒だったんです。

 では本題です。

IMGP8990IMGP8991
IMGP8992IMGP8993
 今回は改修無しのストレート組みです(手を加えた箇所はありません)。

IMGP8994IMGP8995
IMGP8996IMGP8997
 本体グリーンはつや消しホワイト70%、デイトナグリーン15%、コバルトブルー5%、つや消しブラック10%でエアブラシ塗装をしました。スミイレ後、全身をつや消しクリアーをコートしています。

IMGP8998IMGP9000
IMGP9001IMGP9003
IMGP9004IMGP9005
IMGP9006IMGP9008
IMGP9009IMGP9010
IMGP9011
 スミイレは、エナメル(フラットブラック)の流し込みにて行いました。エナメル溶液はエナメルだけに効果を発揮しますので、水性ホビーカラーの上にエナメル溶液をぶっかけても問題ありません。ちなみにこのことは、私がエナメル溶液の瓶をひっくり返し、腕パーツにビッシャアア!かけてしまいましたが問題無かったので実証済み、です。

IMGP9012IMGP9013
IMGP9014IMGP9016
IMGP9017IMGP9018
IMGP9020
 アーマー裏は重量感を増させるために黒塗りしています。

IMGP9023IMGP9024
IMGP9025IMGP9026
IMGP9028
 さて、これにてHGUC「ジェガン」の組み立てを終了します。ありがとうございました。次回は未定です。お楽しみに! またね、ばいばい。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング