ガンプラ ハイグレード!@

MS IGLOO

EXモデルヒルドルブその9

31113112
 その9まで続くというかなり長い期間ヒルドルブを製作してきましたが、これで終了です。今回は撮影会と感想文です。

31133114


31153116


31173118


311931110
 今回初めて水転写デカールを使用しました。私の使用している塗料が全て水性なので水を使って大丈夫だろうかと思ったのですが、案外大丈夫。ドライデカールよりも断然に貼りやすいですが、時間はかなりかかりました。

 さてヒルドルブの感想ですが……言葉にできないです。これは本当に素晴らしい! これほど完成度の高いキットは滅多にないと思います。ヅダもそうですが、IGLOOのキットの完成度は本当に高い! もう何を言っても同じ言葉の繰り返しになってしまうので自重しますが、最後に一つ……俺はヒルドルブが大好きだ───!!
 とまぁ感想文になっていない気がしますが、とにかく満足のいく結果にすることができました。ザクもあわせて。IGLOOありがとう!

 さてヒルドルブですが、改造をしようなんていっておりましたがガンダムAのユニコーンのアレがなんと消印有効でなく「必着」だったのでかなり焦っています。ということでユニコーンに専念させていただきます、すみません。
 さて次回は、ホームページをご覧くださっている方はお気づきかもしれませんが旧キットのボールを製作していましたので、そちらのレビューを。そして適度にユニコーンを挟んで、GNアームズが入手でき次第そちらのレビューに移りたいと思います。ありがとうございました。

EXモデルヒルドルブその8

31013102
 さてついにヒルドルブさんの完成です(ウェザリングはまだしていません)。まずはタンク形態から。

31033104


3105
 数々のディテールアップを施し、かなり丁寧に製作しました。

 次はモビル形態です。

31063107


31083109
 モビル形態では本体部がせり上がり(差し替え再現となっております)、腕が出てきます。腕はザクのものが使用されており、もちろんザクの武器が使用可能です。
 そしてモビル形態ではタンク形態よりさらに上方からの砲撃をすることや、上半身を回転させてサイドにまわった敵にも攻撃できるといったことが可能になります。かなり論理的です。

31010
 アームは展開できます。劇中ではこのアームを使用して砲撃時の安定を保ったり、ザクとの肉弾戦を行ったりしていました。このアームはひじょうに便利です。

 といった感じでヒルドルブの全貌が明らかになりました! さて次回撮影会をして、ヒルドルブの終了となります。

EXモデルヒルドルブその7

391392
 さてEXモデルヒルドルブ、全貌が見えてきました! 長いのは本体だけでなく、その砲身も長いです。射程距離が32kmという超長距離砲です。

393394
 砲身の可動範囲と、バックビューです。
 このバックビューがたまらなく好きです! まさに兵器! 戦車! このゴツゴツしたところがたまらないです。これが走っているところを想像すると、脳がとろけてしまいそうです。

395396
 砲身にも細かいディテールを施しました。ブラック部は私の好きなつや消しブラック+ニュートラルグレーでして、この質感が大好きです。

397398
 細かくディテールをば。

3993910
 で、昨日モノアイのことをどーたらと言いましたが、今はいちおうラピーシールにて光の加減で光るようにしてみました。思った以上に光るので、カッコイイです。

EXモデルヒルドルブその6

381382
 さてヒルドルブさんの本体製作です! タンク状態とモビル形態は差し替えで再現なのですが、ここは共通部分です。コックピットがここにあります。

383
 ちなみに真ん中の割れ目を開くとモノアイがあるのですが、今はまだ装着していないので閉じておきます。モノアイには一工夫したいと思います。

384386
 砲身にはパーティングラインがありましたので、デザインナイフにて削り落としました。

385
 ちなみにマシンガンは合わせ目処理中です。

387388
 塗料製作しました。今度は意外と早くできましたが、若干色が違います。もうちょっと緑っぽいです。ヒルドルブさんの緑部は二色の緑になります。
 ちなみに大きな砲身は合わせ目処理中で、このまま塗装します。ちょっと滑稽です。

 次回は塗装終了→装着です。ちょうどGNアームズの時くらいに終了しますね。

EXモデルヒルドルブその5

371372
 さて今回はガンダムメッキシルバー+ガンダムマーカーゴールドを使用してのディテールアップです。

373375
 基本的にシリンダー系は棒がメッキシルバー、受けがゴールドにしていきます。

374
 細かく塗り分けています。

376
 細かいところはパレット(?)に塗料を出し、筆にて塗装を行っております。

377378
 さて全貌です。
 基本的には昨日のと全然変わっていません。

 次回は本体部の製作に入ります。

EXモデルヒルドルブその4

361362
 さてでは後部の製作です。何かウイングのようなものがありますし、細かい機器のようなものも沢山あります。

363
 後部のキャタピラは大きく反りあがっています。通常の地面に張り付いた形のキャタピラよりも力強そうです。
 ちなみにですが、ヒルドルブは最大100kmもの速度で走行できるそうです。劇中でもとても凄い速さでザクを翻弄していました。装甲がこれだけついて、さらに最大射程32kmもなる砲台がついているのに、本当素晴らしいです。機動戦車ヒルドルブ! なんてタイトルはいかがでしょうか(笑)

364365
 さて後部のディテールアップは一旦保留しまして、次に中部の製作を行いました。つなぎの部分で、ここにヒルドルブの本体が乗るわけですが、ここにもキャタピラがあります。キャタピラの数は片面三枚、両面合計六枚です。

366
 ここのディテールアップも明日にしましょう。
 とりあえずくっつけてみることにしました。

367
 前方+中部。

368369
 そしてこれが前+中+後の状態でして、土台の完成です。
 通常の戦車(とはいえあまり戦車には詳しくないのですが……)に比べて、ヒルドルブは、とにかく第一に縦に長い印象を受けました。そしてキャタピラも、相当な長さがあると思います。さらに空気抵抗を考えた造りのように見えますこの流れるようなボディ。時速100km……おそらくこの高速移動をするための形となっているのでしょう。

3610
 最後にザクさんとのツーショット。思っていたよりは少し小さい印象がありますが、それでも大きい!

 さて個人的な話ですが、私はこれの製作中、テンションが上がって上がって仕方ありません(笑) まぁなぜかっていうと、そう、カッコイイからですね。実際に手にとってみると、もうたまらなくて……。最初はアレに悩まされたものの、今では楽しく製作しています。これはもう本当にオススメできるキットかもしれません。

EXモデルヒルドルブその3


 なんだかニコニコ動画の動画がうpできるようになって、さらにそれが非会員でも見れるということなので一つ、有名なガンプラ動画を貼らさせていただきましたー!(無断です。問題があれば消します) 俺この動画大好きです(笑) いつか私もこのような動画を製作したいものです。

 それはさておき、

351352
 さて本日はヒルドルブ前方の完成です!

353
 キャタピラはこんな感じになりました。ちなみに固定型なので動きはないです。

354355
 薄さと、ザクとの大きさ比較です。同じ1/144ですがかなり大きさの違いがありますね!

356
 細かいところまでガンダムマーカーメッキシルバー・ガンダムマーカーゴールドを使用しております。

357358
 さて、ここでウェザリングマスターを使用して、アクセント付けをしたいと思います。先ずはドライブラシ的にエッジ立て……これはあまり効果ありませんでしたね。

3593510
 さてここです。ウェザリングマスターを使用し、キャタピラをドライブラシ風にアクセントをつけてみました。これだけでだいぶリアル風味が増したと思うのですが、いかがでしょうか。

EXモデルヒルドルブその2

341
 さて本体前方部分の塗装が終了しました。元の色が緑ですので、かなり塗料を使いまして、もうあのビンに使った分の塗料はなくなってしまいました。また作らなければ……。

342343
 さてこれが前方部分です。すごく大きいです。

344347
 さて前回塗装にこだわると言いましたので、ちょっとこだわってみました。メッキシルバーでのアクセント付けと、ガンダムマーカースミイレ用ブラウンにてスミイレです。かなり細かい作業でしたが、うまくいってよかったです。

345346
 さてこちらもです。写真ではメッキシルバーが反射しすぎて緑が写りこみ、塗っているのか? という感じですが肉眼ではちゃんとシルバーです^^;

348349
 今回は塗装だけでギブアップ……(笑) 〆はあの丸いパーツです。全てニュートラルグレー+ブラックつや消しにて塗装しました。これだけでそうとうな時間が……。

3410
 さて次回は前方部分の完成です。キャタピラ部分には写真のような軟質素材も使われていますので、お楽しみに。

EXモデルヒルドルブその1

331
 さてザク量産型IGLOO風が見事に完成したということで、ついに本命のヒルドルブさんの製作に入ります!
 の前に一つ(笑) 実はこのEXモデルヒルドルブさんはJOSHINにて定価5000円のところを1800円で購入したものなのですが、改めてパーツ請求のところを見て驚き! Aランナーだけで購入価格^^; こりゃすげぇ良い買い物をしちゃいましたね。っていうかガレージキット(正確には否だが)がこの値段なんてほんと凄い! ガンプラが石油がどうたらで値上げするというのに……ありがたや。

332333
 さてそれで製作に入るのですが、はい、俺は目を疑いました(笑) のっけでなんだこりゃ!(笑) 俺初めてみました、(24個作る)なんて^^; ランナーのほとんどがそうなんですね……こりゃゲート処理してるだけでそうとうな時間が……orz

334335
 ということで少しずつ増えるそれを暫くお楽しみください(笑)

336337
 さてこれで終わりです……結局二時間以上、出だしでかかってしまいました^^; しかも驚きの事実。これ全て色を変えなくちゃならない! ああ、塗装も大変そうだ……orz

338339
 忘れていましたが、ここでやっとヒルドルブさんの姿を公開。写真はモビル形態ですね。モビル形態もいいですが、私はタンク形態のほうが好きです……ってのはまた後日でいいとしまして、さて色ですが、作るの大変でした! 私、色の感性なんて持っていませんのでかなり試行錯誤しました。結局写真にある色を何度も混ぜて製作したのですが、なんだか全然足りない予感^^;

 ということで一回目のヒルドルブ製作は終了です。次回は本体前方部分の塗装をしたいと思います。もちろんあの丸っこいやつも全塗装です^^; あ、それで今回なのですが無改造全塗装です。塗装にはすごい力を入れる予定ですので、どうぞよろしくお願いします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング