ガンプラ ハイグレード!@

機動戦士ガンダムSEED

HG フリーダムガンダム[08]

DSC01810
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回はM100 バラエーナプラズマ収束ビーム砲です。

DSC01811
 赤と黄色はシールです。旧HGと比べるとものスゴく大きいと思います。

DSC01812
 旧HGではビーム砲に可動ポイントはありませんでしたが、今回はハイマット・フルバーストを再現できるよう、可動ポイントが追加されていますね。

HG フリーダムガンダム[07]

DSC01800
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回はMMI-M15 クスィフィアスレール砲です!

DSC01802
DSC01803
 レール砲が装着されたことにより、全体のバランスが整いました。まだやはり背中の寂しさはあるものの、これ単体でも十分カッコイイです。

DSC01804
 正面です。

DSC01805
DSC01807
DSC01808
 レール砲の赤は付属のシールなのですが、形状が形状ゆえに、綺麗に貼り付けることは困難でした。写真ではあまり目立たないかもしれませんが、几帳面でなくても、気になってしまう部分かと思われます。

HG フリーダムガンダム[06]

DSC01792
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は腰部です!

DSC01793
DSC01794
 ついに大地に立ちました! サイドアーマー的なものがないからか、バランスはひじょうに悪く見えますね。最終的にはどうなるのか楽しみです!

DSC01796
 どの部分も可動範囲も申し分ないです。

DSC01797
 顔は、目の黄色部分が上まで全部丸見えだからか、真正面や下から見ると、全体がやはり馬面のような、少し残念に見えてしまいます。デザインとしては正しいのですが、やはり少し気になるところ……!

HG フリーダムガンダム[05]

DSC01788
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は脚部です!

DSC01789
 脚部についても、最新のパーツ構造のそのままです。

DSC01790
 膝がよく曲がります。太もも上部ももちろん回転します。

DSC01791
 サブスラスターは白色なので塗装する必要がありそうです。サブスラスターのカバーは可動しません。

HG フリーダムガンダム[04]

DSC01782
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は腕部です!

DSC01783
DSC01784
 こちらもパーツ構造は他の最新キットと同じで、シンプルな二重関節を内部に収めたものとなっていました。目立って特徴的な部分もありません。

DSC01785
 肩はあがり、肘も曲がります。

DSC01786
 完全ではないですが、合わせ目もほとんど目立たないようになっています。

DSC01787
 上半身でこの出来なのですから、下半身が今から楽しみです!

HG フリーダムガンダム[03]

DSC01776
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は頭部です。

DSC01777
DSC01778
 頭部のパーツ構造は前回作成したブラストインパルスガンダムとほぼ同じでした。驚くべき点は、頬の灰色がしっかりパーツで色分けされているところですね。

DSC01780
 首の後ろのデザインのせいで、首を上に向けることは難しいです。

DSC01781
 サンプルの写真などを見ると、昔の名残りで少しまだ馬面っぽいのかなと思っていましたが、実物はそうでもなく、正統派なイケメン顔でしたので安心しました!

HG フリーダムガンダム[02]

DSC01771
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」の続きです。今回は胸部です。

DSC01772
 ボールジョイントのポリキャップが真っ直ぐ上下ではなく直角に装着されているのは珍しいですね。さっそく面白いです!

DSC01773
DSC01774
 胸部も複雑な色分けをしたデザインですが、パーツでうまく再現されていますね。旧HGならシール再現どころかシールを貼っても再現することができませんでした!

DSC01775
 肩のポリキャップは少し出てきます。

HG フリーダムガンダム[01]

DSC01764
 HGCE(1/144スケール)「フリーダムガンダム」です。フリーダムガンダムがHGCEとなって生まれ変わったというのなら、それを作らないわけないでしょうと、そういうところですね。箱絵のカッコよさから期待が膨らみます!

DSC01765
DSC01766
DSC01767
DSC01768
DSC01769
DSC01770
 ランナー類です。パーツは結構多めな印象ですね。付属のシールがたくさんあるのがとても気になります。フリーダムガンダムのデザインは確かに色分けが複雑ですが、シールに頼るところが多そうです。

HG エールストライクガンダム[15]

DSC01405
DSC01406
 HGCE171(1/144スケール)「エールストライクガンダム」の最終回です。復帰1作目として気軽に始めた今回でしたが、さてその出来はいかに!

DSC01408
DSC01409
 靴底の灰色やエールストライカーのスラスターに塗ったシルバーなんかは正解だったと思います。頭部でいうとイーゲルシュテルン付近の灰色が良い仕事していますね。やはり素組みのままではなく、ちゃんと色を入れてあげることで、より良い印象を作ることができると感じています!

DSC01410
DSC01411
 しかしながら、やはりエールストライクガンダムはカッコイイですね! シンプルなデザインながら洗練されているといいますか、アクがないといいますか、ベーシックなカッコよさを持っていると思います。

DSC01413
DSC01416
 ということで、エールストライクガンダムでした。やはりガンプラは楽しいですね! 今回はあまり何も気にせず作りましたが、これからまたいろいろなことに挑戦しながら、より良いものを作れるよう目指していこうと思います。次回もお楽しみに!

HG エールストライクガンダム[14]

DSC01389
 HGCE171(1/144スケール)「エールストライクガンダム」の続きです。今回はスミ入れです! スミ入れには写真のツールを使いました。コピックモデラー0.02ブラックですね。ガンダムマーカースミ入れ用よりもずっと細く、また、色がハッキリとしているのでスミ入れに最適なんですよ!

DSC01391
DSC01392
 ということでスミ入れした結果がこちら! まあその、なんといいますか、あまり上手くはできなかったと思いますが、それでもスミ入れの効果はバッチリ出ていると思います! 撮影も含めて技術面は少しずつまた頑張ります……!

DSC01292
 こちらが素組みの状態だったころの写真ですね。このときのほうが綺麗だったなんて思っちゃいけない……!! 精進します。私も焦りを感じています!

DSC01395
DSC01400
 ストライク素体状態でビームライフルとシールドを持つことは珍しいですね。素体で出撃したときは、海でバズーカを持っていた印象が強いでしょうか?

DSC01401
DSC01403
 ということでスミ入れでした。次回はついに最終回! エールストライクガンダムで動かしてみようと思いますので、よろしくお願いします!



 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング