ガンプラ ハイグレード!@

ガンダムSEED ASTRAY

HG ゴールドフレーム天ミナ[15]

DSC01032
DSC01035
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の最終回です!

DSC01036
DSC01039
 ほぼ素組みの今回。やったことと言えば、スミ入れと、金色をガンダムマーカーゴールドで塗装したのみです!

DSC01040
DSC01041
 やはり黒のプラスチックのツヤアリがかなり効果的で、唯一気になった金色の安っぽさを少し解消してあげるだけで大きく印象を変えることができましたね。

DSC01042
DSC01046
 もはや何かのオブジェクトのような美しさがあるように見えます。ガンプラは、ここまで美しくなったのですね!

DSC01051
DSC01053
 というところで今回はおしまいです。ガンプラの進化をまたひとつ実感することができした。日々進化し続けていくガンプラをこれからも追いかけていきたいですね!

HG ゴールドフレーム天ミナ[14]

DSC01022
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです! すべての塗装が完了し、あとは乾燥を待つというところまできました。ガンダムマーカーゴールドは、さすが、良い質感にしてくれているではありませんか。次回、ついに最終回!

HG ゴールドフレーム天ミナ[13]

DSC01021
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです! 上半身の金塗装が終わりました。少しずつですが、無塗装の状態よりプラスチック感が抜けているように見えないでしょうか?

HG ゴールドフレーム天ミナ[12]

DSC01017
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC01018
 さて、完成度の高いこのキットですが一点だけ気になるところがあります。それがやはり金色部分です! 成型色の金色は以前に比べるとずいぶん進化しているように見えますが、やはりプラスチック感満載で、オモチャっぽさが残ります。

DSC01019
 そこで、ガンダムマーカーゴールドで使って金色塗装をしてみることにしました。ガンダムマーカーゴールドはそのまま使わず、一度塗料皿に出し、筆で塗装しました。優秀で有名なガンダムマーカーゴールドは、塗るだけで素晴らしい金色に!

DSC01020
 いかがでしょう。金色の印象がかなり変わったと思います。しかしまだ、「これを全体に塗ったらどうなるの? 良くなるの?」という疑問が残ります。きっと良くなります! 続きをお楽しみに!

HG ゴールドフレーム天ミナ[11]

DSC01014
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC01015
 とりあえずスミ入れをします。今回のキットは本体がほぼ黒ですのでスミ入れの必要性はあまりありませんが、一部、薄紫のところにはスミ入れをしておきましょう!

DSC01016
 ガンダムマーカースミ入れ用ブラックでぐりぐりしただけでずいぶんと印象が変わってくると思います。欲を言えばもっと細い線でスミ入れをしたいところですが、ガンダムマーカースミ入れ用ペンでも十分な効果を得ることができます!

HG ゴールドフレーム天ミナ[10]

DSC01003
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC01004
 な、なんということでしょう! この迫力! この美しさ! この完成度! 本当にHG1/144スケールかと疑うほどのレベルにただ愕然とするばかりです。

DSC01005
 スキのない出来に、ガンプラの進化を感じます。

DSC01006
 攻盾システム「トリケロス改」には、50mmレーザーライフル、ビームサーベル、3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」の3種の武器が内蔵されています。

DSC01009
 マガノシラホコは有線式の槍です。

DSC01012
 アクションベースで浮かせるとまた一層迫力が増します!

DSC01008
 さてこれで素組みが終わりました。このキットは本当に完成度の高い素晴らしいキットなのですが、やはりひとつだけ気になるポイントがあります。今回はその一点だけ、手を加えたいと思います!

HG ゴールドフレーム天ミナ[09]

DSC00994
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC00995
 ついにこの背中のユニットを本体に装着します!

DSC00996
 いかがでしょうか!

DSC00998
 なんと美しいのでしょう。これほど美しいと思えるガンプラも珍しいと思います。金色の安っぽさは仕方ないですが、黒のツヤツヤがかなり効果的なのではないかと思います! 素組みなのに写真映えしますね。

DSC00999
 マガノイクタチを前に出してみました!

DSC01002
 1/144スケールとは思えない大迫力ですね。

HG ゴールドフレーム天ミナ[08]

DSC00983
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC00984
 背中のデカブツを組み立てていきます。ある意味、ゴールドフレーム天ミナのメインイベントといったところですね!

DSC00990
 こちらが今回の巨大パーツ、「マガノイクタチ」です。もちろんこれもテカテカパーツなのですが、面積が面積だもんで、指紋がすごいつくと言いますか、めちゃくちゃ目立ちますので取り扱いには注意ですね! 

DSC00991
 かなり大きいです。

DSC00992
 広げるととんでもなく巨大に!

DSC00993
 これが本体に装着されるのは次回!

HG ゴールドフレーム天ミナ[07]

DSC00964
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC00965
 ついに腰部です。組立説明書通りに組み立てますと、今回のようにだいたい腰部が最後のほうになりますね。脚から頭に向かって組み立てていくというのも、本当に建造しているようで楽しいですが、このブログでは組立説明書通りに進めています。

DSC00966
 組立説明書通りに進めて腰部が後のほうになると、今この一瞬がすごく楽しいんですよね! 少しずつというのもいいですが、ここで一気に形となるのも、私は良いと思いますよ。私は好きです!

DSC00968
 ゴールドフレーム、大地に立ちました!

DSC00969
 まだ装備するものがたくさんありますが、この段階でももう、正面も背面もとても美しいです! 美しいMS! テカテカの黒い部分もすごく良いですね。

DSC00974
 可動範囲もバッチリです!

DSC00977
 もちろんアクションベースにも対応しています!

HG ゴールドフレーム天ミナ[06]

DSC00960
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の続きです!

DSC00961
 多少のトラブルはありましたが無事組み立てることができました! 確かにアストレイシリーズの脚部ですが、ブリッツガンダムを意識した独自のアレンジが加えられていますね! 特に靴の形が特徴的です。

DSC00962
 これほど複雑そうな外見をしているのに、可動範囲はやはりすごい!

DSC00963
 さあ、次回にはついに大地に立ちますよ!



 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング