ガンプラ ハイグレード!@

ガンダム 逆襲のシャアMSV

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その13

F1000025
 本日の一枚。

 お待たせしました。HGUC「Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】(パープルVer.)」が完成しましたので、今回は撮影会です。

IMGP8213IMGP8214
IMGP8215
 基本立ち。

 改修点は、リアアーマーの独立可動化のみです。詳しくは以前の記事をご参照ください。

IMGP8216IMGP8217
 アクションベース1を使用しました。

 カラーレシピは、本体青→パープル+つや消しホワイト/武器白→つや消しホワイト/装甲内部→つや消しブラック/一部→メッキシルバー、です。すべて筆塗りにておこないました。メッキシルバーはガンダムマーカーのものをプラ板へ押し出し、それから筆にて塗装しました。

IMGP8219IMGP8220
IMGP8221IMGP8222
IMGP8223IMGP8224
 ニュー・ハイパー・バズーカです。

 スミイレは、エナメルの流し込みにておこないました。

IMGP8225IMGP8226
IMGP8227IMGP8228
IMGP8229IMGP8230
IMGP8231IMGP8232
IMGP8233IMGP8234
IMGP8235
 ビーム・ライフルです。

 流し込みは、塗料(今回はフラットブラックを使用しました)とエナメル溶液をサラサラになるまで混ぜ合わせ、一番細い筆にそれをちょんづけし、そしてスミイレしたい場所に筆をちょんづけするのを繰り返すという方法をとりました。

IMGP8236IMGP8237
IMGP8238IMGP8239
 ビーム・サーベルです。

 拭き取りは、綿棒にエナメル溶液をしみこませ、塗料のはみでているところを綿棒でこすり、ティッシュにて浮いた塗料を拭き取るということを繰り返しました。ちなみに水性ホビーカラーはエナメル溶液で剥がれることはないので、私のように筆塗りをした上からでもエナメルスミイレを安心しておこなうことができます。

IMGP8240
 さて、ということでHGUC「Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】(パープルVer.)」はこれにて終了させていただきます。今回はやりたかったこと、「Hi-νを紫に仕上げる」「エナメルに挑戦する」を完了できたので大満足です。撮影会もとても綺麗に撮影できた写真がぽつぽつあったので納得です。製作開始からだいぶ時間をあけての完成となってしまいましたが、見ていただけた方、ありがとうございました。

 お気に入りの写真がありましたら拍手お願いしまーす。

 次回作は・・・?

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その12

F1000023
 本日の一枚。

IMGP8206
 紫Hi-νです。

 とりあえず本体だけ紫化が終了しました。水性ホビーカラーパープル+つや消しホワイト+フラットベース(つや消し剤)です。筆塗りしました。スミイレも完了しています。スミイレはエナメルフラットブラック+エナメル溶剤をちょん入れしまして、エナメル溶剤と綿棒を使用してはみ出し部分をふき取りました。

IMGP8207IMGP8208
 他アングルです。

 エナメルでのスミイレは初挑戦でしたが、とてもうまくいったかと思います。そして面白かったです。ふき取りは最初うまくいきませんでしたが、ティッシュを活用することによって綺麗に仕上がることに気づき、こちらも難なくクリアーできました。今後もエナメルスミイレを続けていこうかと思います。

IMGP8210
 色変化の比較です。

 並べてみると変化がよくわかりますね。本来ならその他青パーツも全て紫にする予定だったのですが、こうして見るとこのままでもいいような気がします。嘘です。

 では今回はこのあたりで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その11

F1000023
 今回の一枚。

IMGP8199
 今回、初挑戦!

 いつもはガンダムマーカースミイレ用ブラックまたはグレーまたはブラウンにてスミイレをおこなっていましたが、今回はちょっと成長を目指しましてエナメル塗料でのスミイレに挑戦です。

IMGP8200
 量の感覚がわからず、大量生産してしまいました 90%以上は無駄に・・・もったいない。

IMGP8201
 スミイレをおこなった状態です。

 ちょんよやるとしゅいーっと広がってとても楽しかったです。このあと乾いたら綿棒を駆使してはみ出た部分をふき取る予定です。

IMGP8203
 Hi-νの青部分は私の趣味(?)で紫に変更することにしました。水性ホビーカラーパープル+つや消しホワイトで、筆塗りしています。

 今回は短いですがこのへんで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その10

F1000021
 3Dとは難しいもので・・・。

 今、大学の課題で人のモデリングをShade10.5でやっているのですが、これがまた難しい&面倒&時間がかかる! とりあえず画力は無いのでネットから人の三面図をひっぱってきまして、それをテンプレにちまちま形づくりを・・・。

 も う し ん ど い で す 

 やっと体は完成しました。間接や手などの難しい部分は隠してしまえば問題ないでしょう・・・(笑) 提出はShadeファイルもそうですが、メインは出力した画像ですから、いろいろ誤魔化してしまったほうが私のためでしょう

 では本題です。

IMGP8179IMGP8180
IMGP8181IMGP8182
 HGUC「νガンダムHWS(ヘビー・ウエポン・システム装備型)」のときにも実践しました「リア・アーマー可動化改修計画」ですが、今回、Hi-νにもすることにしました。メリットは、脚部とリア・アーマーの干渉をなくし、脚部の自由度をさらに上昇させることができる、という点です。

 写真では、まずサイドアーマーの問題を解決しています。

 サイドアーマーは腰本体とリアアーマーで挟み込み固定する構成でしたので、リアアーマーを独立させるには、まずサイドアーマーの挟み込み方式を変更しなければなりませんでした。そこで、リアアーマー側のサイドアーマーを挟み込む機構がある部分を切り離し、それを腰本体と同化させることによって、腰本体のみでサイドアーマーを固定できるようにしたのです。

IMGP8183IMGP8184
 サイドアーマーの独立可動を保ったまま、リアアーマーを切り離すことに成功しました。

IMGP8185IMGP8186
 次に、リアアーマーを中央部、右、左に分割しました。

IMGP8187
 中央部にプラ棒3mmを通しました。プラ棒は回転させることができます。

IMGP8188IMGP8189
IMGP8190
 左右のアーマーにも3mmの穴をあけ、通しました。接着剤等は一切使用していませんが、うまく固定され、リアアーマーの独立可動は予定通り、予定外の出来事として、左右の独立可動も可能になりました。

IMGP8191IMGP8192
 ここで重大な失敗が発覚。

IMGP8193IMGP8194
 なんだこりゃあああ!

 見事に反対でした。これには思わず笑ってしまいましたね。しかしリアアーマー中央部には大きな穴もあけてしまっていますし、修正は難しい・・・。ということで、反対ですが、正位置とすることにしました。

IMGP8195
 1mmプラ板を腰本体側に貼り付け、再び3mmピンバイスで穴をあけ、その穴にリアアーマー中央部から出ている接続棒を挿し込みました。

 つまり、問題解決です。

IMGP8196IMGP8197
 改修結果です。

 見事にリアアーマーの可動化に成功しました。見た目には、ほぼ変化ありません。ただこの改修による効果が高いのかといわれれば・・・ハハン。

 では、今回はこのあたりで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その9

F1000015
 最近、PSP専用ソフト「初音ミク Project DIVA」をしていたのですが、とても面白いです。あと「初音ミクの消失」HARDをGREATとれば全GREAT達成なのですが、タイミングがあわず、なかなか上手くいきません。難しいものです。

 初音ミクに関しては、実はそれほど関心は無かったのですが、ゲームをプレイすることによってとても好きになりました。かなり出遅れてしまいましたが、今ではiPodにVOCALOID関連曲が65曲入っていまして、通学時などに大変お世話になっています。

 そういえばVOCALOID2のソフト自体もインストールしました。作曲するのはもう何年もぶりなのでできるかわかりませんが、再挑戦してみたいですね。

 では本題です。

IMGP8168
 これが最後のパーツたち、武装パーツ郡です。これにてランナーが全て空に(ポリキャップは数個、未使用として余りました)。

IMGP8169
 組みあげた状態です。

 シールドの色分けには感動せざるをえないです! 実はそれほどパーツ数がかさんだりややこしい構成だったりはしないんですが、シールでなくパーツで色分けされているところに大きな親切さを感じます
 
 だ が し か し 。

 ビーム・ライフル、ニュー・ハイパー・バズーカは悲しい結果に・・・ モナカ割りはHGUCでは仕方ないのでともかく、単色、ましてや的外れな色に疑問を抱きます。設定では白+シルバーなので、黒鉄色ではないのです。

 な ぜ 黒 鉄 色 に し た ?

 そこは白にしてほしかったです。というか黒鉄→白の塗装が厳しいです。エアブラシを使えば問題ないですが、筆でのその塗装は白の隠ぺい力の関係で難易度が高く容易くできるものでないので、できれば勘弁してほしかったところ。

 ぜ ひ 白 で お 願 い し た か っ た 。

IMGP8170
 とりあえず装備させ、アクションベースで飛ばしてみました。やはりHi-νは滞空が似合います!

IMGP8172IMGP8174
 優秀な可動範囲により、ポージングの自由度が高いです。

IMGP8175IMGP8177
 ビーム・サーベルを直接抜かせることも可能でした。これを利用したポージングを今までしたことがなかったのを思い出しましたので、撮影会時には活用していきたいですね。

 では今回はこのあたりで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その8

F1000016
 最近よく空を携帯にて撮影しています。やはり空は綺麗です。結構な数の撮りだめがありますので、こうして記事の最初に一枚貼り付けることにしました。いつか凄く綺麗な空の写真を撮影したいものです。

 では本題です。

IMGP8152
 フィン・ファンネル構成パーツ郡です(ついでにビーム・サーベルもあります)。

IMGP8153
 パーツ節約か、完全変形できるフィン・ファンネルは左右一基ずつ合計二基、変形できない固定のフィン・ファンネル二基セットが左右1セットずつ合計2セット。

IMGP8154IMGP8155
 こちら、セットになっているほうは可動ポイントがなく、まったくの固定となっていました。白いパーツに青いパーツをくっつけただけの単純構成でした。

IMGP8156
 こちらは可動式。一基で8パーツ使用します。

IMGP8157IMGP8158
 IMGP8159IMGP8160
 フィン状態、戦闘形態が再現可能です。

IMGP8161IMGP8162
 取り付けました。

IMGP8163IMGP8164
IMGP8165
 あっさりしていた本体に大きな翼が与えられました。一気に巨大感がプラスされましたね。ちなみにこの状態では若干自立が難しくなります。私のキットの場合では、膝と腰がやられてしまいます。

 では今回はこのあたりで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その7

F1000018
 ツバメはすでに巣立ってしまいました。写真は一番最後に私が携帯で撮影したものです。巣立ってしまう前数日はずっと睨まれっぱなしでちょっと怖かったです(笑) 来年も来てくれると嬉しいのですが・・・。

 さて本題です。

IMGP8140
 バックパックとプロペラントタンク構成パーツ郡です(ポリキャップが二つ不足していることは内緒です)。

IMGP8141
 こちらが組んだ状態です。

 バックパックはともかく、プロペラントタンクの真っ白な点が少し気にかかるところ。設定では、根元(本体との接続部付近)リング状ディテールの色はカッパー、つまり銅色なのでぜひとも部分塗装が欲しいところです。それと先端(写真では下部)にあるサブスラスター四基(左右合計八基)も真っ白では目立たないので部分塗装が欲しいところ。できれば、スラスターであるはずなのに穴がないのでそれも追加したいですね。

IMGP8143IMGP8145
 本体に装着しました。

 背面の印象ががらりと変わったかと思います。完成間近です。

IMGP8146
 バックショット。

 フィン・ファンネルが装着されていなければ、バックパック裏がスカスカで目立ちます。フィン・ファンネルは次回、組み立てます。

IMGP8147IMGP8148
 バックパックがフレキシブルに可動。

 ここは二重間接になっています。本体側で左右、バックパック側で上下を管理。上下左右に動かしてもポリキャップが露出しない点にとても親切さを感じます。

IMGP8149IMGP8150
IMGP8151
 プロペラントタンクもフレキシブルに可動。

 こちらはボールジョイントひとつで可動を管理していました。若干動きの不安定な感じがしましたが、問題というほどでもなさそうです。プロペラントタンクはやはり目立ちます。

 では今回はこのあたりで。またね。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その6

レポートなんて早めに終わらせてその後は気軽に過ごすぜ!

だが家に帰ると無気力状態に。

なんだかんだで遊ぶ。

レポートに少し手をつけるもすぐに集中が切れる。

まだ提出まで時間あるからいいか・・・。

締め切り日が近づいてきて焦る。←今ここ。

結局提出は締め切り日のギリギリになる。

 このパターンは夏休みの宿題を思い出します。最後の一日に必死こいて涙目になりながら宿題を終わらせた記憶があるんですよ。あの頃も夏休みの最初には必ず「すぐ終わらせて後は遊ぶぜ!」と思っていたものです。今思うと全く成長してないです。期限に遅れたことはありませんが,私の変えていきたい一部分です。

 では本題です。

IMGP8060
 腰部構成パーツ郡です。もはや王道というべきこれらパーツ構成は,HGUC初期段階でのレベルの高さが窺えます。細かく刻まれた多くのディテールを生かすためには,スミイレや部分塗装が必須,重要となるでしょう。

IMGP8061
 フロントアーマーは中央を切り離せば独立可動式になります。ニッパーで切断した後,綺麗な球体になるようニッパーやデザインナイフなどで整えてやりました。

IMGP8062IMGP8063
IMGP8064IMGP8065
 腰部の完成です。νよりも各アーマーが大型化・精密化されています。特にサイドアーマーは,νの物足りなくかつ地味だったそれよりも二倍以上の長さになり迫力・動きが増した印象です。

IMGP8066IMGP8067
IMGP8068
 各部可動範囲です。フロントアーマーは切り離したおかげで独立可動します。サイドアーマーももちろんながら動きました。しかしリアアーマーはνガンダム同じく固定式で,ポージングによっては可動の邪魔になりそうで心配です。νガンダムのときはこれを可動式にして成功しているのですが,今回は手を加えるか否かを考え中。

IMGP8069IMGP8070
IMGP8071IMGP8072
 これで全身の完成です。νのときはスマートな印象を受けましたが,こちらのHi-νからは力強さを感じます。

IMGP8073
 膝立てはやはり無理がありました。これを標準でできる時代が来ることを期待しております。

IMGP8075IMGP8076
 股部にはポリキャップが仕込まれているのでアクションベースを使用し飾ることが可能です。特にHi-νは宇宙戦用なのでポージングにアクションベースはぜひ使用したいところですね。

 次回はバックパック類の組み立てとなります。では,ばいばい。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その5

 まずは訂正です。購入した原付ですが,前回ライブディオZXとご紹介してしまいましたが,それは誤りで,正しくはスーパーディオZXでした。疎い私の勘違いでした。
 原付が手元に来ました。私は早速友人とともに練習をかねて走り回りました。とても楽しいです! ちょいとひねればチャリより速いし何より快適。でも同時に不安になりました。あまりにも軽すぎます! もし何かが飛び出してきたりなんてしたらもう・・・そんなことを考えると,とても悠長に運転できません。やはり私はまだ自転車に頼るのでしょうか・・・。

 では本題です。

IMGP8041
 足首構成パーツ郡です。

IMGP8042IMGP8043
IMGP8044
 足首の完成です。νのものよりも角ばっていて,スマートな印象です。かかとの色分けが再現されているのとディテールが多く綺麗なのが嬉しいところ。νのときにはあったくるぶし部分が独立可動するような機構はなくなっていますが,それほど効果のあったものでもなかったのでOKでしょう。

IMGP8045
 脛部構成パーツ郡です。

IMGP8046
 途中まで組み立てた状態です。足首との接続部は今流行(?)の可動式となっていました。これにより足首の可動範囲がボールジョイントだけのものと比べ大幅に広がっています。

IMGP8047IMGP8048
 さらに途中まで組み立てた状態です。他の全てを組み立ててから前カバーをつけるという面白い機構となっていました。

IMGP8049IMGP8050
IMGP8051
 脛部の完成です。立体感のある形状と合わせ目の発生しない機構,さらに膝アーマー裏がしっかりカバーされているという高い充実度。普通見えないところにも多くのディテールが。色の塗りわけもほぼ完璧です。

IMGP8052
 こちらはふともも構成パーツ郡です。

IMGP8053IMGP8054
 ふとももの完成です。ふとももには今流行(?)の付け根可動は採用されていませんでした。それらしい部分(ボールジョイントポリキャップが露出しているところあたりの,球の形をしたところ)はあるのに省略されてしまっているのが残念! しかし機構の難しさやパーツ数を考えるとそれは妥当であるのでしょうか。機構だけ見れば古いHGUC。

IMGP8055IMGP8056
 脚部の完成です。

IMGP8057
 可動範囲です。膝は二重間接により大きな可動範囲が得られています。足首は,左右にはよく動きましたが前後には多少のみでした。しかし左右のその優秀さにより,接地感は素晴らしいものでした。脚部裏側(写真では右側)の隠れた小型バーニアをカバーしている装甲はνのときのように動かず,固定でした。下から覗き込む方法でしか確認することは難しいでしょう。

IMGP8059
 次回はついに人型となります。では,ばいばい。

HGUC Hi-νガンダム【ハイニューガンダム】その4

 原付買いました。今までずっと自転車でしたので,初めての「エンジン付きである乗り物」を所持したことになります。つい最近まで「原付かぁー・・・でもチャリあるから必要ないよねー」なんて思っていましたが,今では,買ってしまったということもありますし,早く乗りたくて仕方ありません。
 あ,ちなみに登録(?)なんかがあるらしく,引渡しは月曜日の昼以降になるとか。楽しみです。購入した車種はライブディオZXの初期型と友人が言っていました。安さとかっこよさで選んだのですが,防犯には気をつけろと言われなんだか今から不安だったりします。

 では本題です。

IMGP8018IMGP8019
 腕部,肘から上の構成パーツ郡です。青いパーツが別撮りなのはただの撮り忘れのためです(笑) 詳しくご紹介させていただきます。

IMGP8020
 左が中途,右が完成状態です。
 HGUC「νガンダム」では,
1.ショルダーアーマー部分
2.ポリキャップが挟み込まれている黒鉄の球体部分
は別構成となっており,胴体に装着する際は,それぞれ順に接続する方法をとっていました(参考:HGUCνガンダムその3)。これは,後ハメ加工を不必要とするための処置だったと私は考えます。
 一方,
 HGUC「Hi-νガンダム」では,ポリキャップが挟み込まれている黒鉄の球体部分を"挟み込むようにして"ショルダーアーマー部分のパーツを接続する方法がとられていました。この構成の違いによるメリット/デメリットはどこか・・・。
 Hi-νのほうでは,パーツ数が一つ少ないです。νのほうは,ショルダー自体が肩(胴体側)から出ている棒に通すための穴を必要とされるので,そのためのパーツが一つ要求されます。νのほうは,穴に通しているだけなので若干不安定です。しかしHi-νのほうでは,黒鉄球に完全固定されているので安定しています。νのほうは,別構成となっているので塗装の際に分けて管理できます。しかしHi-νのほうでは,一体型なのでショルダーと腕部を分離できず場合によっては後ハメ加工が必要となってしまいます。
 どちらも一長一短のように書きましたが,厄介なのは圧倒的にHi-νのほうです。例えば黒鉄球の部分を塗装するには,ショルダーアーマーを分解せねばなりません。もしショルダーアーマーがなんらかの要因で分解が難しい場合,後ハメ加工が必要となってきてしまいます。その点でνは別構成なので,後ハメ加工の必要が一切無いのです。デメリットは,どれも無視できるレベルだと思います。
 私は,νの構成のままであってほしかったです。

IMGP8021
 合わせ目は写真のようにディテール化され,目立たない構成となっていました。

IMGP8022
 腕部,肘から下の構成パーツ郡です。

IMGP8023
 左右の腕は対称でなく,νガンダム同じく違う構成となっていました。左腕のほうにのみ出っ張りがあり。

IMGP8024IMGP8025
 左右で形状が全然違ってきました。左腕のみにあった出っ張りは,シールドを固定するためのもののようです。

IMGP8026IMGP8027
IMGP8028IMGP8029
 腕部,肘から下の完成です。右腕のほう,黒鉄色のパーツですが,どうやらマシンガンのようです。先っぽにあるのは銃口で,肘あたりの四角いやつは弾倉だそうな。左腕先端の白い出っ張りはビーム・サーベル・ラックのようですが,その機構はこのキットでは再現されていませんでした。HGUCの制限をクリアするためにオミットされてしまった悲しい箇所,でしょうか。

IMGP8030IMGP8031
IMGP8032IMGP8033
 手首の可動です。

IMGP8034
 腕部の完成です。

IMGP8035IMGP8036
 上半身の完成です。とても怖マッチョです! νに比べてもだいぶいかつい顔をしておられると思います。それに体格もだいぶよろしいです。でもそこに惚れます! ただ胴体が,
(_ _)
 )□(
と,
人の顔に見えて仕方ないのが残念です(笑)

IMGP8037
 腕は肩(胴体側)の可動があるおかげで写真にあるくらいまで上げることができました。優秀。

IMGP8038
 肘の可動範囲は90度強,標準よりやや良。ポージングには支障ありません。が,もしかしたら背中のビーム・サーベル・ラックには手が届かないかもしれないですね。そうなら残念,何か策があれば良いのですが,この構成の間接は可動範囲を広げることが難しいので・・・どうなるやら。

 では今回はこのへんで。次回は脚部です。ばいばい。

IMGP8040
 おまけ。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング