ガンプラ ハイグレード!@

機動新世紀ガンダムX

HGAW163 ガンダムDX[05]

ガンダムビルドファイターズ公式無料配信
(最新話が1週間無料で見放題!)
 
ガンダムビルドファイターズ公式サイト「http://gundam-bf.net/
バンダイチャンネル「http://www.b-ch.com/
バンダイチャンネルならスマートフォンでも視聴可能!
 
R0015741
 
 HGAW163(1/144スケール)「ガンダムダブルエックス」の最終回です! 

R0015751
 
 ガンダムマーカースミいれ用ブラックでスミいれをおこないました。

R0015753
 
 専用バスターライフルの灰色は「ニュートラルグレー」+「ブラック」を使用。靴先の足りない黄色には「MSイエロー」を使用しました。エネルギーラジエータープレートは「ガンダムマーカーゴールド」を塗料皿に出して筆で塗りました。ガンダムマーカーゴールドの優秀さはもはや異常です!

R0015755
R0015756
 
 ということで、ひじょうにあっさりですが完成となります!

R0015757
R0015760
 
 さすが、よく動きます!

R0015763
R0015767
 
 最新のキットなだけあってクオリティは折り紙つきです。プロポーションよし、可動範囲よし、そしてこのキットにはなにより迫力があります! 

R0015768
R0015771
 
 ツインサテライトキャノン! ド迫力です! さらにド派手! これは飾りたくなります。付属のシールも良い感じに光りますので好きです。ということで、HGガンダムDXでした。次回はなんとガンダムすら関係ない……!?
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
HG 1/144 ガンダムX 魔王
HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス
HGAW 1/144 ガンダムXディバイダー
HGAW 1/144 ガンダムエックス
1/100 Gファルコン
 

HGAW163 ガンダムDX[04]

ガンダムビルドファイターズ公式無料配信
(最新話が1週間無料で見放題!)
 
ガンダムビルドファイターズ公式サイト「http://gundam-bf.net/
バンダイチャンネル「http://www.b-ch.com/
バンダイチャンネルならスマートフォンでも視聴可能!
 
R0015725
 
 HGAW163(1/144スケール)「ガンダムダブルエックス」の続きです! 今回ですべての組み立てが完了。真っ白な専用バスターライフルにはシールが付属しているものの、それでもまだ微妙に色が足らず……。

R0015726
 
 シールを貼りました。表面がぶつぶつなので金で塗装すれば良い出来栄えになるでしょうが、シールの光沢もまた良いものです。しかしシールを貼った場合、下地がぶつぶつなので、力を加えてしまうとシールが凹んでしまう危険性があります。シールを貼ったあとは、取り扱いに注意しましょう!

R0015727
R0015728
 
 ついに完成です! こりゃ素晴らしいカッコよさですね。全体のバランスが特に秀逸かと思われます。ガンダムダブルエックスはこう見えて17mと初代より1m背の低い小型のMSですが、とても迫力のある見映えです。多少、シールを貼っても色が足りないという点が気になりますが……うーん、惜しい。

R0015729
R0015732
 
 可動範囲は折り紙つき! さまざまなポージングが容易く実現できてしまいます。共通関節の出来は本当に素晴らしいものです。

R0015738
R0015740
 
 今キットの目玉、ツインサテライトキャノンの発射ポーズ! ひゃー! すげー! カッコイイー! 大迫力ー! いや、本当に迫力があり、見映えは抜群。HGシリーズの中でも、これほど存在感のあるキットは珍しいでしょう。リフレクターに貼ったシールもかなり良い感じですね。いや実に、実に素晴らしい……。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
HG 1/144 ガンダムX 魔王
HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス
HGAW 1/144 ガンダムXディバイダー
HGAW 1/144 ガンダムエックス
1/100 Gファルコン
 

HGAW163 ガンダムDX[03]

ガンダムビルドファイターズ公式無料配信
(最新話が1週間無料で見放題!)
 
ガンダムビルドファイターズ公式サイト「http://gundam-bf.net/
バンダイチャンネル「http://www.b-ch.com/
バンダイチャンネルならスマートフォンでも視聴可能!
 
R0015714
R0015715
 
 HGAW163(1/144スケール)「ガンダムダブルエックス」の続きです! 腰部とツインサテライトキャノンを組み立てました。ツインサテライトキャノンは伸ばすと結構な長さがあります。発射ポーズが楽しみですね! 腰部の構造はもちろん、ビルドストライク、ウイングガンダムと共通。

R0015716
R0015717
 
 ついに大地に立ちました! 今風のスタイルでとてもスマートなダブルエックスですね。濃い紺といい、ヒゲといい、体格といい、ガンダムの主人公機としては珍しいタイプではないでしょうか。好みが分かれる?

R0015718
 
 接地は優秀でした。肘、腰、膝、足首、股、どこをとっても優秀なテンプレートですね。肩は動かすとすぐスッポ抜けるのをどうにかしてほしいところですが……。

R0015721
 
 肩アーマーがとても大きいです。

R0015724
 
 今や当然となりましたが、もちろんアクションベースに対応しています。そういえばビルドファイターズ版のアクションベース「HG BUILD CUSTOM GPベース」が発売されますね。こちら、ぜひ手に入れたいと思います!
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
HG 1/144 ガンダムX 魔王
HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス
HGAW 1/144 ガンダムXディバイダー
HGAW 1/144 ガンダムエックス
1/100 Gファルコン
 

HGAW163 ガンダムDX[02]

ガンダムビルドファイターズ公式無料配信
(最新話が1週間無料で見放題!)
 
ガンダムビルドファイターズ公式サイト「http://gundam-bf.net/
バンダイチャンネル「http://www.b-ch.com/
バンダイチャンネルならスマートフォンでも視聴可能!
 
R0015702
 
 HGAW163(1/144スケール)「ガンダムダブルエックス」の続きです。まずは腕部。肩がボールジョイントだったり、肘が3パーツでの二重関節だったり、基本的な構造は、ビルドストライク、ウイングガンダムと同じですね。

R0015704
 
 肘の可動の素晴らしさはもはやご周知の通り! 肩から出る大型センサーはツインサテライトキャノンを固定します。エネルギーラジエータープレートは指で展開させますが、小さいので、爪楊枝を使うといいでしょう。

R0015709
R0015710
 
 肩が大きいですね。力強い印象を受けます。

R0015711
 
 脚部です。こちらも基本的な構造は、ビルドストライク、ウイングガンダムと同じでした。靴先の……補助ブースタ?は黄色であるべきなのですが、シールも付属しておらず、部分塗装が必須となっています。

R0015712
 
 こちらのエネルギーラジエータープレートは大きいので指でも簡単に展開できました。折りたたんだ状態でもエネルギーラジエータープレートがかなり露出していますね。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
HG 1/144 ガンダムX 魔王
HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス
HGAW 1/144 ガンダムXディバイダー
HGAW 1/144 ガンダムエックス
1/100 Gファルコン
 

HGAW163 ガンダムDX[01]

ガンダムビルドファイターズ公式無料配信
(最新話が1週間無料で見放題!)
 
ガンダムビルドファイターズ公式サイト「http://gundam-bf.net/
バンダイチャンネル「http://www.b-ch.com/
バンダイチャンネルならスマートフォンでも視聴可能!
 
R0015689
 
 HGAW163(1/144スケール)「ガンダムダブルエックス」です。写真右上には「1,430円」というシールが貼られていますが、レジを通すと1,225円でした。今回もサクサクッと仕上げてしまいましょう!

R0015692
 
 今回から試験的にホワイトボードを使用していきます。しかし、ホワイトボードを使おうと思い立ったのはいいものの、実際使ってみると有効な活用法が定まりませんでした。せっかくですから、より良い活用法を試行錯誤していくつもりです。

R0015693
R0015694
 
 付属の銀のシールを貼ってみましたが、正面だけで、横はカバーされませんでした。せっかくなのですから、こんなところをケチらなくてもいいのに、とは思います。

R0015695
 
 フェイスパーツはとても珍しい構成でした。最後にフェイスパーツを装着するタイプはなかなかありません。さらにヒゲが生えているのですから面白いものです。

R0015696
R0015698
 
 そういえばダブルエックスをよく見たのは初めてかもしれません。正面はなんとなく記憶にありますが、バックパックなど、「こんな形してたんだなぁー」と思いました。

R0015699
 
 首の可動は、左右には動きますが、上方向にはほとんど動きませんでした。襟首が邪魔ですね。デザイン上、仕方ないというところでしょうか。可動を優先させるなら、襟首は多少切断してしまっても構わないでしょう。
 
Amazon.co.jp
 
[関連商品]
HG 1/144 ガンダムX 魔王
HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス
HGAW 1/144 ガンダムXディバイダー
HGAW 1/144 ガンダムエックス
1/100 Gファルコン
 

HGAW ガンダムXその11

 今回はHGAW「ガンダムX」最終回、撮影会です。その11にも続いたHGAW「ガンダムX」シリーズもついに完結! 撮影枚数は84枚。撮影時間は1時間20分。力、入ってます! 少しでも楽しんでいただけたら幸いです。ごゆっくりと。

RIMG0141RIMG0142
 装備無しの素立ち。今回のガンダムXは、改修無し、部分塗装仕様です。いわゆる、イージーフィニッシュというやつですね。スミイレは、エナメルの流し込みにておこないました。使用した塗料は、フラットブラックです。

RIMG0143RIMG0144
 ライフル装備の素立ち。部分塗装に使用した塗料は、「つや消しブラック」「つや消しブラック+ニュートラルグレー」「ガンダムマーカーメッキシルバー」「ガンダムマーカーゴールド」の4種類です。設定にないところにも少しオリジナルで部分塗装をおこなっています。

RIMG0145RIMG0151
RIMG0152RIMG0155
 シールドバスターライフルでの空中ポージング。空中ポージングにはアクションベース1(黒)を使用しました。ガンダムXとの接続は、毎度お馴染みの棒をさすだけのタイプです。

RIMG0160RIMG0167
RIMG0172RIMG0178
 ビームソードでの空中ポージング。各部に、ラピーテープを使用しています。ラピーテープを使用した箇所は、「メインカメラ」「後部カメラ」「眼」「ショルダーバルカンのセンサー」「サテライトキャノンのセンサー」「シールドバスターライフルのセンサー」の6箇所。

RIMG0179RIMG0180
RIMG0181RIMG0182
 ホバーリングモードです。リフレクターには、本来ならぜひとも塗装で再現したかったものの失敗しましたので、付属のシールを使用しました。ただ写真をご覧の通り、付属のシールも素晴らしいものです。

RIMG0184RIMG0185
 ショルダーバルカンです。トップコートにはつや消しクリアーを使用しました。ちなみに、使用したすべての塗料は「水性ホビーカラー」です。だって他は・・・ねぇ。「水性ホビーカラー」は、本当に扱い易いです。

RIMG0196RIMG0199
RIMG0204RIMG0209
 サテライトキャノンです。写真の通り、胸部ガイドレーザー受信機にはLEDを仕込んでいます。電源は外付け。腰部あたりにマスキングテープで固定してあるボタン電池がチラッと見えています。気にしなければ問題ない!

RIMG0219RIMG0221
RIMG0222RIMG0225
 HGAW「ガンダムX」の感想です。とにかくカッコいい! かなり「今風」です。可動範囲も、驚くほどいいということはないものの、文句なし! ポージングを楽しむことができました。ただデジカメに慣れていないせいで、写りが少し微妙なのが残念なところ。次回の撮影会までには最適の設定を見つけておきたいですね。

 ということで、HGAW「ガンダムX」最終回、撮影会でした。次回はHGUC「ザク2F2型【ジオン軍仕様】」です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HGAW ガンダムXその10

 今回はHGAW「ガンダムX」LEDへの変更と、リフレクターの塗装実験です。

RIMG0114RIMG0115
RIMG0116RIMG0117
 LEDへの変更です。左上の写真→いつもの状況。右上の写真→スタンドライトを消した状況。左下の写真→部屋の電気も消した状況。すべての状況下において、LEDは麦球よりもはるかに強力な光を放っていることが確認できるかと思います。これが、LEDの力、ですね。

RIMG0118RIMG0119
 電源はボタン電池です。その8で作った穴をそのまま利用しています。接続は、写真のように、ただひっかけているだけ。宙ぶらりんです。本当はもっと作り込もうと思ったのですが(スイッチなど)、「どうせ写真撮るだけだしいいんじゃね?」という悪魔の囁きが私を納得させました(笑)

RIMG0120RIMG0121
 リフレクターの塗装実験です。写真の左から、下地を黒鉄色としたメッキシルバー、そのメッキシルバーの上にスモークブルーを塗装したもの、付属のホログラムシールをそのまま貼り付けたもの、です。付属のホログラムシールは、もともとからつや消しクリアーを吹いたような感じで(ホログラムシールの特性?)、輝きの点では、素のメッキシルバーのほうが明らかに綺麗。

RIMG0122RIMG0123
 右の写真、左から、スモークブルー、素のメッキシルバーのやつにクリアーブルーでスミイレしたもの、付属のシール、何もしていないもの、です。スモークブルーで塗装したものよりも、クリアーブルーでスミイレしたもののほうが私の理想に近かったです。しかし、エアブラシに慣れていないせいかダマがよくできてしまい、塗装失敗! ということで、結局付属のシールを貼ることに・・・。これは悔しい。これからは練習をかねて、エアブラシをよく使っていこうと思います。まだ、早かったのだ・・・!

RIMG0125RIMG0133
 ホログラムシールを貼って、LEDを光らせ、再び2枚ほど撮影をおこないました。リフレクターの塗装には失敗しましたが、LEDのほうが成功しているので、まぁ今回は良しとしましょう。

RIMG0137RIMG0139
 さぁ次回はついに撮影会です。つや消しクリアーでトップコートをするため、赤で囲んでいる部分にマスキングをおこなっています。ラピーテープの上につや消しクリアーを吹いてしまうのは、輝きがもったいないですからね。やはりマスキングを。

 ということで、HGAW「ガンダムX」LEDへの変更と、リフレクターの塗装実験でした。次回は撮影会です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HGAW ガンダムXその9

 今回はHGAW「ガンダムX」部分塗装です。

RIMG0095RIMG0096
 部分塗装の完了した状態です。

RIMG0097_editRIMG0104_edit
 赤丸部分には、お馴染み、ラピーテープ(緑)を貼っています。ラピーテープの切り出しは付属のシールの形を参考におこないました。緑丸部分はガンダムマーカーゴールドです。少し豪華にしてもいいかなと思い、この色を入れてみました。いかがでしょうか。ちょっとしたアクセントです。

RIMG0106_editRIMG0107_edit
 左の写真の赤丸部分はガンダムマーカーメッキシルバーを使った部分塗装箇所です。右の写真の赤丸部分には付属のシールを貼りつけています。右の写真の緑丸部分にはいつも通りの「アーマー裏黒塗り作業」をおこないました。

RIMG0110RIMG0111
RIMG0112RIMG0113
 デジカメの設定をさらに良く調節するため、少しポージングをさせ、テストショットをおこないました。かなり設定が落ち着いてきたかと思います。この調子だと撮影会までには最適の設定を見つけることができそう、かな?

 ということで、HGAW「ガンダムX」でした。今後の予定は、その10"LEDへの変更と、リフレクターの実験"、その11"撮影会"です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HGAW ガンダムXその8

 今回はHGAW「ガンダムX」麦球の仕込み作業です。

RIMG0081
 「HGAW ガンダムXその1」で既に紹介済みですが、HGAW「ガンダムX」と共にグリーンの麦球を購入していました。今回はそれを胸部ガイドレーザー受信機の奥へ仕込みます。

RIMG0082RIMG0084
 仕込み方は、写真の通りです。まず、胸部ガイドレーザー受信機の奥をくり貫き(使用工具:ピンバイス、ニッパー、デザインナイフ)、そこへ麦球をセットしています(左の写真、赤丸部分)。配線は、とりあえずバックパックと胴体の間から逃がしました(左の写真、緑丸部分)。電源には、ボタン電池を使用(右の写真、赤丸部分)。

RIMG0085_edit
 実際に光らせてみた様子です。左から、1.いつもの状況、2.照明を消した状況、3.さらに手で影をつくった状況、4.部屋の電気も消した状況です。1の状況ではほぼ光っていないに等しいですね。肉眼でも同じです。2、3でやっと光っていることを確認できます。4は理想的な光ですが、照明を完全に落とした状況という条件となるので扱いが難しく思えます。

 結論は、麦球では光が弱く胸部ガイドレーザー受信機には不適切である、といったところでしょうか。光り方はとても好きなんですけどね。私の使用している照明に完敗してしまっています。ということで、LEDを採用することとしました。LEDは、その10で仕込みます。

RIMG0093
 ところで、現在デジカメの設定と激戦中です。なかなか最適の設定を見つけることができません。写真は、現状で一番良いと思う設定です。まだまだ研究が必要そうですね。

RIMG0094
 ということで、HGAW「ガンダムX」麦球の仕込み作業でした。今後の予定は、その9"部分塗装"、その10"LEDへの変更と、リフレクターの実験"、その11"撮影会"です。お楽しみに! またね、ばいばい。

HGAW ガンダムXその7

 今回はHGAW「ガンダムX」武装の組立です。

RIMG0033RIMG0034
 使用するパーツ群です。シールドバスターライフルはライフル形態とシールド形態の2種類が別々で再現されていました。しかしこれだけのパーツ数があれば完全なシールドバスターライフルの再現も可能だったのではないか、と、素人意見を出してみましたが、はたしてどうだったのでしょうか。

RIMG0035
 武装の組立を完了させた状態です。本来ならシールド部分に黒いラインがあり、このキットにおいてそれはシールにて再現されているのですが、部分塗装をしますので今はこのまま放っておきます。

RIMG0037RIMG0038
RIMG0041RIMG0042
 さて武装が完成したということで、アクションベース1を使い、少しポージングをおこなってみました。写りが悪いのは、スルーをお願いします。次回には改善します。さて動かしてみた感想ですが、各部の可動範囲、特に素晴らしいということはなかったですけれど、安定して動かしやすかったです。さまざまなポージングが楽しめそう。

RIMG0078RIMG0080
 サテライトキャノンを構えさせてみました。構えさせるにはリフレクターを4枚すべて抜き差ししなければならないなどそこそこ面倒ですが、やはりガンダムX最大の特徴ですから、やっておきたいですよね。リフレクターが輝けば、きっと綺麗でしょう。

 ということで、HGAW「ガンダムX」武装の組立でした。今後の予定は、その8"麦球の仕込み作業"、その9"部分塗装"、その10"LEDへの変更と、リフレクターの実験"、その11"撮影会"です。お楽しみに! またね、ばいばい。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング