ガンプラ ハイグレード!@

機動武闘伝Gガンダム

SD ゴッドガンダムその11

 今回はSD「ゴッドガンダム」撮影会です。

image9
01

image11
02

image8
03

image6
04

 この記事は省略されています。全文を表示するには「続きを読む」をクリックしてください。続きを読む

SD ゴッドガンダムその10

 今回はSD「ゴッドガンダム」仕上げです。

image
01

image1
02

 改修点は「足首の可動範囲拡大」「首の可動範囲拡大」「肩の可動範囲拡大」の3つ。塗装はすべてで、付属のシールはすべて使用しています。また、付属のマーキングシールも貼り付けています。トップコートはおこなっていません。カラーレシピは以下の通り。
 
→ニュートラルグレー
→ホワイト
→RLM04 イエロー
→インディーブルー
→エナメルブラック
 
 途中で私のずいぶん長いお休みもあり製作開始からぼちぼちの時間が経過していますが、なんとかこれにて完成です。ということで、SD「ゴッドガンダム」仕上げでした。次回は撮影会です。お楽しみに! またね、ばいばい。

SD ゴッドガンダムその9

 デウス流簡単筆塗り講座。筆を直接瓶に入れます。混ぜます。濃度が濃いようなら溶液を入れます。薄いようならあきらめます。瓶の口で適度に筆についた塗料を落とします。塗ります。必ず2回以上塗り重ねます。1回目がなら2回目は、1回目がなら1回目はの方向に塗り、3回目以降もさらにそれを繰り返します。筆塗りでの隠蔽力の高い塗料(ニュートラルグレーなど)なら2回で十分ですが、筆塗りでの隠蔽力の低い塗料(ホワイトなど)なら6回ほどは塗り重ねます。塗料がハミ出てしまったところはデザインナイフで削り消します。終わり。今回はSD「ゴッドガンダム」部分塗装その2です。

image
01

 今回の塗装で苦労したところは、やはりです。白は、マシンキャノンのカバーと、ビームサーベルとマニピュレータが合体しているパーツのビームサーベルグリップ部の2箇所。前者は範囲が広くて筆ムラがなかなか消えず、後者はグリップとマニピュレータが複雑に重なり塗り分けがひじょうに大変で、大苦戦でした。

image2
02

image1
03

 付属のシールは剥がさず全てそのまま貼っています。残る作業は、スミイレマーキングシール貼り、この2つです。エアブラシを封印していますので、もともとスプレーも使わない私ですからトップコートはしません。ディテールが多いのでスミイレをすればかなり印象が変わることと思います。自らで期待。

image4
04

image3
05

 股部にはピンバイスで穴を開けてアクションベースに対応させています。ということで、SD「ゴッドガンダム」部分塗装その2でした。次回は仕上げです。お楽しみに! またね、ばいばい。
 
amazon「SDガンダム BB戦士 ゴッドガンダム&ウイングガンダムゼロカスタム (BB戦士)

SD ゴッドガンダムその8

 今回のSD「ゴッドガンダム」の塗装は久しぶりにエアブラシ封印でいきたいと思います。つまり筆のみを使った部分塗装ということですね。最近はエアブラシをよく使用していたので良い気分転換になるかもしれないと提案しました。甘かったです。今回はSD「ゴッドガンダム」部分塗装その1です。

image3
01

 筆塗りは特に白の塗装で悩まされます。首の横にあるマシンキャノンのカバーで「青→白」の塗装が必要なのですが、これに大苦戦。「ニュートラルグレー→ホワイト」の順に筆塗りをおこなっているのですが、ホワイトを3度ほど塗り重ねてもまだ良い塗面にすることができないんですよね。エアブラシならひょいと1吹きで完了しますので、白塗装だけはエアブラシを使用したほうがマスキングの手間を考えても正解だったかもしれません。ここまできたらエアブラシ封印を完遂してやりますけどね。
 
→ニュートラルグレー
→ホワイト
→RLM04 イエロー
→インディーブルー
→エナメルブラック
 
 ということで、SD「ゴッドガンダム」部分塗装その1でした。次回は部分塗装その2です。お楽しみに! またね、ばいばい。

SD ゴッドガンダムその7

 久しぶりの更新となってしまいました。更新のない間、新しい記事を楽しみにご来訪してくださっていてくれていた方々には本当に申し訳なく思います。これも全ては奴のせいなんだ!(誰だよ!) 今回はSD「ゴッドガンダム」改修その2です。

1
01

 改修その1では「首の可動範囲拡大」「足首の可動範囲拡大」をおこないましたが、改修その2では「肩の可動範囲拡大」をご紹介します。
 
 写真のように、組み立てたそのままでは腕を真横にあげることができませんでした。これは、ゴッドフィンガーに限らず、ポージングに大きな悪影響を与えます。そこで、構造を考慮した結果、私はポリキャップとプラ棒を使用したスペーサーを製作しました。これを挟むことにより、腕を真横にあげることが可能になります。また、着け外し自由ですので、必要のないときはこのスペーサーは取り外し、違和感を出しません。
 
amazon「楽しい工作シリーズ No.133 プラ材3mm丸棒10本入(70133)
amazon「瞬間接着剤 ×3G 高強度タイプ (2g 3本入り)

2
02

3
03

 ゴッドフィンガーを真っ直ぐ横に出すことができたということも大きな効果ですが、私は左腕をよく動かせるようになっているというほうがポージングとして効果が大きいと感じています。さてこれで私が不満に感じた可動範囲の改修は以上です。次回は部分塗装! ということで、SD「ゴッドガンダム」改修その2でした。次回は部分塗装です。お楽しみに! またね、ばいばい。
 
amazon「SDガンダム BB戦士 ゴッドガンダム&ウイングガンダムゼロカスタム (BB戦士)

SD ゴッドガンダムその6

 最近、私はamazonギフトの便利さに気づきました。amazonで買い物をしているとたまにマーケットプレイスがなんたらで「クレジットカードでしか払えない!」という場合があるんですよね。私はクレジットカードを持っていませんのでそういうものはあきらめていたのですが、どうやらamazonギフトを使えばどんな商品でもそれで支払えるようで、なんとも便利。コンビニへ注文の度に行く必要も代引きのため靴箱の上に現金を置いておく必要もないので、ついついポチポチしまくりです。いい世の中になりましたね。今回はSD「ゴッドガンダム」改修その1です。

image
01

 首の改修です。もともとあったボールジョイントは撤去し、WAVEの「オプションシステム シリーズ BJ-05 (ボールジョイント 5mm)」の1種を加工してハメ込みました。それに合わせ頭部側のポリキャップを「ボールジョイント受け」から「棒穴」に変更しています。この改修により、ボールジョイントによる棒の角度棒の抜き加減の2つの要素によってさまざまな表情をつけることができるようになりました。
 
amazon「オプションシステム シリーズ BJ-05 (ボールジョイント 5mm)

image1
02

 足首の改修です。雑です。本当は装甲を取り外し可能にして違和感をなくす作戦だったのですが妖怪「まあいいか」が現れて私に呪いをかけていきました。なんとおそろしい! ということで、装甲は排除したままです。てへぺろ★

image2
03

image3
04

 改修の効果がよくわかりそうなポージングをさせてみました。ということで、SD「ゴッドガンダム」改修その1でした。次回は改修その2です。お楽しみに! またね、ばいばい。
 
amazon「amazonギフト券紹介ページ
amazon「SDガンダム BB戦士 ゴッドガンダム&ウイングガンダムゼロカスタム (BB戦士)

SD ゴッドガンダムその5

 今回はSD「ゴッドガンダム」素組みの完成です。

1
01

2
02

 なるほど、これはカッコイイですね。正直SDのことをナめていましたがこれは考えを改めざるをえません。むしろ好みです。ただ、前回の記事の写真03にて触れ忘れていましたが、通常のマニピュレーターが付属していない点はひじょうにいただけませんね。
 
 マニピュレーターは、「親指以外の指の側面をぴったりくっつけ中指と薬指の間だけを開ける、出来ない人もいるというアレの右手バージョン」、「秘伝『グーチョキパー』の右手バージョン」、そして、「写真家気取りの友人が素直にカメラを構えればいいのになぜかしきり写真のフレームを模した手の形をしているときの左手バージョン」、「ビームサーベル左持ち手」、この4種類が付属していました。すべてクリアーオレンジ
 
 MG1/100「ゴッドガンダム」のマニピュレーターを流用できるぞ、と、説明書には書いていますが、その余裕はないので(残念!)、今回は付属のマニピュレーターのみを使用しましょう。

3
03

5
04

 そこそこ動かすことができます。しかしやはり接地の悪さは気になりますね。腰は少し引き抜けば回転させることが可能でした。コアランダーのウイングに肉抜き穴があるのはHGでも同じだったのでこれは仕方ないですね。

4
05

 ハイパーモードは、胸の青パーツを別パーツに差し替え、黄色の爪とコアランダーのウイングを開いての再現でした。さて、ぜひとも爆熱ゴッドフィンガーをかっこ良く決めさせてやりたいのですが、さあ、改修はどうしましょうか。
 
 ということで、SD「ゴッドガンダム」素組みの完成でした。次回は改修その1です。お楽しみに! またね、ばいばい。

SD ゴッドガンダムその4

 今日は模型誌の発売日ですね。私は欲しいキットの記事か魅力的な付録があるときだけ買うので、今回はスルーします。今回はSD「ゴッドガンダム」脚部の組立です。

1
01

 膝、太もも部分がすごく小さいですね。いやむしろSDではこの部分がなく胴体に直接靴がついているものだと思っていました。ちゃんとあるんですね。小さいながらディテールもしっかりありました。脚部は、後ろ姿の写真で確認できるように、サイドアーマーに接続しています。

2
02

 もう少しで素組みの完了です。脚部がサイドアーマーに接続されているためか開脚は得意ですが接地は写真の位置で限界でした。地上でのポージングが印象強いゴッドガンダムですから、もう少し接地が欲しいところですね。

3
03

 コアランダーです。パーツ構成はHGもこんな感じだった記憶があります。また、赤いパーツに肉抜き穴があるのもHGと同じでした。ということで、SD「ゴッドガンダム」脚部の組立でした。次回は素組みの完成です。お楽しみに! またね、ばいばい。

SD ゴッドガンダムその3

 子供は可愛いですね。バイト先で子供が無邪気に騒いでいるのを見てほこほこしていました。まったく、小学生は最高だぜ!! ということで、今回はSD「ゴッドガンダム」脚部の組立です。

1
01

 初のSDということでせっかくですから付属のシールはすべて貼っていきます。ところで、股と脚部の接続法が特殊でした。どうやら股ではなくてサイドアーマーと太ももを接続するようですね。さてその可動範囲はどれほどか。SD、面白いです。

2
02

 肘の可動範囲は50度程度とあまりよくありませんでしたが写真02の左端のように腕部をまるごと前に出せるのは嬉しいですね。これだけでもポージングの幅が広がります。例えば、写真03のようなポーズですね。

3
03

 これはカッコイイですね。まさかSDで「カッコイイ」と思うとは思っていませんでした。これは完成に期待です。ということで、SD「ゴッドガンダム」腕部の組立でした。次回は脚部の組立です。お楽しみに! またね、ばいばい。

SD ゴッドガンダムその2

 HGUC、ジェスタ、ジムIIが発売するようですね。ジェスタは購入する、かもしれません。RG1/144「フリーダムガンダム」はとりあえず2個買うことは決めています。RG1/144「ストライクガンダム」のとき同じく「ノーマル」「ディアクティブ」の2個です。MG1/100「フリーダムガンダム」で製作した「フリーダムルージュ」も再現しようかと思いましたが、需要がなさそうなのでどうしようか考え中です。RG1/144「ストライクガンダム」や「フリーダムルージュ」に関してはガンプラ倉庫から確認することができます!
 
 ということで、今回はSD「ゴッドガンダム」頭部の組立と胸部の組立です。

1
01

 単純な構造でひじょうに作りやすい、というのが第一の感想ですね。いつも小さくて苦労する眼のシールも大きいので簡単に貼ることができました。また、肩接続棒がよく動くので可動範囲にも期待できそうです。正直、SDはほぼ可動しないキットかと思っていましたのでこの構造は完全に予想外でした。

2
02

3
03

 この段階では、SDが初体験ということもあって、全体像を想像することがまったくできませんね。とりあえず、首はあまり動きませんでした。横への回転はいいとして、もう少し顎の位置を変えたいです。それも、素組みを完了してからじっくり考えますか。
 
 ということで、SD「ゴッドガンダム」頭部の組立と胸部の組立でした。次回は腕部の組立です。お楽しみに! またね、ばいばい。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング