ガンプラ ハイグレード!@

ガンプラ最終回リンク

HG ブラストインパルスガンダム[19]

DSC01732
DSC01733
 HGCE(1/144スケール)「ブラストインパルスガンダム」の続きです。今回は最終回です。HGブラストの魅力をお伝えできれば幸いです!

DSC01735
DSC01736
 ブラストインパルスはカラーリングが秀逸だと思います。すごくたくさんの色を使いながら、かつ、まとまりがあり、絶妙と言えるでしょう!

DSC01739
DSC01745
DSC01748
 2門のケルベロスも大迫力です!

DSC01755
DSC01756
 カッコよく、よく動き、色分けも完璧! 最新のキットには本当に驚かされてばかりです。これならプラモデルに苦手意識がある方でも、気軽に作れて、気軽に楽しむことができますね!

DSC01758
DSC01759
 後ろ姿も素敵! コアスプレンダーは難しい塗装ですが、塗ってよかったです。

DSC01763
DSC01761
 ということで、HGブラストインパルスガンダムでした。楽しいキットでした! 次回はまだ何を作るのか決まっていません。さて、何を作りましょうか……!

HG グレイズ(一般機/指揮官機)[15]

DSC01530
DSC01531
 HGIO002(1/144スケール)「グレイズ(一般機/指揮官機)」の最終回です。長かったグレイズの組み立てもこれで最後、撮影会となります。元のキットの出来の良さを感じていただければ幸いです!

DSC01535
DSC01536
 部分塗装とスミ入れ、あとはメタリックテープを貼り付けただけですが、元のキットの出来がおそろしく素晴らしいので、それだけでも出来栄えは十分かと思います!

DSC01537
DSC01538
 部分塗装については、バックパックバインダーの裏側を灰色に塗った効果はすごく出ていますね。部分塗装はやはり大事!

DSC01543
DSC01545
 細部まで本当によくできていますので、アップで撮影しても耐えることができます!

DSC01548
DSC01550
 オリジナルで貼り付けたメタリックテープも良い味が出ているのではないかと思いますがいかがでしょうか……?

DSC01555
DSC01556
 構造の簡単さ、値段の安さ、出来の良さ、これほど素晴らしい評価が並ぶことは珍しいです。最近のガンプラの脅威を感じるのにも適した逸品と言えるでしょう!

DSC01558
DSC01561
 ということで、グレイズでした! 結局、アニメ本編はまだ観ることができていませんが、登場機体に魅力があるのはわかりました。早く本編も観てみたいものです! では、また次回をお楽しみに!

HG エールストライクガンダム[15]

DSC01405
DSC01406
 HGCE171(1/144スケール)「エールストライクガンダム」の最終回です。復帰1作目として気軽に始めた今回でしたが、さてその出来はいかに!

DSC01408
DSC01409
 靴底の灰色やエールストライカーのスラスターに塗ったシルバーなんかは正解だったと思います。頭部でいうとイーゲルシュテルン付近の灰色が良い仕事していますね。やはり素組みのままではなく、ちゃんと色を入れてあげることで、より良い印象を作ることができると感じています!

DSC01410
DSC01411
 しかしながら、やはりエールストライクガンダムはカッコイイですね! シンプルなデザインながら洗練されているといいますか、アクがないといいますか、ベーシックなカッコよさを持っていると思います。

DSC01413
DSC01416
 ということで、エールストライクガンダムでした。やはりガンプラは楽しいですね! 今回はあまり何も気にせず作りましたが、これからまたいろいろなことに挑戦しながら、より良いものを作れるよう目指していこうと思います。次回もお楽しみに!

HG ゴールドフレーム天ミナ[15]

DSC01032
DSC01035
 HG1/144「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ」の最終回です!

DSC01036
DSC01039
 ほぼ素組みの今回。やったことと言えば、スミ入れと、金色をガンダムマーカーゴールドで塗装したのみです!

DSC01040
DSC01041
 やはり黒のプラスチックのツヤアリがかなり効果的で、唯一気になった金色の安っぽさを少し解消してあげるだけで大きく印象を変えることができましたね。

DSC01042
DSC01046
 もはや何かのオブジェクトのような美しさがあるように見えます。ガンプラは、ここまで美しくなったのですね!

DSC01051
DSC01053
 というところで今回はおしまいです。ガンプラの進化をまたひとつ実感することができした。日々進化し続けていくガンプラをこれからも追いかけていきたいですね!

HG ガフラン[08]

DSC_0138
 HG1/144「ガフラン」の最終回です! 組み立て終わったガフランを変形させてみましたよ。かなりシルエットが変わりました!

DSC_0139
 首は、かなり背中側に後退しました。また、顎がくぱぁと開きました! 腕は胸のほうに動き、前脚のような感じになりましたね。

DSC_0140 1
 脚は逆関節になりました。あとは尻尾が伸びているくらいですかね。大きく全体の印象は変わりましたが、実はそんなに複雑な変形ではありません!

DSC_0141
 上から見ると獣以外のなにものでもないですね。

DSC_0142
DSC_0143
DSC_0144
 面白かったのは靴で、靴の先端のパーツがくるりと回転することで、一般的な靴の形から、爪の形になりました! これには「ほぉ!」と思わず声が出てしまいましたね。あっぱれです!

DSC_0146 1
DSC_0145 1
 ということで、ガフランでした! 復帰の一発目からガンプラであってガンプラらしくないガフランを選択しましたが、組みやすく、カッコよく、変形もあって楽しい、実に素晴らしいキットでした! これはオススメです。値段もそれほど高くないので、ぜひ大量生産して並べてやりたいところですね! というところで、では、次回作にご期待ください!

DSC_0147 1
DSC_0150 1
DSC_0151 1
DSC_0154 1

HG ジャスティスガンダム[13]

DSC00427
DSC00426
 
 HGSEED1/144スケール「ジャスティスガンダム」(No.R14)の最終回です!

DSC00428
DSC00432
 
 このHGジャスティスガンダムの出来の良さはSEEDシリーズのキットの中でもかなり上位だと思います! いや、言うなら五本の指に入るレベルでしょう! 本当に素晴らしいキットです。カッコイイ! リマスター版はさらに色が良いですね。

DSC00434
DSC00435
 
 ファトゥム-00の出来が良いのも評価ポイントですね。全体、抜け目なしです! ファトゥム-00を写真のように水平へ傾けた場合も、まったく違和感がありません。

DSC00436
DSC00437
 
 ビームサーベルはポリキャップを使えば連結可能です。
 
 私が手を加えた点といえば股関節のみ。他はまったくの無改造で、色を塗っただけですね。それでここまでなのですから、いや、本当に良いキットです。私は特にこれをオススメします! ぜひ一度手にとってみてください。きっと満足できるはずです!

Amazon.co.jp

 

HG ストライクフリーダム[14]

DSC00233
DSC00234
 
 HGSEED1/144スケール「ストライクフリーダムガンダム」(No.34)の最終回です!

DSC00216
DSC00218
DSC00221
 
 HGストフリの評判が悪いということで「それなら」と作りはじめた今作ですが、簡単な改造と必要最低限の部分塗装でずいぶん見違えてくれたと思います。大満足の一品です! 手間がかかった分、お気に入りのガンプラとなりました。

DSC00248
DSC00253
DSC00254
 
 しかし、ストフリはクオリティの高いRGが発売しておりますのでわざわざHGを買うこともないとは思いますが、値段が安いですし、全部HGで並べたいなどこだわりのある方はぜひ挑戦してみてください! 可能性を秘めた面白いキットです。

DSC00227
DSC00276
DSC00283
 
 HGデスティニーもそうですが値段は安いのにエフェクトパーツがちゃんとついてくるところは嬉しいですね!

DSC00173
DSC00174
DSC00177
 
 さてこれでストフリは、HG、MG、PGと3グレードで作ったことになります。あとはRGも作りたいところですね! またいつか挑戦してみましょう。RGストフリはお値段が結構するので、なかなか……。
 
 次回もSEEDのキットです!

Amazon.co.jp

 

SEEDオリジナルMS[12]

R0021218
 
 フルアーマーストライクの最終回です!

R0021221
R0021222
 
 フルアーマーストライクがついに完成しました! 完全に私好みなオリジナルMSとなってくれて、本当に大満足しています。16:9の写真に綺麗におさまるバランスが特にお気に入りです。今までのオリジナルで最も上出来だと自負しています!

R0021227
R0021229
 
 背面のごちゃごちゃ感もまた素晴らしいと思いませんか? 背面からはストライク本体がもはやあまり見えませんね。ディープストライカーなどに近い雰囲気を感じます。正面と背面でずいぶん印象が違う気がしますね。面白いです!
 
 このオリジナルMS、気に入っていただければ幸いです。では、次回をお楽しみに!

Amazon.co.jp

 

ガンダム(メタリックVer.)[08]

R0021145
R0021146
 
 「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUDAM」(大阪文化館・天保山)で限定発売されているHGUC1/144「ガンダム THE ART OF GUNDAM OSAKA メタリックエディション」の最終回です!

R0021147
R0021148
R0021156
 
 タミヤ「スミ入れ塗料」を使ってスミ入れをおこなってみました。メタリックにスミ入れというのはどうなるのかと少し不安でしたが、むしろスミ入れがメタリック感を強調したような感じがある……? むしろメタリックというよりは、装甲が何か透明度のある鉱石で作られているかのような見え方をしていますね!

R0021150
R0021153
 
 サーベルのビーム部分はガイアカラー「蛍光ピンク」で筆塗りしました。

R0021158
R0021159
 
 以上、限定ガンダムでした。珍しいタイプの限定品ですし、ぜひみなさんも実物をご確認ください! 写真では伝わらない、面白さ、綺麗さがあります! ガンダム展は、子供よりも大人が楽しめる、それはもう十分価値のあるものでした!

Amazon.co.jp

 

ジェスタ・キャノン(クリアVer)[08]

R0020922
 
 HGUC1/144「ジェスタ・キャノン(トライスタークリアVer.)」の続きです!

R0020924
 
 付属のシールを貼りました。クリアー物は普通何も貼らないのかなと思ったら、マーキングシール等は似合うんですね! 安定のアナハイム・エレクトロニクス社製。

R0020925
 
 AE社は宇宙世紀の真の黒幕……!

R0020926
 
 このようなカラーのクリアー物は初めて実物を手にしましたが、本当に綺麗ですね!

R0020928
 
 またプレミアムバンダイでクリアー物が出た場合、買ってしまいそうです!

R0020929
 
 完成度の高いキットであるジェスタ・キャノン。どう動かしてもカッコイイです。この大胆に変更されたカラーリングも素晴らしいものがありますね! 青系のクリアーが本当の本当に綺麗なんですよ本当に!

R0020931
 
 いやこれは良い買い物でした……。美しい……!

Amazon.co.jp

 


 ブログランキング・にほんブログ村へ
 
記事検索
アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ガンプラ月別アーカイブ
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
逆アクセスランキング