今日、2014年3月25日、横浜地方検察庁の担当者と電話で話しをしました。事件の詳細について聞きたいことがあるということでした。

電話では詳細を伝えるのは難しく、もう一度検察庁に行って細かい点を付き合わせる必要があるという点では担当者と意見が一致しました。
色々話したのですが、告訴状の一部を修正する必要があるかも知れないということでした。どこをどう修正するとかの細かい部分は話していません。

今後の状況次第では一度ではなく、2度3度行く必要があるかも知れないと考えています。


2014年3月14日に告訴状を提出して以降、ブログを見た一部の方が報道機関に通報して下さっているようです。告訴状の最後のページに記載した以外の報道機関からのアクセスがありました。通報して下さった方には本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。

このブログを見ている、報道機関の記者にお願いがあります。この事件を内閣総理大臣に質問して頂けないでしょうか。報道記者なら、首相が行う公式な記者会見に参加することができますし、首相に直接質問する機会があるはずです。この事件(一連の事件を含む)が首相の耳に入れば、何らかのアクションがあるはずです。

「最高検察庁に捜査を命じる」とか、「戸部警察署がどろぼうに入り、被害者に毒を盛った」など、そうしたことが事実としてあるのかどうかなど何らかの調査がなされるはずです。私は記者会見には参加できませんが、記者なら可能です。

この件を内閣総理大臣に質問して頂きたいのです。
首相もそうしたことを知らされた以上、放っておくことはできませんし、現在の状況に応じた正しい対処をして下さるはずです。

また、質問するのは報道機関の方でなくてもかまいません。フリージャーナリストの方も報道記者ですから、首相が行う記者会見に参加できます。特にこうした公的機関(警察)が犯した犯罪については、報道機関よりフリージャーナリストの方のほうが鋭い記事を書いていたりします。

このブログにそうした方(フリージャーナリスト)ではないかと思われるアクセスも一部あるため、この記事を見たのであれば、明日以降いつでもかまわないので首相本人に質問して下さるようお願いします。できれば、テレビカメラが回っている最中が良いかも知れません。私もこの事件を早く報道して欲しいと希望していますし、テレビの生放送中なら効果もより大きいと思います。どうかよろしくお願い致します。

逆に言うと、犯人らは報道されることを極度に恐れていますから効果という点ではなおさらです。

犯人が「報道されることを恐れているという事実」は下記の記事をご覧下さい。