タイル調再現工法施工事例集外壁塗装お問合せトップ

2017年09月19日

読売新聞

9月19日 火曜日

9月19日の読売新聞、
朝刊に大きく掲載されました。
麻太郎の個人名も掲載されましたから少々の照れもあり。
読売新聞には有難い限りです。
己の夢を叶える為に、多くの方々を巻き添えしてしまいました。
大切な仲間、大切な社員、大切な先輩方…。
この夢を叶える為に、どれだけ犠牲を払って戴けたことか…。
本当に感謝の連続です。
このプロジェクト、ボランティア先が、あまりにも有名な事もあり、
この様に結構なメディアの方々が取材で取り上げてくださって居ります。
本当にありがとうございます。
次からは粛々と、無名の物件をまた、
繰り返し繰り返し、ボランティア塗装して参ります。
それ以外は、これまた粛々と陰徳を積んで参ります。
読売新聞様
朝日新聞様
中日新聞様
岐阜新聞様
中京テレビ様
NHK様…。
当会を取材くれまして本当にありがとう御座いました。
平伏して心から御礼申し上げます。

塗魂ペインターズ
塗魂インターナショナル

麻太郎

FullSizeRender





















【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3















eco_paint




azabu_ikeda at 14:48|PermalinkComments(0)

カープ優勝

9月19日 火曜日

2年連続の優勝をおめでとう御座います。
広島が誇るカープの優勝は、
多くの人が喜んでおられるだろ。
実は、
この優勝を俺は予想してたのよ、ホント。
少しの人には、今年は必ずカープが優勝するよと断言していたんだ。
クライマックスや日本シリーズは知りまへん。
あんなのは短期決戦。
何が起きるか想像もつきません。
だから予想もできない。

カープの優勝を予想したのは、
あの日。
今年の父の日。
娘の招待で東京ドームにて
広島vs読売巨人の試合を観戦した時。
あの試合を見て、これはカープが必ず優勝。
巨人は運良くて、Aクラス。
と予想しました。

何故ならば…。
あの試合は、まさに横綱相撲。
広島が横綱で巨人は新入幕。
駄目だ巨人…恐らく連敗するぞと予想したら当たった。
その日の負け試合から、なんと12連敗。
カープの優勝も的中したが、
巨人の連敗も的中したんだ。
カープは、
よくわからんが打撃コーチと投手コーチがいいと思う。
コンパクトな素振り。
的確なミート…。
とにかく練習量が違う。
野球に命を懸けている時間帯が巨人より長いし、深い。
弱者の自覚と、
下克上のハングリー精神が勝るのよ。
巨人との試合はホント、横綱相撲だったんだから。
広島カープの優勝をおめでとう御座います。
本当におめでとう御座います。
さすがカープ。
期待を裏切らない
鉄の団結カープだ。
クライマックスや、日本シリーズも頑張ってください。
優勝おめでとう‼️

麻太郎

カープ優勝

【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3















eco_paint




azabu_ikeda at 08:55|PermalinkComments(0)

2017年09月15日

再会

9月15日 金曜日

リトアニアはカウナス市に住む、
息子同然の学生達と再会出来ました。
今年5月、我が家にホームステイで招待した3人の学徒と再会。
7日間を共に暮らした、
もう息子のように可愛い学徒達だ。
あのホームステイの御礼がしたいと、学徒らが通う訓練学校の最高責任者から、
何度も何度も、是非とも学校へ来てくださいと招待を受けました。
共に過ごした通訳のカーメルと私…。
わざわざ、お迎えまでしてくれるご配慮に決心し行って参りました。
学校はリトアニア第2のスケールと設備。
ここから建設業界に多くの人材がヨーロッパ中に旅立って行くようです。
先生方に学校中を案内して戴き、
本当に大歓迎してくださりました。
ベトナムの青年達にお力を借りたり、リトアニアの青年達にお力を借りる、
そうゆう時代は近いと思います。
ホームステイが、此れ程までに親交が深まるとは、今更知りました。
彼らはカウナス市在住なのに、
私らがリトアニアはビリュニス空港に到着した時、
わざわざお迎えに来てくださったのです。
カウナス市からビリュニス空港は2時間かかる…。
しかも、プレゼントした塗魂ペインターズのシャツを着て…。
嬉しかったです。
アイバラス君に至っては、1人だけ、
これまた私がプレゼントした弊社(麻布)のヘルメットを被っていてくれた…。
その気持ちがめっちゃ嬉しいのです。
人間っていいな…。
これからも、毎年1年に1度だけ、
愛する彼らを日本に招きたいと思います。
建設業界に飛び込む彼らです。
ペンキ屋の私達が彼らを招くのは理屈に合っている。
こうして、業界業界で世界各国と交流を深めていくべきだと考えます。
カウナスの人は、本当に心が綺麗で最高なんです。
カウナス大好きになってしまった私です。
カウナスとゆうより、カウナスの「人」だな人…。
彼等との再会…本当に疲れも吹き飛ぶ最高の出来事でした…。

麻太郎

再会

【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3















eco_paint




azabu_ikeda at 10:21|PermalinkComments(0)