タイル調再現工法施工事例集外壁塗装お問合せトップ

2019年01月09日

ご挨拶

1月9日 水曜日

新年明けましておめでとう御座います。本年もどうか宜しくお願い申し上げます。
この度に、約10年をlivedoorブログを利用してきましたが本日で最後となります。
今年から、気持ちも新たにAmebaブログに引越しすることになりました。
麻太郎とゆう名前で、今まで好き勝手に日記と捉え投稿してきましたが、
これからはAmebaブログにて、

https://ameblo.jp/ikedataihei/

池田大平として日記を書いて参ります。
今まで、数は少ないですが、たまに覗いてくれた読者の方々に心から感謝申し上げます。
こんなアホみたいな日記を、たまに賛同のコメントやらを戴け有難い限りです。
Amebaブログでも頑張って参ります。
以前より増して、頑張って日記を書いて参ります。
livedoorブログを今日まで本当にありがとう御座いました。
livedoorにも心から感謝します。

麻太郎

IMG_3080bunner3


eco_paint


azabu_ikeda at 14:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2018年12月17日

働き方改革

12月17日 月曜日

ものすごい勢いで時代は変化していますね。驚きの連続。
世界に遅れをとっている日本は、働き方まで改革となります。
凄いことです。
火に油を注ぐような現実です。
働く側の方にとっては大変良い事だと思います。
日本の国益とゆう側面からみたら、コレは嘆く事だと思います。
諸外国に益々、差をつけられる。
悪い言葉を使えば、働くな働くなと申している訳ですから、
国家として世界と比較すると憂いは生じます。
ギターが好きな人にギター弾くのを制限したら嫌がります。
うちの息子も、顔を合わせる度にスマホゲームばかりしてます。
おいおい、ゲームばかりしやがって何してますの、
ゲームは一日2時間だけにしなさいと言ったら嫌がります。
この働き方改革に異論は御座いません。
素直に従うだけです。
働く時間が短い方が、働く人は余暇の時間が増える。
其れは誠に良いこと。
ただ、会社を運営する側はたまったもんじゃないかもね。
総実働時間を減らす中で、様々な経費や利益を捻出せねばならない。
過去より少ない時間で過去と同じ生産性を保持せねばならない…
新しいプランを立て直す必要がありますね。
ここは、日本の経営側とゆうか、起業家に委ねるしかない。
寝食をも忘れる、何かに集中した者にしか人や国に好影響を与える
大きな事は出来ないでしょう…。
それを成し得るには、働き方もクソも、四六時中に仕事に没頭出来る経営側、
起業家しかこの先は無理かもしれませんね。
とにかく、日本がやる働き方改革により、
快適に働き、人生が楽しくなる労働者が増える事を願います。
改革により、以前に増して活き活きとする社員様らを目の当たりにし
業績が上がる事を願います。
改革により、世界の人々が日本をお手本とするような模範になる事を願います。
世界が平和であると自国も平和である。平和ならビジネスも自由にやれる。
国が潤うと自然と自社も潤う。会社が潤うと社員も潤う。
社員が潤うと家庭が潤う。
人々が幸福になる為の働き方改革であって欲しいものです。
世界に誇れる日本になろうぜ!

麻太郎

IMG
bunner3


eco_paint


azabu_ikeda at 11:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2018年12月08日

靖國神社の奉仕活動

12月8日 土曜日

この12月3日からの4日間。
東京は靖國神社の塗装ボランティアが無事に完了しました。
靖國神社は150周年になろうとしており、
その節目に様々な改修工事をしておりまして、
その一部を、ボランティアで塗装させて頂きました。
靖國神社は初代の塗魂ペインターズの頃に、
是非とも奉仕塗装したいなと思っていたところ。
2代目塗魂ペインターズが大変な打ち合わせやらを重ね、
今回の奉仕塗装の話を決めてくれました。
私自身は、息子と妻を連れて参加。鉄骨のケレン作業で疲れ果てましたが、
弊社の各営業所からも奉仕塗装に参加。
遠くは大阪営業所からも参加で計16人の麻布職人が塗って参りました。
日本の為に命を落とした先輩方の英霊を奉仕活動叶う事は歓びの事。
本当に感謝申し上げて参りました。
政治家が参拝すると何かと批判の出る靖國神社…。
隣国の嫌がる現実がありますが、なんせ私たちは庶民のペンキ屋。
公僕でもあるまいし、そんな事は関係なし。
ただ、塗魂ペインターズで靖國神社を塗装ボランティアやるぞと言ったら、
反対意見も有ったとのこと。
日本人が日本人の先輩方の英霊スペースを綺麗にして
何に問題があるの?ちゅう気持ちです。
少数の意見をも考慮するのが、2代目の塗魂ペインターズ。
賛否両論あるならば、ここはひとつ、日本職人有志会として、
有りとあらゆる垣根を外してしまいました。
誠に素晴らしいこと。
古き日本の建築物に、私たち庶民のペンキ屋が手を入れられること自体、有難いこと。
本当に感無量でありました。
塗魂ペインターズ発足以来、108箇所目。
煩悩の数と同じ108箇所目。
除夜の鐘を叩く数と同じ108箇所目。何か深い意味と受け取れます。
塗魂ペインターズも国内で108箇所のボランティア塗装をしてきたのだ、
これで煩悩と同じ数の108個の煩悩はとれたから、此れからは煩悩を捨て、
バチバチガンガンに行こうぜとの意味かもしれぬ…。
本当に、実行委員会はよくやったと思いました。
靖國神社での奉仕活動…よくぞやり遂げました。
お疲れ様でした。

麻太郎


靖國神社の奉仕活動


bunner3


eco_paint


azabu_ikeda at 10:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote