タイル調再現工法施工事例集外壁塗装お問合せトップ

2017年12月07日

若きペンキ屋さん

12月7日 木曜日

成田涼介の成(セイ)と涼(リョウ)の頭をとって株式会社セイリョウ。
弱冠29歳の成田社長がご来社くださりました。
名古屋は南区のペンキ屋さんです。
実に5時間。
晩飯を共にし塗装談義させて貰いました。
ふた回りも、歳の離れたペンキ屋さんとの面会は幸福そのもの。
若きペンキ屋さんは、いわゆる塗装業界の宝…。
年配組は、其れは其れは、彼等の世代を大切にしなければならないはず。
歳上だからと、威張ったりしたら罰もんです。
将来ある20代の青年が、ペンキ屋とゆう職業を選んでくれた。
これだけで最敬礼モンです。
この株式会社セイリョウの成田社長は、
菊水化学の創業者である遠山大先生の塾で学ぶ、極めて優秀な青年であった。
歳上の私が、色々と学ばせていただけた。
歳は24歳も離れているが精神は私かて29歳。
心は同級生だねと申したら絶句されたぜ(笑)
若きペンキ屋さん…。
実に楽しみなる塗装業界の宝。
こいゆう人と一緒にいると本当に躍動する。
私なんぞ、イタズラに歳だけとった古参ペンキ屋ですが、
この、若き世代のペンキ屋が、
幸せだ幸せだといえる業界を目指して進んで参る。
年配層には、そのようなビジョンに立つ責任があるのだ。
その責任を果たして参る。
何故に、そのような責任が生じるのか…?
建築業界は高齢化するも、次世代が、職人を目指す若者が
物凄く減っているからだ。
建物を守る職人が減る…。
古い建物を蘇生させる職人が減る…。
暗黒社会をカラフルに色取採る職人が減る…。
どうや?
国をあげての損失だろ?
そんな将来の塗装業界を憂うのが親父層の根本なのだ。
塗料業界、塗料販売の代理店業界、そして施工をする施工業界。
この三種の、
三位一体の充実こそが、ペンキ屋塗りを必要としてらっしゃるお客様に、
最高峰の塗装サービスをご提供できるのだ。
業界を更によくかえるには、何が必要か…。
いい意味での変態革命児だ。
過去の習いに囚われない変態。
固定概念のない変態。
理念を胸に希望を持つ変態…。
自ずと若き青年となる。
どんな革命も、
それ全て青年の手で成し得てきた歴史がある。
世に、最高の塗装サービスを提供し続けるには、どうしても青年が大切となる。
株式会社セイリョウは、名古屋市南区です。
機会あらば、ここにお仕事を依頼くだされ。
実績が無いやの、信用が無いやの様々なことを人は言う…。
でもでも、
あの名古屋を代表するような大きな企業も、最初は皆、小さかった。
トヨタもブラザーも、東邦ガスも、中部電力も最初は皆、小さかった。
若き経営者に1度だけは、チャンスを与えるべきだ。
がっかりさせる若き経営者がいたら、直ちに死んだ気になって素直にやり直せ(笑)
なんか、また変な日記となった…。
私は天狗かもしれん…。
とにかく、己の足元固めてから業界を語れと叱られそうだ…。


麻太郎

若きペンキ屋さん
















【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3














eco_paint



azabu_ikeda at 09:52|PermalinkComments(0)

2017年12月05日

杉原千畝ハウス完成

12月5日 火曜日

雪積もる極寒の地、バルト三国にある杉原千畝ハウス…。
昨日に、全ての修繕作業を終えたと、写真と共にご連絡ありました。
やっと完成…。
辺りは真っ白な雪化粧。
築75年越えの杉原ハウスが、
見事にリニューアルしました。

感無量…。
感無量の思いです。
あとは、クラウドファンディングと振込寄付にて、
高額な金品をご寄付戴けた方の銘板設置の作業のみ。
とうとう、ここまできました。
逆に言えば、未だ終わらぬ杉原千畝プロジェクト。
残すは最後の仕事である銘板のみ…。
リトアニアの雪解けの、
来春には完全完璧終了を迎えれそうです。
リトアニア共和国にある杉原千畝ハウス…。
平和の象徴、人道主義の象徴として、
何時迄も何時迄も、この建物が残りますように…。
いつの時代の人も、リトアニアに行ったならば、
必ず訪れる館でありますように…。

麻太郎

杉原千畝ハウス完成













【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3














eco_paint



azabu_ikeda at 00:12|PermalinkComments(0)

2017年11月28日

ガイナの勉強会

塗るだけで断熱できる断熱ガイナの、何たるかを
更に深く知る為の勉強会を事務スタッフで学びました。

これで、断熱ガイナを更に深く、学んだ者ですから、
ガイナの詳しくを、誰にでも説明出来るようになったかな…。
長い講習を得て学びましたから、本当にお疲れ様でした。

しかし、その学びの会を終えた修了書が物凄く高貴な物で驚きました。
大学の卒業証書みたいなもの。
本当にありがとう御座いました。

工事部だけが詳しかった断熱ガイナ…。
これで事務スタッフもガイナには詳しくなりました。
次はJPM塗料を徹底的に学んでください。

麻太郎

IMG_3297















【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3














eco_paint



azabu_ikeda at 15:26|PermalinkComments(0)