タイル調再現工法施工事例集外壁塗装お問合せトップ

2017年10月19日

塗料の検証

10月19日  木曜日

 

宮古島へ行って参りました。

1の目的は、日本NO.1の建築塗料を自分達で検証する事を始める為。

2の目的は、宮古島の有名な公園施設をボランティアする為。

この2つです。

宮古島の最南端にある有名な公園施設は、
実際の建物に塗装をする、リアル暴露実験場となります。

800平米ある施設は、塩害に苦しむ過酷な立地条件であります。

宮古島の役所のご厚意により、無機塗料で有名なメーカー様が
仕掛けてくれたものです。

写真にあるのは

宮古島の暴露実験場。

ここに僅かですが私たち日本塗装名人社で
露する一画を手に入れました。

おおよそ、建物の塗装は2年しかもたない宮古島…。

紫外線が強烈なのです。

名古屋の紫外線とは質が違う。

本当に過酷な状況です。

此処でこれから、ありとあらゆる高級塗料を調査したい。

塗料のカタログに、なんと書いてあっても論より証拠。

やはり自分自身で確かめたいのものなのです。

何故ゆえ、塗料の良し悪しに拘るのか…。

其処を語っておく必要がありますね。

簡単に申します。

ペンキ屋であるならば、馬鹿じゃない限り、
上手くペンキを塗る事は出来ます。

職業としているのですから、
朝〜晩までペンキ塗りを何年も何年も、やっていたら、
其れは当たり前に上手くなりますよね。

でもね、上手さの度合いは別として、その塗料の話し。
日本一腕の良い塗装職人にペンキを塗らしたとする。

日本一の塗装職人なのに、

2年しかもたない塗料を塗れば2年しかもたない。

10年もつ塗料を塗れば10年もつ。

赤色を塗れば赤色となる。

黒色を塗れば黒となる。

いわゆる塗料によるわけです。

塗料によるんだよな…。

だから、どんな塗料を選択するのは重要なこと。

それをカタログには騙されない為に、

カタログを鵜呑みにしない為に、

自らの、この目で確かめちゃると云う気持ちです。

とにかく、10時も半ばとゆうのに、
強烈な紫外線が注ぐ宮古島…。

この島で塗料を知るのが1番、適してると判断しました。

これからは多くの塗料を、隅々まで調べ尽くして参ります。

塗装で出来る社会への貢献…、
弊社の理念、粛々と実行中で御座います。


FullSizeRender





【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3















eco_paint            




azabu_ikeda at 00:26|PermalinkComments(0)

2017年10月08日

日本塗装名人社

10月8日 日曜日


日本塗装名人社の、極めて優秀なる尾さんの誕生日を祝いました。
あまりにも質素な誕生日会(笑)
この夏から株式会社 日本塗装名人社の代表取締役に就任したのは、
私麻太郎です。
日本塗装名人社は株式会社。
英語にすると
ジャパン  ペイント  マスターズと云います。
英読みの頭文字を取ってJPM。
普段はJPM、JPMと呼んでおります。
今月(10月)から、メーカーに勤めていた安井氏が正社員で入社し、
ささやかな入社式と、
尾崎さんの誕生日会とを行いました。
岐阜から取締役の大野さんが駆け付けてくださり、
たった4人での入社式と誕生日会です。
名古屋市守山区に本社のある、株式会社  日本塗装名人社は創業3年目。
本当に若葉マークのとれた、若い会社です。
あまりにも小さな会社です。
今後は、最高峰の塗装サービスを展開してゆく訳ですから、
どんどん成長するゆく会社だとは間違いなし。
これ以上を小さくなる方が難しい訳ですからね(笑)
日本塗装名人社の営業エリアは全国です。
主に、企業様の下請けで全国アチコチ、今は仕事をしております。
誠に有難いことです。
優れた塗装サービスを、本社のある、地元、名古屋市近郊の方にもご提供して参ります。
何なりと申し付け下さい。
日本塗装名人社…いい名前でしょ?
こんな名前つけて、下手な事は出来ない。
名人の会社が、なんでやねん〜!
と成りますからね、慎重に慎重に。
設立3年目、いよいよ一般の住宅の塗装も手掛けて参ります。
弊社同様、何卒宜しくお願い申し上げます。




【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou


FullSizeRender





azabu_ikeda at 01:51|PermalinkComments(0)

2017年09月30日

15期終了

9月30日 土曜日

本日、お陰様で弊社の第15期を終了しました。
1年間を本当にありがとう御座いました。
今期は過去2回目の減収減益。
社長不在の中、減収減益でありながらも、
赤字にはしなかった社員らに心から感謝しております。
並みのスタッフなら赤字街道を真っしぐらでしょう。
この1年間、弊社にお仕事を頂戴出来ました、
全てのお客様に心から感謝…。
お客様のお陰で、16年目に突入出来ます。
本当にありがとう御座います。

ある専門家いわく、会社は前年比1.2倍ではビジネスで無いと…。
その教えの通り、来期16期より快進撃を開始して参ります。
何の為に…。
他ならぬ塗装を必要としてらっしゃるお客様の為に…。
塗装業に携わる愛しき社員と取引業者さまの為に…。
第15期の1年間と、本日までの15年間を本当にありがとう御座いますした。
心の底から厚く厚く御礼申し上げます。

株式会社 麻布
    代表取締役  池田大平
15期終了















【 本日の作業写真はこちら 】
http://blog.livedoor.jp/azabusekou

bunner3














eco_paint



azabu_ikeda at 11:40|PermalinkComments(0)