2017年03月29日

台湾旅行から帰って来た長女に合わせて、シナを長女宅へ連れていく
車に乗せるとブルブル震える

これは予防接種に行く時だけ長女は車に乗せるので
「又 注射?怖い、怖い」と言っているのかと・・・


「大丈夫、大丈夫よ」と頭をなでてやる


家が近ずくと小躍りして喜ぶ

玄関を開けるとララのお出迎えがあった
まぁ〜喜ぶ、喜ぶ!

じゃれ合ってシナは勢い余って 吐いてしまった


我が家では婆ちゃんと同じように炬燵に入って
同じようにご飯食べて後は昼寝の生活
運動不足になる

ララと一緒の時の顔つきが違う
暴れまくって運動不足にはならない
とても仲が良い


暫く娘と雑談して帰宅した

シナの帰ったあと大掃除だ
炬燵の布団を四隅あげた


「な、なんだ、これ!」
アンパンを踏んづけて餡が出たような黒い塊

乾燥して、踏まれて崩れたようだ
はてな?

パラパラになった餡こを、手で寄せて、臭いを嗅いでみた
「ウンチ?」

何時の?

厭だね〜。置き土産かい?

敷き物からフトンカバー大洗濯だわ・・・・


お天気が良くて良かった
替えのを出すまでも無くすぐに使えた


一人暮らしに、ペットは良い家族だが ララと遊ぶシナを見ると
引き取れない

捨て犬を何時か保護しようかな











2017年03月26日

笑いましたわ〜

今日は午後から雨と言う天気予報だった
10時頃Sさんがウオーキングに行こうと誘って下さった
まだ寝まきのままで、グータラをしていましたが慌てて着替えて
愛犬シナモンを連れてでる

度々会うおばちゃんなのでシナもすんなり
リードを任せている

このお宅にも同じ種類のワンちゃんがいて
私の顔を見ると駆け寄って来ます

同じダックスフンドで有るがシナはこのワンちゃんより
倍の大きさがある


老犬1と老女2人のお散歩は、歩が進まない
町会の児童公園へ行って見た
ベンチが置かれて居て良く花見をした
今年はまだ、さくらはやっと蕾みが膨らみはじめたところだった
 

ベンチに座ってお稽古事の話をさんざんして
最近旦那さまがお亡くなりになった家の奥さまの相談を受けた、と言う話になった

「初めての経験で、お寺さんが来て下さった時お布施を最初に祭壇の上に
置いて置いたらお経を読みながらお布施をさっとポケットに入れて
短いお経ですぐ帰って行った」と言うお話。

爆笑

「こんなもの?」と言う話だった
Sさん宅もご主人さんやお舅さんお姑さんのお仏壇があります
「ええっお経が済んでから、お茶とお菓子と一緒にお布施は渡すよネ」
と私とSさんの意見は一致した

初めての経験でOさん分からなかったらしい
お経が5分くらいで終わりだったとも。

「最初に相談してくれたらよかったのに、今更替えられないよネ」

因みにSさんの妹さんお二人お寺に嫁いでいらっしゃる

時計は12時前だった

別れて昼食を摂って録画して置いた「相棒」を観た

窓の外は暗くなり予報通り雨が降り出した


ブログ友のHさんから、今が旬の嬉しい贈り物がありました

DSC02835

有難うございました。





2017年03月24日

この度思いもかけない 大ショックな事がおきた

一時ぼ〜として何も手に付かなかった

一番仲良し友達の行動や言っている事が何となくおかしい

先ず約束が守れない
行き慣れた喫茶からの自宅への道順が分からない


そうです

認知症になってしまったのです

自宅までお送りして帰りかけたら娘さんが、ガレージの車の
陰で寒いのに私を待っていたようで手招きされた


「お母さん、実は認知症で病院通いして 薬飲んでいるのよ」
と言う


何となく分かっていたが はっきり告げられると、とても辛い事でした

「あざみさんと仲良くしていただいているからお断りをしておかないと
ご迷惑がかかるかもと、思いまして・・・」


「言いにくい事を、よく言ってくれましたネ
昨年夏辺りから、私も変だな、と思っていましたが会えば普通にお話が
出来るから、たんなる物忘れかと思って居たわ」と私。

「薬の効き目も無く今年になって どんどん進んでいるのです」と
悲しそうな彼女の顔、これからこのお宅どうなるのだろう
昼間は誰も居ない、そのうちに誰かが仕事を辞めるのだろうか
鍵を外からかけて出られないようにしている?


「買い物に行ってそのまま遠くまで行ってしまい
帰れなくなって警察のお世話になったんです」とも。


「でも引き籠りもいけないので、私がこの街へ来た時は何処かへお誘いしますネ」


と言って自宅へ帰った
ショックで何も手に着かない
人ごとではない


          


柔らかい陽射しに誘われて貸し農園へ行って見た
エンドウ豆が支柱もしてネットも張ってあるのに
なんともお行儀が悪く玉葱の陣地まで占領して居た

紐でぐるぐる巻きにして起こした
もう花が沢山咲いていた

もも太郎トマト2本、ミニトマト赤、黄色各2本づつ、ピーマン2本
植えてきた

キューリは今年はベランダでゴーヤの代わりに西日避けに4本植えた

ナスの継ぎ木苗が売られてなかったので買わなかった
少々早かったようだ

キャベツを2本植えていたが一個が大きくなっていたので
収穫した
虫も付かずきれいだ


ご近所さんから文旦を頂いた
皮だけ剥いて2度目のピールを作る事にして
実は後でゆっくり頂くとした

前回のは未だネットに入れて乾燥中です

DSC02833

DSC02831



大学2年(今年)の孫が留学の為20日にアメリカへ飛び立った
親しい友人達に伊丹空港まで送ってもらったようだ
長女のスマホでその様子が見られた






2017年03月21日

170313_144837



昨日はゴミの日でした
ご近所さん、それぞれ小さいゴミ
何人家族だ?と思われるような沢山のゴミがだされている

性格が分かるような出し方もあるのです

ゴミの上に網をかぶせるだけ。
これって下のどこからでもネコが入れます

いつも食いちぎられたビニール袋、残飯がはみ出ています
ゴミ収集車が行ったあと大変な事になっています

親切な業者さんはある程度拾って持って行ってくれますが
最近毎回の事で放ったらかしの時がある

自然にお隣さんが掃除されます
黙って・・・・・・黙って・・・・・

「もう、全く」と心の中でぼやきながら・・・

ゴミ収集車が去って網を片付ける
一斉に顔が合います

会わないお宅は留守なのです
夕方まで網は玄関前に出ています

コレってお留守丸わかり



チラ、チラ、と皆さんと顔があう

最近ご主人がゴミを出されて奥さんの顔が長い間見えないお宅がある
そのお宅のお隣の奥さんに聞いて見た

「昨年早くに亡くなったわ」と言う
「ええっ私入院でもされて居るのかと思って居た」
「家族葬でお身内だけで葬儀されたわ」と

隣組さん昨年はお二人お亡くなりになって
一人暮らしが2軒も増えていました。

立ち話も長くなりそうだったので
「ウチへ来ない?」と私が云いますと
「旅行の話しどうなってんの?」と彼女

「えっあの話本気だったの」
実は昨年町会の大掃除の時に
旅行の話が出て「是非誘って」と言われて居た

たまたまの会話、と聞き流してしまった。
この奥さんも一人暮らし、私より7歳お若い
「本気も本気よ、いつお声が掛るかと待っていたのに」

「じゃぁ取り合えずいらっしゃいよ、私一人旅行計画して居るから
一緒に行きましょう」と言う事で来られた

丁度10時のおやつの時間だ
お菓子とココアで12時近くまで話し込んだ

旅行の事もさることながら
玄関に飾られている雛飾りを見て
「わ〜凄い、私の友達と高山に行った時 このような吊るし飾りを見て
作って見たい、教えている所有るのかな〜って話したとこだったんよ」と言う

「簡単よ材料も有るし、そのお友達と一緒においでよ、教えて上げるよ」
「ホント?、友達に言って見るわ」

明るい方でまだ仕事を頑張って居られる


                    


水墨画を辞めてやっぱり色のある絵が描きたい
そう思って習う事にした

通信教育で有る
調理師の免許も通信教育で勉強して受験して免許を取得した

教科書と材料が半年分届いた
四月から始めるとして代一回目の基本的な事が書かれて居る
教科書を見ると水墨画の基本と同じで有った

1年習った水墨画が役にたつ

DSC02828


DSC02826


170316_100830

ピンボケで〜す

ぼかしのやり方が説明されて居ます
水墨画も水彩画もやり方は同じでした


最後に材料と共に送られてきた封筒に入れて本部に送ります
手直しなどして送り返されてきます

時間に縛られず自由に描ける事が良い







2017年03月18日

ブログネタが見つからない

そりゃそうよ
毎日テレビのお守していて、忙しいのは、頭の中だけ


何をしよう
農園へ行って見ようか
ぶらっとホームセンターへ行って見ようか
今日は寒いから洗濯はしない

暖かいから今日は洗濯しようか

思いめぐらすだけ
思いが動くだけ


ブログも週に2度や3度の更新では閲覧者の数も減って行く

ただひたすら気ままにつまらない記事を書いている

ランキングに参加して居た頃の半分になったかしら

あの頃、毎日の更新は疲れました


それでもブログ仲間は懲りずに来て下さる

昨日、今日のお仲間さんではありません
永いお付き合いを頂いています

お互い更新がないと心配をする
どこか体の調子が良くないのでは?
何かあったのかしら?

などなど、情と言うものが知らない内に育っている
だからブログやめようかと何度も思いましたが
止められずにいるのである

つまらないことでも「考える」と言う脳の働きが
認知症予防に繋がる

一人暮らしは家から出ないと会話がない
今朝は文旦のピールを乾燥させる為に裏のベランダにでた

裏の奥さま
「何干してるのですか」
「文旦の皮でピール作ろうかと思ってね」
「ああ、あのお砂糖まぶしたお菓子?」
「そうよ、出来たらお持ちしますね」
「あら〜うれしい」

今日はこの会話だけ・・・・・


そうそう文旦のピールを砂糖で煮詰めた後の
鍋は砂糖でべったりなので
鍋に水を少し足して溶けるように火にかける
冷めたらピッチャーに移して
紅茶に少し入れると香良く美味しく頂ける事を発見した











2017年03月15日

時間があっても、こう寒いと何もする気が起きず、グータラな生活をしている

正絹の黒羽織りを、といてベストを作ったのはもうずっと前の事
思い出してボタンをつけて仕上げた


ならまち(奈良)で購入したパンツを出して見た
一度も穿いていないパンツに合うよう、ベストにパッチワークを施して見た

DSC02822

正面から

DSC02823

後ろから


DSC02813


DSC02815


DSC02824


パンツの型紙を起こすのが面倒だ
これを参考に裁ってみようと思う

薄手なので、春先暖かくなったら着てお出かけしようと思う
どうでしょうか




2017年03月13日

なんだかねぇ〜
平凡過ぎて日常生活の中でブログに書くような事が起きない

って良い事?
幸せな事?

行動範囲も2人ずれ(夫婦)なら広がるが
一人になるとどうしても狭くなる


一人行動がチト寂しい事もある

コレ正直な話


でも思い切って当日に行動が出来るのも
一人の特典


当日約束ではないが昨日はoさんとランチして来た
彼女は一人ではない、夫も居れば息子家族とも同居だ

しかしながら、話を聞けばいろいろ有るもんだ


私は友に会っても愚痴は言わない

良い格好するわけではないが
言っても仕方がない、と思うのだ


昨日は彼女の愚痴を聞いた


その話に異論が有ったが、黙って聞いて上げた
少しは気が楽になっただろうか


声をあげて笑う事もなかった
それでもランチは美味しかった

家では揚げ物をめっきりしなくなったので
トンカツが食べたかった

JR天王寺駅直結のMIOのレストラン街で
カツ丼と天ぷらうどんのセットを注文した
みそ汁と煮もの、漬け物が付いていた

彼女は稲荷ずしセットを注文、これにもうどんが付いていた


美味しかったが量が多かった、のか
私が少食になったのかうどんは3本程食べただけで残した
一品モノにすれば良かったのに・・・あとのまつり


彼女は2歳下だけど全部平らげた


お天気は良かった「一心寺」まで歩こうかと思ったが
「お茶にしよう」と言う事で
あの高い、高い、あべのハルカスの16階にある喫茶でコーヒーを味わう

本当は、この階の何処までも続く街と空を眺めながら
甘い物でも、と思ったが超満員だった
自然にこぼれた客が流れて来るこの喫茶になった

彼女「ミルクティ」と言ったら
たんぷりミルクが最初から入っているティポットがきた
「おいしくな〜い」
ありゃ〜だよ、まっしろけ


「普通はミルクは別に持ってくるよネ」
「そうよ。わたし紅茶は飲まないけど知ってるよ」

途端不機嫌な彼女

いや〜どうすりゃ良いよ・・・・

私アイスコーヒー

おいしかったわ〜。わるいけど

沈黙が続く


「どうする?キューズモール行く?」と彼女
お互い手芸をするので、ここに大きな手芸材料を売る店が有るのだ
買い物はない

と言うか気乗りがしなかった

近鉄百貨店の「友の会」へ行くと言う彼女に付き合って
ウロウロした

それでも
「今日は楽しかったわ」と言ってくれた

4時だったので
お互い地下デパで別れて買い物することで終わりとなった


こんな時もあるさ




2017年03月09日

3月7日(火曜)

約束通りFちゃんとの連日の逢瀬
なんだか、美味しい洋食屋さんを見つけたそうな
「食べさせてあげたかったのに電話したら定休日だったんよ」
「お肉も柔らかくて美味しかったのに」ととても残念そうだった
この気持が嬉しい


「じゃ仕方が無いね、駅前のお店は駐車場が無いから
ファミレスでいいよ、時間もゆっくり出来るし」と言う事で
びっぐ○ー○へいく

このお店よくオーナーが変わり、店内もその都度変わる
今回は椅子のシートが新しくなっていた

つまらない話でも彼女と話せば漫才如きになる
広い店内は昼どきなのに、お客さんは半分しか埋まって無い


すごくボリュームの有るのを注文した
ハンバーグ、うどん、牛肉のすき焼き
これだけでお腹が膨れそう
話に夢中で写真を撮るのを忘れた

ご飯を別に注文する+100円で食べ放題のご飯と選べるスープが付いている
すき焼き、だけでは辛くて食べられない
食べきれないの分かっていて2人ともご飯を注文する
ドリンクバーもつけた

お腹も膨れ話が尽きた頃
「これからおねえちゃん○歌行こうか」という。
「えっ小唄?小唄に興味あるの?」

「あははは、違う、違うお歌」
「なんで歌に、お、をつけるのよ。幼稚園生か、カラオケでしょ」
「そうそうカラオケ」
ここで他のお客さんも巻き込んで爆笑
「今日は早めに帰りたいのよ、チョット用事が有ってね」と私。

時計を見るともう3時いつものように長居した
楽しい半日で有った
北風の吹く寒い日でありました



3月8日(水)

この日は二女を温泉へ連れて行ってあげる日だった
ブログ友、はっちゃんが奥さまと良く行かれる
「いよやかの郷」というかくれ温泉的な温泉へ行って来た
取り外しの効くカーナビを外したまま忘れていた

一度しか行って居なくても橋本へ向かって170号線一直線なので
「積川神社前」の信号を左折れ一度するだけだし
分かる、と思った

処が二女が運転を買って出て「一直線に行って」
と言いましたが、途中から辺りの風景がなんとなく違う
まるで山の中だ。170号線は両端は大型店舗が並んで居て
交通量も激しい

道の駅で買い物ついでにお客さんに、娘と私、別々に違う人に聞いた

各々違う説明だった
娘が聞いた方が簡単だったので、そちらの案内で行く事にした
何処でどう間違えたのか山越えて岸和田の街の方へ出たようだ
(二女はスマホ持っているのに活用不可)

大幅に時間がかかった。
40分で行けたのに、道の駅で買い物などしたが2時間もかかってしまった
やっと着いたが、なんと山道反対側から「いよやか温泉」に到着

「ドライブ楽しんだ事にしよう」と解決

良い湯だった。美肌効果満点。

長湯の娘を待つ事30分

なんだか小腹が空いたねと「うどん」を食べる事にした
この日も冷たい強風が荒れ狂っていた
付いた時は駐車場から本館までが寒かった
(ここはホテルにもなっています)

170308_150753


お土産の店とレストラン

170308_144552



湯上りでまっかな顔をしていたが冷たいお茶がとても美味しかった
注文したうどんを見て、2人で唖然とした
バケツ程ある大きな丼だった
とても持てない

びっくりしたのは丼だけでお味は?

BlogPaint



従業員さんは腱鞘炎になるのでは、と余計な心配した。
家に着いたのは6時前

そのまま炬燵でウトウト何だか疲れてしまった





2017年03月07日

隣町の銀行に用事があって行く事になったが
長女が肩こりが酷くて、隣町へ行く途中にある整体にかかると言うので
一緒に車で出かけた


駅から遠いので仕方が無く整体が終わるのを待った
小一時間ウオーキングする事にした


偶には知らぬ土地を歩くのも良いかな
山が切り開かれ、どんどん山手に住宅がのびていた

あ〜あ地震が怖くないのかな
地滑りが怖くないのかな

なぁ〜んて思いながら、歩きながら新築住宅を見た
ほとんどの家が敷地20坪から30坪と言うところでしょうか

我が家のような昭和に建てられた家とは違い
ハイカラな佇まいだった

駅まで遠いから、価格はそんなに高くはないだろう、
3000万前後かな、な〜んて勝手に思った

時計を見るとそろそろ1時間になる
急いで戻って車の中で待機
歩数は4500歩弱

雲ってはいたが気温が高く汗ばんだ



さてそれから私が行く銀行に向かう。
駅前に車を預けて
そこから2分の銀行へ行ったが
娘は近くの商店街へ何やら買うとか言って姿を消した


適当な時間に車の所で待ち合わせする

銀行は20分程かかった

さてどうしようか
買い物ならちょっとやそっとでは戻らないだろう

すると携帯がなった
見るとFちゃんからだった

そうか今日は仕事の日だった
銀行から2分の場所に職場がある

「今近くに居るから行くわ」と返事して行った
窓からそっと覗くと大きなお尻を受付窓に向けて何やらしている
黙って見ていると
私が行っても良いように、椅子を用意して缶コーヒーが机の上に置かれた

「わっ!」
「ああビックリした、入って、入って!」
とドアーの鍵を開けてくれた

「コーヒーどうぞ」
「有難う、でも今は良いわ」
「じゃ〜持って帰って!」
「いいわよ、缶コーヒー一個持って帰らなくても家にあるから」
「アハハハそうか、そうやったね」
「元気だった?」と聞きますと
「足が痛くて・・・・・・」と顔をしかめる
「肥りすぎ!お菓子減らしや〜」
「う〜〜ん、できへんわ」2人で爆笑


お客さんがひっきりなしで来られる
銀行の駐車場は、一時機械化されたが駅前でもあり
一般客も有料で受け入れています。なので
機械では追いつかず、銀行が終わる3時まで手作業にまた戻ったのである

話は何度も中断する
「で、続きはどうなったん?」
「続きは、だから・・・・何の話だったっけ?」
「コウコウよ、それで?」
「それでね」又お客さん

「仕事の邪魔だから帰るわ、今日は娘と来ているし」
「エッそうなんや、明日暇?」
「毎日暇よ」と私 (笑)
「じゃランチ行こうよ、私奢るから」
「奢らなくても良いよ、その位の小金持ってるし〜〜割り勘で行こうよ」

「わたし大金持ち、お姉ちゃん小金持ち?」アハハハ
「そう、そう」

と言う訳で今日は10時半になったら出かけます。



娘は既に車の中で待っていた

「美味しそうな、いちご大福買ったから帰ってお茶しよう」と包みを見せる
ワンちゃんとネコちゃんのお出迎えを受けて娘宅で
寛いだのは言うまでもない

DSC02805

美味しかった



               



お中元,お歳暮しか小包など届いた事が無いのに
先日このような小包が届きました

BlogPaint


中身は文旦でした
ブログ友達ラッシーママさんからでした

DSC02806



着物の生地を差し上げたお礼だと言う事で
律儀なママさんに恐縮です
有難うございました








2017年03月03日

今日はうれしい雛まつり

DSC02800


DSC02788


DSC02784


DSC02785


ご近所さんが見に来て下さいました。


なので今年は1週間前から
部屋で無く玄関のスペースを利用して飾りました。

でもぉ〜〜玄関先でお話が進みます。結局
「寒いのでどうぞ」と炬燵へご案内する事になった。

一杯のお茶と黒豆煎餅で長々と話は続きました。

マカロンポーチや、ねこバサミが
もらわれていきました。



ちょっと調べて見ました
お内裏様は
「天皇の住む御殿。皇居で有る。天皇、皇后をかたどった一対のひな人形」
の事だとあった。

「内裏雛」の略だと。


では

「お内裏様とお雛様ふたり並んですまし顔」
という歌詞はおかしいのではないか。



もう家には女の子、わたしだけ。

昨日二女が訪ねて来てくれた。

「お寿司を食べに行こう」と
11時に昼食済ませていたがそれでも
「行こうよお腹ぺこぺこ」という。
食事して2時間ほど経っていたので付き合う事にした。

近くには寿司屋はない。
車で20分の所に回り寿司がある。
ここへ連れて行ってくれた。
2皿とスイーツを食べた。娘は赤だしと10皿。
娘のおごりだった。


私がお寿司大好きを二女は十分承知している。
上ものが食べられない私は回り寿司で十分なのだ。
トロ、サーモン、ウニ、ハマチ、など苦手だ。

良く笑われる。
「それでもお寿司大好きなの、安上がりだね」と。
だからまわり寿司で十分なのだ。

なので今日はひっそりと部屋で過ごそう。










livedoor プロフィール
バナー2
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ