2004年12月19日

【NHK受信料支払い拒否について考える(4)】

今日はこれくらいにしましょう
●前回の記事【NHK受信料支払い拒否について考える(3)】では、■NHKは利益を追求しているのか?■受信料は番組の対価として適正か?の二件について問題提起しましたが、今回は、公共放送のあり方と適正な受信料について考えてみたいと思います。


■公共放送は本当に不要?

○やまぶし萬力発電さんは、【<続>NHKの受信料のこと。】の中で、『公共性って、なんだろうと考えると、みんなの思いとか、こうあるべきだとかという理念とか、になるのかなぁ…。料金を支払って、国民が運営に参加できる、放送ってのが、面白いよねぇ、きっと』と述べてくれましたが、どうも受信料の支払いに違和感を抱いている多くの方々は、公共放送なんて不要だと思っているように感じられます。
 しかし、本当に社会から公共放送というものが無くなっても問題はないのでしょうか。

 これについて【NHKは不要?必要?】の記事をトラックバックしてくれた彰の介さんは、『私はNHKに1300円ほどの対価を感じない』と言いつつも、彰の介さんが「NHKの最高傑作」と評価している「映像の世紀」というシリーズを例に挙げ、「視聴率のいい番組のみがいい番組」とは限らないので『NHKは視聴率に左右されるような番組作りをしてはいけない』と述べています。

 また【NHK・かこ/げんざい/みらい】の記事をトラックバックしてくれたおおたさんも、NHKは「民放の補完」になっており低視聴率番組でも国民的には放送しなければならず、「受信料調達方式」は「しかたのない合理性」と述べています。

 私も上記のお二人の意見に同感で、多くの民放局が視聴率を競って大衆ウケする番組に走る中、せめてNHKぐらいは視聴率に左右されない質のいい番組を創って欲しいと思います。
 以前にも書いたとおり、私はNHKが創る番組自体は民放より丁寧に作られていると考えているので、現在の受信料方式に問題があればそれは見直すとして、公共放送という枠組みだけは継続して欲しいと考えています。

■受信料方式はもはや制度疲労か

○これについて彰の介さんは、今回の問題はNHKのお役所体質が全てとして、お役所性を排除、監視する外部組織をつくることが必要と指摘し、受信料の支払い拒否では番組の質の低下は起きてもお役所体質の改善にはつながらない、と主張しています。
 また、おおたさんは現在の受信料方式については放送法違反になるが罰金規定がないことが問題として、膨大な人件費をかけて徴収している割にはかなりの不払いと不公正契約がまかりとおっている、と指摘しています。

 このように、公共放送が必要と思っているお二方ですら、現在のNHKの組織体質や受信料制度について問題があると指摘しているのですから、もはやこれまでの受信料方式のままでは国民に素直に受け入れられるとは思えず、早急に改革が必要だということは間違いなさそうです。
 では、これからの公共放送は具体的にはどのようにあるべきなのでしょうか。

○これについておおたさんは、NHKチャネルの量と質については人や組織が大きい割りに趣味のチャネル中心になっており、総合テレビは定額受信料でいいかもしれないが、他のチャネルはPPVと定額方式の併用くらいにしないといけないのではないか、と提案しています。

 また■「みなさまのNHK」にするための劇薬私案の記事をトラックバックしてくれたミッドナイトパックスさんは、公共放送の改革私案として以下のとおり具体的な提案を紹介しています。
1、国営化し、税金で運営する。
 内容は「政府広報」の色彩が強まるが、NHKの役割は民放が代替する。
2、受信料を払わないと見れないようスクランブルをかける。
 デジタル化を活用し、契約をしない者はNHKを受信不可能にする。
3、都道府県ごとに経営分割し、各自治体がそれぞれの方針で運営する。
 公共放送としてある意味理想に近いのが、この経営分割方式。財源は、地域の実情に合わせて受信料方式でも税金方式でもコマーシャル方式でもいい。
 番組の編成方針など重要な事項は議会が任命した経営委員会が決定。経営委員は住民の直接請求による解職を可能にするなど、民意を直接反映できる仕組みとする。


■NHK改革へ向けて視聴者・国民も一緒に考えよう

○私も、この私案について多くの方の様々なご意見をお聞きしたいと思います。
 なおミッドナイトパックスさんは、あくまで個人的な感覚と前置きながら■NHK受信料は高いか安いかの記事をトラックバックしてくれましたが、ご自身の公共料金と教養娯楽のための支出と比較した上で『我が家の経済感覚から見ると高い』と指摘しています。
 また、おおたさんも現在の1395円は高すぎるとして、1000円程度が適正ではないかと試算しています。

 ということは、このお二人の期待に応えるためには、受信料を少なくとも現在より約3割程度引き下げることが必要となりますが、前回の記事で指摘したNHKの利益追求体質や彰の介さんが指摘するお役所体質を見直せば、番組の質を低下させずに十分引き下げ可能な範囲ではないでしょうか。

 今日は、21時から海老沢会長が自ら出席する「お詫び番組」が放送される予定です。このように、私たちがブログで議論しているような視聴者・国民の声が番組の中でも聞けるのか、また海老沢会長がそれに対してどのように答えるのか注目したいと思います。

 誰も文句を言わずにお上に従っていたこれまでとは違い、多くの国民が自ら意思表示を始めた現状においては、中途半端な回答ではNHKの信頼回復は得られないと思うだけに、今日はこの番組から目が離せません。

※この記事に共感して頂けたら、是非ともクリックをお願いします!
  →人気blogランキング

azarashi_salad at 18:39│Comments(8)TrackBack(9)
社会 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. トップの対応が流れを変える  [ ガ島通信 ]   2004年12月19日 19:17
「社員は悪くないんです」。自主廃業に追い込まれた山一證券の野澤正平社長(当時、現センチュリー証券社長)は会見で涙を流しながら社員の再雇用を呼びかけました。*当時の心境を語るインタビュー「山一證券の十字架を背負い続ける」 そのおかげか、山一には多くの求人が
2. 「NHKに言いたい」実況  [ ガ島通信 ]   2004年12月19日 21:55
海老沢会長のお詫びで始まった「NHKに言いたい」。国会答弁の官僚のようにのらりくらりとかわす海老沢への、ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏のジャブは効果的でした。何度も話が「番組の質」に向かおうとするのを食い止めて、責任問題を追及する姿勢が見えています。 &nbsp
3. NHKを笑えるか?  [ 愛と妄想の日々。 ]   2004年12月19日 22:36
先日とある地方紙の記者との飲み会の席で、新聞について地元学生が行ったデータについての話になった。
4. NHK問題(3)  [ dawn ]   2004年12月20日 09:02
「NHKに言いたい」への感想
5. NHKはまっとうな商売を  [ quimitoのご本ご本 ]   2004年12月20日 10:58
ちかごろNHKの受信料の不払いが増えている。しかしfinalventさんが言うよ
6. NHK-うちも払いたくないです  [  ◇ママの独り言◇AperioFriends ]   2004年12月20日 12:50
払ってます。口座落しで・・・。 なぜって・・・取立てがすごかったんですよ。 夜の10時とかに、マンション(独り暮らししてた頃のワンルーム)のドアの前に何時間も立ってる。 しかも、ピンポンもうるさい、ノックする。インターホンで断っても居座る。 あまりにもう
7. NHK受信料のこと  [ Etrangere en Paradis   ]   2004年12月23日 03:43
私の周りでも、「受信料、払うの止めヨッカナァー」なんて話がでています。実際、口座引き落としを中止した人もいるらしい(××ー、オットコマエェー)。 12月末でどれぐらいの件数になるんでしょうね、でも100万件台のオーダーぐらいいかないと、駄目らしいです。やま
8. [速報] 海老沢NHK会長引責辞任 [意見募集中]  [ NewsToday-7 ]   2005年01月26日 00:53
NHKの海老沢勝二会長(70)は25日、経営委員会の石原邦夫委員長 (東京海上日動火災保険社長)に辞表を提出し、経営委も了承した。 後任には、橋本元一専務理事・技師長(61)が内部昇格する。任期は3年。 副会長には、元NHK解説主幹の永井多恵子・世田谷文化生
リクルートコスモスの増資の内訳は、ユニゾンに対し普通株約90億円、東京海上日動火災保険、あおぞら銀行など金融機関に対し約256億円。これと平行しリクルートコスモスは、総額139億円の普通株を1株380

この記事へのコメント

1. Posted by やまぶし萬力発電   2004年12月19日 20:01
あざらしサラダさん、こんばんわ。議論が、だいぶしやすくなりましたねぇ。これから、番組(21時の放送)みて、また、考えて、投稿します。
2. Posted by あざらしサラダ   2004年12月20日 09:13
やまぶしさん、こんにちは。
そちらにもコメントしましたが、2時間の「言い訳番組」を視聴者・国民がどのように評価するかが問われているような気がします。
3. Posted by やまぶし萬力発電   2004年12月20日 09:45
あざらしさん、おはようございます。
当方の方に、コメントをかえしましたが、続編「日放労」期待してます。
4. Posted by Dawn   2004年12月20日 11:29
こんにちは
先程はtrackbackだけ大急ぎでお送りして失礼しました。
本質論のない番組のお陰で、NHKへの風当たりはさらに強くなる可能性がありますね。外部のリスクマネジメント専門家の意見を聞いたのでしょうが、また2時間強の電波を無駄使いしてしまったようですね(苦笑)。
Dawnより
5. Posted by あざらしサラダ   2004年12月20日 14:26
やまぶしさん、こんにちは。
受信料支払いを拒否しなくてもできる抗議行動を提案してみました。
ご賛同頂けるでしょうか?

Dawnさん、こんにちは。
今の流れからすると、経営責任のケリがつかなければ本質の議論に入れないような雰囲気ですね。
6. Posted by デジタル・パブリック・チャンネル   2005年01月17日 02:35
そもそもプラットフォームが多様化している現状でテレビだけを論じるのは既に不足していると思います。で、以下にちょっと昔考えてたものを・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テレビ地上波に使われている電波帯域は、既に技術力の進展から見れば非常な無駄であって、実に勿体無い事なのだ。そういう観点から見れば情報をデジタル化して扱うということでは地上波のデジタル化は有効である。

 しかし、テレビと言うものが電波という媒体を使う事は、既に現段階の技術水準から見れば、無駄ではないだろうか・・・?電波という資源を使うには勿体無いのだ、既に、現状では・・・。

 あのサービスは本来、ケーブルに載せたほうが良いんだと思う。理由は?その方がコストだって安くなるだろう。制度のデザインによってはね。それは、他にも有効なサービスの展開が可能だからだ。

 で、電波はそれなりにもっと有効な使い方をしたほうが良いんだと思う。電波と希少資源の有効な利用法は、モーバイル通信用に使うべきなのだ。ラジオは使っても良いだろうね。でも、どう考えたってテレビを持って歩くなんて変なんだよ。←でも、
最近携帯でテレビを見るサービスなんて考えられているみたい・・・。だけどね、やっぱ、すっごい、変だよ〜。

 持って歩くなら衛星で良いだろう、違うかい?それか、携帯の会社がそういうサービスをすれば良いだけだろう?何で費用負担もしない連中にそういうサービスを無料で提供しないといけないの?変でしょう。電波でもってあたかも情報を無料でばら撒くなんて・・・。

今、流通しているその情報の質や何たる様か、碌でも無いものばっかりだろう。金を払ってまで見たいものがある?

 悪貨は良貨を駆逐している。それはそれで仕方ないが、この碌でも無い情報の洪水は無料だというイリュージョンで成り立っているからだろう?

 でもね。良く考えてご覧。世の中、無料なんてものは無いんだよ。それなのに目先で自分で払わないから無料だと思ってしまっているだけだ。実はテレビは巧妙に仕組まれた資本や権力の洗脳装置であったりするのだ。 これが無料だと思うこと自体がおかしいのだ。

人間ってものは、実は情報で成り立っている。社会は網みたいなものだ。その網の目の結び目が私たちなのだ。個人は自立していると思ってるだろうけど、実はそうした社会の情報の中で密接に結びついているのだ。そして、それが社会的人間存在の在り方なのだ。

で、稀少な公共財である公共の電波が一部の資本や企業の利益のために使われると言う事自体がおかしいのだ。これはどう考えても健全じゃない。しかし、それで金を儲ける仕組み=民間放送を作ってしまっているのでこの既得権益を崩す事はなかなか難しいだろう。

だが、商品経済の原則からいけば、メリットを受ける経済主体がそのコストを負担すべきだろう。それはモノとして売り買いされる商品だけではなく、そこに載って送られてくるソフトやサービスもそうなんだ。所謂、消費者が正しくそれを消費する時点で支払う価値があるかどうかを判断するべきなのだ。そして、それはソフト供給者とその視聴者が、一対一で対応しなければならないんじゃないかとおもうのね。テレビというメディアから流れてくる情報だって本当はそうあるべきなんだと思う。

つまり・・・、情報サービスの消費者=受け手がそのコストを適正に負担する制度へと変更されるべきなのだ。(そうした観点からみれば、この国でまともな商業放送とは見た分だけ金を支払う通信衛星にのデジタル化されたチャンネルと見るからと契約し金を支払うWowWowという映画専門チャンネルぐらいのものだろう。所謂、地上波の民放とは別ものだと考えるべきである)

 こうした観点からすると、全ての地上波の見直しが必要となるで。それぞれの番組でその番組の視聴者がコストを負担すべきなのだ。若しくは、最低でもそのコストが明らかにされる仕組みが必要でしょう。番組の最後には一体幾ら掛かったか経費を公開するタグを付ける出来なんじゃないかしらね。

 じゃ、どうしたら良いか?無理は承知で有るべき姿を考えてみた。

プラットフォームの変更


そのソフト載るハードウェアーは電波からケーブルに・・・。


ソフトの供給体制は?


全てのエンターテイメントは有料化!


ただ、これでは支えられないサービスが出てくる。社会を維持する為の公共的なサービスとしての報道・教育番組である。


そこで、これには2つ以上のチャンネルを割り当てる・・・。そうしたサービスに特化したNPOで運営を行う。


(これは、公正な競争が行われる担保措置。これがコストも一番安いんじゃないかと思う)

※金を支払うものだとなれば、いい加減な芸では飯はくえんよ。馬鹿なタレントなる人種は居なくなるだろう。芸人とはそうしたもので無いと駄目なんだよね。それとメディア・リテラシーをちゃんと義務教育過程に入れる事だ。今のメディアと受け手の力関係はあまりにアンフェア−だものね。

って事を考えると別にデジタルにするからと言って、電波などを使うべき必要性は全く、無かったのだ。しかし、そうした議論はなされないまま民放の既得権益、NHKという巨大組織の既得権益、総務官僚の権益、政治家の既得権益、家電電気業界の既得権益などがそれぞれ既得権を失わない様にと地上波のデジタル化に突入した訳だ。

一般市民と消費者はこんなことちゃんと知らないんだからね。懐から金を抜かれるだけだよ。全く、人が良いよな。

下記の記事はその費用負担でちょっともめたときのもの。
--------------------------------------------------------------------------------

日付:2002/08/01

携帯4社、電波利用料引き上げに反対

 NTTドコモ、KDDI、J―フォン、ツーカーセルラー東京の4社は1日、携帯電話会社が年間計240億円を国に支払っている電波利用料を増額しないよう片山虎之助総務相に申し入れた。2003年から導入される地上波デジタル放送の混信対策費用に電波利用料を充てることが検討されていることから、携帯電話各社の負担増をけん制する目的。

 混信対策費は当初の727億円から1800億円に膨らむことが分かり、民放とNHK、総務省で構成する全国地上デジタル放送推進協議会(会長、北川信テレビ新潟放送網社長)は同日、増額分を電波利用料でまかなうことで合意した。 携帯各社の申し入れ書は、「電波利用料は全体の8割を携帯電話会社が支払っており、放送会社の負担分は合計で4、5億円程度」と指摘。「電波利用料を財源にするのは疑問」として携帯電話会社負担分の増額はしないように求めた。

----------------------------------------------------------------------------------

国と既得権益層はやることが汚い!な。(民放とNHK、総務省で構成する全国地上デジタル放送推進協議会ってのは既得権益層です)呉越同舟だ。誰もが負担を人の押し付け、自分だけフリーライダーになろうとしている。こんな大人に育てられる次世代は可哀想だ。まともに育つわけ無いよ。

 民間放送はコマーシャルで金儲け、NHKは受信料で国民から金を搾り取る権利あり。で、官僚さんと政治家諸君は免許の認可権とかでこれを縛ってます。

いずれ、この問題は解決を迫られるだろう。YBBとかライブドアとかIT系と言われるケーブルというプラットフォームで勢力を伸ばす勢力がこの状況を変えていくだろう。それはオンデマンドの有料化をキラーコンテンツで囲い込みながら進めるだろう。

しかしね、本当は社会を支える公正で公平な情報共有のあり方を、早めにちゃんと考えておかないと社会がぼろぼろになっちゃうんじゃないかと思うのよね。折角、有る道具をちゃんと使いこなさないと勿体無いと思うのよね。ここに書いた構想がものになるのは今すぐじゃ無理だろうけど、次の時代を考える為には議論はしておくべきものだと思う。

※最近、NHKで一番腹が立ったのは、あの看板番組のクローズアップ現代で核燃料サイクルの再処理工場の稼動の問題を取り上げた時期だ。あれは12月の終わりごろにやってたんだけど、その内容はこれが原子力委員会で再処理自体をやるべきかどうか問題となった半年前でも作れる内容だったのだよ。それをNHKは原子力委員会がそれを既定路線変更なしとなった段階まで取り上げないでおいて、それが決まってから詳しくお知らせしてるのね。これじゃ〜政府広報機関といわれても仕方ないでしょうね。


7. Posted by あざらしサラダ   2005年01月22日 16:14
デジタル・パブリック・チャンネルさん、はじめまして。
折角長々とコメント頂いたのですが、このブログは事情によりしばらく記事の更新を停止しているので、少し勿体なかったですね。
おっしゃるとおり、全ての電波は本来国民(本当は世界レベルでの課題なのですが)の大事な財産なので、限りある資源を有効活用しなければならないと思います。
ただし、離島や僻地などを中心にまだ全ての国民にケーブルインフラがいきわたっているわけではないので、国民放送としてはそこをカバーすることも必要なのだと思います。
そうした問題も含め、現行放送法の問題を考えていくと、色々と解決しなければならない課題に行き着くと思うのですが、残念ながら国会議論にでもならなければ、なかなか世論喚起にまでは至らないでしょう。
その意味では、今回のNHK問題が国会議論に登ることは国民にとって放送法を考える一つのチャンスにはなると思います。
8. Posted by デジタル・パブリック・チャンネル   2005年01月27日 03:47
失礼しました。しかし、技術の進展で遅かれ早かれプラットフォームは変わっていきます。社会を支える為の情報共有のあり方は考えられておくべきでしょうね。其のうち、デジタル・パブリック・チャンネルというHPででもそうした議論を始めますのでそのときは宜しく。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
niigata





★プロフィール
あざらしサラダ
ブログでコミュニケーションする際の「ブロガーズ・マナー」【自分用】
1、「人格攻撃」はタブー。
2、コメントを書く場合は、名前に自分のブログアドレスをリンクする。
3、コメントした人同士の遣り取りが思わぬ方向に行きそうな場合は、そのまま放置しないで管理者が捌く。
4、丁寧語を使い、略語や隠語、感情丸出しの乱暴な言い方を避ける。
5、飲み過ぎの状態でコメント等は書かない。(笑)

★このブログはこちらに移転しました★
★最新コメント
RSSフィードメーター
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/