2004年06月30日

【マスコミに対するバッシングは何を生み出すか?】

ついにやらかしましたね
●共同通信編集委員室のブログ『署名で書く記者の「ニュース日記」』が、この数日、荒れている。

○原因は、共同通信の小池編集長が同ブログに書いた記事『「社長日記」に異議アリ!』(6月26日)、『「会社の戦略」!?』(6月27日)の中で、ライブドアの堀江社長を「スノッブ」と批判したことに対して、それに腹を立てた同社長の支持者(?)たちが、小池編集長と共同通信に対して一斉に「バッシング」を行ったというものだ。

 一連の「バッシング」の有り様は、イラク人質事件や拉致被害者家族のケースを思い起こさせるが、今回の「バッシング」がそれらと大きく異なるのは、その多くが小池編集長個人に向けられているとはいえ、マスコミという「権力」に対して行われているということである。
 マスコミという「権力」に対するバッシングは、このあと一体何を生み出すのだろうか?


○実は、今回の騒動には恐らく伏線がある。それは、これまで「ニュース日記」にコメントを寄せていた数少ない読者たちが、いつも商業マスコミという「枠」にはまった発言しかできない小池編集長たちに対して、もう少し私たちと同じ土俵まで降りてきて記者個人の意見を述べることができないものか、と議論していたことである。

 これに対して『署名で書く記者の「ニュース日記」』では、今回の記事を書く前に『マスメディアの枠』(6月17日)、『「枠」をもう1度』(6月21日)の記事を書いて、「ニュース日記」で書く内容の「枠」について、一定の見解を明らかにしている。
 この「枠」について小池編集長は、『それぞれの問題について個人の意見はあるが、こうした場で表現できるのは、そのうち、一定の社会的規範の枠に納まっているか、ぎりぎりわずかにはみ出している、その程度の考えだ』と発言している。

 したがって、小池編集長を始めとする共同通信が、一般読者との新しいコミュニケーションのあり方について色々模索していたことは評価できるが、これまで一方通行的なコミュニケーションしか経験してこなかったマスコミにとって、『一方的に相手の「人格」を否定するような発言をすると、書いた本人が予想する以上に激しい反応が返ってくる』という、ネットにおけるコミュニケーションのルールを熟知していなかったことが、今回の騒動を招いた最大の原因ではないだろうか。

(この件と直接は関係ないが、マスコミはこの様な認識の上で佐世保の女児殺害事件を報道しているので、パソコンやチャットが犯人扱いにされるのではないだろうか)

 一方、小池編集長を「バッシング」した人たちも感情にまかせるのではなく、もう少し冷静な批判が望ましかったのではないだろうか。とくに、『基本的に自分の素性(リンク先)を明らかにしてコミュニケーションを重ねる』という、「ブログ」のルールを自ら破棄してしまったことは、とても残念に思える。
 さらに、共同通信が今回の件に懲りて従来のマスコミの「枠」の中に戻り、再び一方的な情報発信しかしなくなれば、マスコミと一般市民が同じ土俵で議論するという折角のチャンスを棒に振る結果になるかも知れない。

○これについて、私の記事にトラックバックしてくれたkoitaroさんの記事●パソコンという無機質な機器?(6月28日)に、『マスコミが持っていた権力が、インターネットの登場により一般人に分け与えられていることに、当のマスコミ関係者がまだ気が付いていない』とする意見が載っていた。

 koitaroさんは『「情報という第3番目のパワーにシフトする(暴力が1番目、経済力が2番目)」といった未来学者アルビン・トフラーの指摘を、今こそ真剣に受け止める必要がある』と指摘している。

 だとすれば、もしかすると今回の件がきっかけとなって、これまで「情報」を一手に握ってきたマスコミと、個人でも情報発信できる「ブログ」というツールを手にした市民との間で、「情報」というパワーをめぐる勢力争いが始まるかも知れない。

 そのとき、(恐らくそうなるのだろうが)政府や財界などがマスコミの支持に回れば、「ブログ」や「掲示板」などのネットに対する締め付けが、一気にやってくるかも知れないと思うのは私の考えすぎだろうか?

※この記事に共感して頂けたら、是非ともクリックをお願いします!
  →人気blogランキング
azarashi_salad at 01:34│Comments(14)TrackBack(4)
私説 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 解り易く批難しないと凄いしっぺ返しを食らう。  [ デパス四錠と煙草一箱 ]   2004年06月30日 14:19
以前の記事を書いてトラバを送った頃には、それ程盛り上がっていなかった共同通信blogVS社長日記、いつのまにやら大騒ぎに。 とりあえず、ただ叩くばっかりなのはどうかと思うので、今回の経緯みたいなものを個人的に纏めてみる。
2. blogなんか、狭い、偏った世界やと思うけども。  [ かかってこい! ]   2004年06月30日 14:19
堀江さんという人と小池さんという人の違いは、自分がどんなやつなのかをオープンにし
3. ちょっと調べればわかること  [ Pon ]   2004年07月06日 16:06
今日、いろいろBlogを見ていてちょっと気になったので書いてみました。 私もBlogを書くとき(特にニュースの場合)そのテーマについて 調べられることはとりあえず調べてから書きます。 だけど、他の人は違うのかなぁ。 三菱自工についてふと思ったこと-Mt.EGE このBlogだ
4. イカロスの墜落〓共同通信ブログ休止の波紋〓  [ カトラー:katolerのマーケティング言論 ]   2004年07月25日 18:50
<イカロスの墜落(フリューゲル)>拡大できます 共同通信が「署名で書く記者のニ

この記事へのコメント

1. Posted by 大西宏   2004年06月30日 12:58
『あざらしサラダ』さん、トラックバックありがとうございます。論点がよくまとまって、さらにこの問題の考え方が整理できました。
「これまで「情報」を一手に握ってきたマスコミと、個人でも情報発信できる「ブログ」というツールを手にした市民との間で、「情報」というパワーをめぐる勢力争いが始まるかも知れない。」というあたりは、鋭い指摘だと思います。
blogは、私たちが想像している以上のメディアになっていくのかもしれません。
2. Posted by @笑わせんなヴォケが!   2004年06月30日 13:25
 週刊!木村剛のトラックバックをたどって参りました。
 件の共同通信社の“事件”は大西宏さんおよびあざらしサラダさんの記事で初めて知ったのですが、問題点が的確に指摘されていて興味深く読ませていただきました。

 「ブログ」や「掲示板」などのネットに対する締め付けが…という部分には同感で、私もやや別の視点から書いた過去ログがありますのでご参考までに。
::|
::|・∀・)っ http://annai.2log.net/aavideo001/archives/blog262.html
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(この過去ログの題材は木村剛氏および石黒直樹氏の問題提起に負っています)
3. Posted by あざらしサラダ   2004年06月30日 18:04
大西さん、どうも。

ブログをメディアにできるかは、ひとえに、私たちユーザー(ブロガー)にかかっていると思います。
私たちにその自覚がなければ、例えば最近「喫煙者」が肩身が狭い思いをしているように、周りから反社会的な存在と見られるようになるかも知れません。

このところ、様々な国でネットに対する締め付けが強化されているニュースが伝えられています。
日本における規制が来ないことを願いたいものです。
4. Posted by あざらしサラダ   2004年06月30日 18:13
@笑わせんなヴォケが!さん、はじめまして。(スゴイHNですね)

木村剛氏も、ブログを既存メディアに代わるコミュニケーションツールにしたいと考えているのだと思います。
しかし、それが可能かどうかは、大西さんへのコメントにも書いたとおり私たちユーザー次第ではないでしょうか?

木村氏が提唱するポジティブ・コミュニケーションのルールを、私たちがいかにして作り上げるかが、緊急の課題ではないかと思います。
5. Posted by ミズタマのチチ   2004年06月30日 18:24
大変興味深いですね。
そんな事件が起きていたなんて、まったく知りませんでした。
マスコミの方も、もはや組織の壁に守られなくなった、といえるでしょうが、
一般の人も、発言する以上はシビアな責任を求められるところに来た、ともいえますね。
名誉に関する訴訟の慣れや、資金といった部分で一般人は不利と思われます。
しかし、そうしたリスクが、一般人の感情的非難から、建設的議論に変わることに寄与すれば良いなと思います。
一般人の議論のレベルが上がることで、マスコミの質も向上するなら、なお良いです。
6. Posted by あざらしサラダ   2004年06月30日 18:36
ミズタマのチチさん、こんにちは。

まだまだマスコミは、我々一般人とは比べものにならないほどの「権力」と「情報」を握っていますので、やろうと思えば「ブログ=悪者」キャンペーンを張るぐらい簡単なことだと思います。

しかし、そうした動きからは何も建設的なものは生まれてこないので、私たちユーザー側にも、ブログを新たなメディアに育てていくんだという自覚が求められているのだと思います。

その意味では、マスコミの記者と同じ土俵で正当な議論を戦わせれば非常に面白かったのですが、批判の多くが誹謗中傷になったことがとても残念に思えます。
7. Posted by かじたか   2004年06月30日 23:39
トラバって下さりありがとうございます。
しかし、深い考察ですね。
本人さん、そこまで考えてないとは思います。
それに、それを目にするほぼ全ての人たちにとって、何を思って書くかより、何を書いたかの方が重要なのですから。
ただ、周りがそういう意見や方針の中で生きてきた人だから、いろいろ違う潮流を理解、汲み出来なかったのだと思いますが・・・。
でも、それは世代や国や性別といった範囲で考えると、自分にも当てはまるわけで、ステレオタイプで論じたり、色眼鏡で見たりしないように、極力注意しなければ・・・。
いずれにせよ、ブログが荒れたのが非常に残念です・・・。
8. Posted by あざらしサラダ   2004年07月01日 00:08
かじたかさん、はじめまして。

常習女さんと、かじたかさんの記事を読んでから、この記事を書いたものですから、TBさせていただきました。

私は、場が荒れるのがイヤなので掲示板にはめったに投稿しないのですが、ブログはポジティブな議論が出来るので、色々な方と意見交換しています。

その中で、新たな考え方に気付かされることも多く、それがブログの醍醐味だと思っているので、今回のように自分がリンクしているブログが荒れるのは、とても残念に思います。
9. Posted by sweet7773   2004年07月01日 00:08
コメント及びトラバ、ありがとうございました。
堀江社長信者(笑)はニアリーイコール株主?っていうカンジですね。

個人的には、堀江さんのブログ、面白いと思うときもあるし、でも、全体的には、彼の個人的な自慢話しですよね。スノッブ?まあ、いってみればそうでしょう。ただ、だから彼の人格がどうたらこうたら、っていうことまでは、思いませんね。

しかしながら、なぜか、客に対する「ありがとうございます」という言葉が、彼のブログにほとんどでてこない。
彼のマネーゲームに乗っかった一部の投資家が儲けていて、そういう人は信者になるのかもしれないけど、本来企業が一番頭を下げるべき「顧客」に対する言及が、全くなされてない。

つまり、ポータルサイト運営、そしてそこでのコンテンツ配信など、B2Cビジネスをやっている以上、ブログとはまさにCに対して感謝をあらわしたり、ビジネスの内容を書くいい場所なのに、そこでただただ彼の自慢話が続く。
とすると、少なくても、彼はCSにあまり重きを置いていない、と考えられます。

彼の個人的ブログだから、いいんだ、という人もいますが、かなり仕事の話をしている以上、そして、なにより「社長日記」として会社の宣伝として使っている以上、あのブログは広報関係の一部になるでしょうね。
とすると、そういうところに鈍感な経営者が、ほんとにいい経営者なのか。。。
個人的に彼がスノッブであるかどうか別として、サービス業の経営者として、顧客の方を向いているのかどうか、疑問だなとは思います。
10. Posted by sweet7773   2004年07月01日 00:17
長くなるので、わけましたが、まあ、そういうわけで、小池編集長とは別の意味で、堀江さんのブログはどうよってことです。

で、今回の騒動ですが、小池編集長さんは個人的に堀江さん(個人が?)が気に食わないってことを、さもロジカルに、それこそスノビッシュに書いたわけで、それは大人げないというか。。。
で、それに対して、やたら堀江さんを擁護して無茶な書き込みが多いのも、どうかな、ってことで。

所詮「祭り」ですよね。。。
11. Posted by あざらしサラダ   2004年07月01日 00:28
sweet7773さん、すみません。

上のコメントとコメントの間に、そちらのブログにお返事をコメントしてしまいました。(笑)

ブログでチャットは難しい(^^;
12. Posted by 結夜   2004年07月02日 20:59
こんにちは。どうもこの件、放置の方向で終わるようですね。
ネットのあまり好ましくない面だけが浮かび上がっただけで有意義な議論へと向かわなかったことが残念でなりません。
13. Posted by あざらしサラダ   2004年07月03日 08:03
結夜さん、おはようございます。

良くも悪くも、「ニュース日記」にこれほどコメントとトラックバックが寄せられてのは初めてのことです。
今回の件が、マスコミと一般読者との間の新しいコミュニケーションの形に繋がれば、この騒動も無駄ではなかったと思えるのですが、確かにこのままでは後味が悪いだけですね。

小池編集長と堀江社長には、少なくとも冷静な意見を述べたTB記事に関してぐらいは、自らの意見を記事にして欲しいものですが・・・
14. Posted by スーパーコピー hermes バーキン   2014年04月20日 08:07
老いも若きも異なる人々が<a href="http://www5.big.or.jp/~chopin/cgi-bin/chopin-louisvuitton-4xx2p4j7iu.html">ヴィトン 財布 コピー 激安</a>の靴を着くと仮定し、もちろんトレーナーの実行可能な選択肢は、同様に設計に関連するソース機能大丈夫なテストを提供するためにお金を稼ぐことは本当にあります。
スーパーコピー hermes バーキン http://hermes_hghus.limos2go.com

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
niigata





★プロフィール
あざらしサラダ
ブログでコミュニケーションする際の「ブロガーズ・マナー」【自分用】
1、「人格攻撃」はタブー。
2、コメントを書く場合は、名前に自分のブログアドレスをリンクする。
3、コメントした人同士の遣り取りが思わぬ方向に行きそうな場合は、そのまま放置しないで管理者が捌く。
4、丁寧語を使い、略語や隠語、感情丸出しの乱暴な言い方を避ける。
5、飲み過ぎの状態でコメント等は書かない。(笑)

★このブログはこちらに移転しました★
★最新コメント
RSSフィードメーター
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/