2004年11月18日

【ライブドアブログの規約変更について考える(2)】

それはよかったですね
●前回の記事【ライブドアブログの規約変更について考える】は、1週間ぶりに呆けた頭で書いた記事にもかかわらず、沢山の方からコメントやトラックバックを頂きまして、本当にありがとうございます。


■ブロガーの声がライブドアを動かした

○中でも、好奇人さんが紹介してくれた「絵文字ことのは」さんの記事「LivedoorBlog以外にも権利侵害規定!ブログ著作権規約を全チェック」は、ブログと著作権の関係を考える上で非常に参考になりました。
 この記事を読むと、エキサイトブログの規約は若干問題があるようですが、エキサイトブログのユーザーから不安や不満の声が大きく上がっていないところを見ると、にぶろぐさんも述べているとおり、ユーザーと企業との間で一定の信頼関係が保たれていると言えるのではないでしょうか。

 正行さんは、今回の件について当初から色々と問題点を分析されており、このブログにも詳しい情報を提供して頂きましたが、どうやらライブドアも最終的には「及第点」(by正行さん)の規約に変更したようです。
 これも、多くのブログユーザーのみなさんの正当な主張が、ライブドア側にきちんと届いたからだと思います。同じライブドアユーザーとして、みなさんの積極的な行動に感謝したいと思います。

■企業の発展にはユーザーとの信頼関係が重要

○一方、Dawnさんやおおたさんが指摘しているとおり、今回の著作権騒動は単なる著作権の扱い変更だけではなく、一方的な通知をユーザーに押しつけるというライブドアの「場当たり的」なやり方に多くのユーザーが反発したことが大きいと思いますが、私個人としては、こうしたユーザーの意見に真摯に耳を傾けて直ぐに修正する分、どこかの大企業よりは好感が持てるような気がします。甘いかな?(笑)

 先ほども書きましたが、同じような規約にもかかわらずエキサイトブログで大きな騒動が起きなかった理由は、ユーザーとの信頼関係が大きく影響しているように思います。私は、これからの社会において企業が発展するためには、この信頼関係が大きくものを言うような気がしてなりません。

 契約社会では、文字で明記されていない信頼関係なんて何の価値もないと言われるかも知れませんが、まだまだ日本社会は、いい意味での村社会の文化が残されているような気がします。もしかすると、今回の件を契機に企業とユーザーとの関係が変わってしまうのでしょうか。

■各企業はユーザーとの対話チャネルとしてブログの開設を

○これまでも、各企業は「お客様相談室」などを設けてユーザーの声を聞くためのチャネルを用意してはいましたが、いまひとつ上手く機能していなかったような気がしてなりません。
 それよりも、私はブログの登場によりユーザーの声が直接企業に対して届くようになったことを、もっと評価すればいいのではないかと思います。さらにいえば、多くの企業がユーザーとの対話のチャネルとしてブログを開設し、直接ユーザーからの声を聞く努力をしてはどうかと思います。
 そうすれば、ユーザーとの信頼関係が構築できている企業は発展するけれど、ユーザーの意見に真摯に対応しない企業はそっぽを向かれるなど、企業モラルの向上という面でも大きく役立つのではないでしょうか。

○最後に、memoireさんからもコメントを頂きましたが、著作権の観点からも挨拶や感想、単純な質問など以外の意見や主張など中身のある文章はコメントするのではなくてなるべく自ブログに記事を書いてトラックバックした方がよいといえそうです
 これは、以前このブログで議論したブログで建設的に議論するための「基本的なルール」と、結果的に重なるのではないかと思います。

※この記事に共感して頂けたら、是非ともクリックをお願いします!
  →人気blogランキング

azarashi_salad at 16:41│Comments(9)TrackBack(5)
私説 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 著作権の話(2) ブログから派生する著作物への期待  [ にぶろぐ ]   2004年11月18日 22:43
こんばんは。エルメスです(ウソ)。 次は「他人の権利の保護」の予定、といいながらちょっとその前に補足。 「著作権の話(1) エキサイトブログユーザの権利」では、コメントを含めところどころにエキサイトへの信頼を宣言しています。本気で言っています。 以前「ブ
2. 2chとblogと祭りの火種  [ デパス四錠と煙草一箱 ]   2004年11月19日 14:05
・Blog の元ネタが 2ch な人が続々トラックバックするエントリー 面白そうなのでトラックバック。 まぁ、2chばかりがニュースソースってわけでもないけれど、ニュー速板にはほんとお世話になっております。...
3. ブログの活用法。  [ やまぶし萬力発電 ]   2004年11月20日 07:32
ブログの活用法について。
4. トラックバック&コメントの著作権  [ 好奇人の黒マソム ]   2004年11月21日 22:39
トラックバックとコメントのことについて、問題として取り上げていたのにも関わらず、問題を全然理解していなかったことがわかった。というわけで、今日は「利用者が著作したウェブログとそれに付随するコメント及びトラックバックは当該ウェブログを著作した利用者に著作権.
・小倉秀夫の「IT法のTop Front」:自由に、安全に闇討ちする権利 はてなの住所登録問題及びLivedoorの削除問題や規約改正問題をみていると、つくづく、 自分の発言に対して一切責任をとる気がないくせに、企業に対しては自分の発言を削除するな、変更するなと声高に発言

この記事へのコメント

1. Posted by Pon   2004年11月18日 18:22
確かにユーザーの声で企業がすぐ反応したことは
評価できると思います。がその批判されている企業が
ブログを提供している企業だというのがなんとも…。

2. Posted by at   2004年11月18日 18:28
> その批判されている企業がブログを提供している企業だというのがなんとも…。

サービス提供企業以外がそのサービスの規約を変える事は無いし、サービス提供企業以外がサービスのユーザの評価に晒されるわけも無い。
「なんとも」何なのだろうか?
3. Posted by yoshihiroueda   2004年11月18日 22:45
トラックバックでとりあげていただき、ありがとうございます。確かにエキサイトを信頼しているのではありますが、そればっかりではいけないと思い、別の記事を書きましたので、トラックバックさせていただきました。
4. Posted by dawn   2004年11月19日 08:26
おはようございます。
trackback有難うございました。
「ブログの登場によりユーザーの声が直接企業に対して届くようになったことを、もっと評価すればいいのではないかと思います。」は、おっしゃられる通りだと思います。dawnより
5. Posted by おおた葉一郎   2004年11月21日 21:42
あざらしサラダ様、
TBありがとうございます。わたしもちょっと、出ていたので、懸命に愛読ブログを読んでいるところです。
さて、今回のライブドア規約改定のどたばたについて、角度を変えて見てみると、おそらく最後に出てきた案と最初の案ではかなり内容が違うように思えます。最初はやはり著作権取り上げをもくろんでいて、猛烈な反対運動により方向転換したのかなって思います。途中ででてきた補足というのでは、方向変換を説明しきれないように思います。
このように、「みんながTB(コメント)という形で「嫌だ!嫌だ!嫌だ!」とか「辞める!移る!」とか反対の声を上げて、それにこたえて方向が変わるというのは、まさに「山猫民主主義」(Wild-cat Democracy)ということなのかなって思います。ひとつのBlogの方向性を示しているのではないかと、うすうす考えています。
では・・・
6. Posted by あざらしサラダ   2004年11月23日 00:20
PONさん、こんばんは。
今回は、たまたまIT系企業だったからユーザーの声がブログを通じて直接届いたということではないでしょうか。
例えば、もし三菱がユーザーとの対話チャネルとしてブログを開設していれば、あそこまで事態が悪化する前に適切な対応がとられていたのではないかと思うのですが。

yoshihirouedaさん、こんばんは。
もちろん、経営陣が変わると企業体質が変わる可能性もあるのでしょうが、ユーザーとの信頼関係が気づけないような企業はますます淘汰されるような気がするので、企業側も早くそれに気づいて欲しいですね。(新聞を見ると、企業の不正行為の記事ばかりがやたらと目につきます)

Dawnさん、こんばんは。
ユーザー側は評価していても、企業側は憎々しく思っているのかも知れませんね。(笑)

おおたさん、こんばんは。
「山猫民主主義」という言葉を一所懸命探しましたよ、「山猫スト」しか見つけられなかったけど。(笑)
弱者であるユーザーが、強者である企業に対抗する手段としてブログが注目されてきたと言うことになるのでしょうか。
7. Posted by Pon   2004年11月26日 23:42
そうですね。非IT企業ではこうはならなかったのでは
ないでしょうか。ただこの問題はIT企業だったから起きた
のですが。私が面白いと思ったのはユーザーだけが声を上げた
のではないというところです。dawnさんにしろ私にしろ
ブログを運営していますが、livedoorとは関係ない人間です。
それと企業側の対応のお粗末さ。その2点ですね。
あざらしサラダさんはとりあえずこのままlivedoorですよね。
8. Posted by あざらしサラダ   2004年11月27日 19:03
PONさん、こんばんは。
確かに、直接ライブドアユーザーでない方が「おかしいものはおかしい」と声を上げてくれたことを、もっと評価してもいいと思います。
選挙がある度に「世の中自分に直接関係ないことには無関心な人ばかり」と思っていましたが、今回の新潟中越地震をはじめとする災害に対するボランティアの盛り上がりなどを見ると、流れが変わりつつあるのかな、なんて考えたりします。
9. Posted by Infiliorn   2013年11月17日 01:29
3 ときよしこの夜が楽スキャットとシャッフル低音溝に作り直され、彼女の私は、なたは、Rとゴスペルジャズの素晴らしいマッシュアップでお送りしますどこに/子供ゴーゴーます <a href=http://ricestone.bov.jp/celine1.php>Celine バッグ</a>
藤堂エルフォンド平デルVEH EST estrat trabajado <a href=http://www.h-aoyama.jp/blog/data/celine2.php>セリーヌ 財布</a>
勇敢な王女メリダの衣装とアクセサリ <a href=http://www.jyukyo.jp/celine3.php>セリーヌ バッグ 新作 2013</a>
シンガポールのマリーナベイサンズカジノ <a href=http://www.arcolive.com/celine4.php>celine トートバッグ</a>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
niigata





★プロフィール
あざらしサラダ
ブログでコミュニケーションする際の「ブロガーズ・マナー」【自分用】
1、「人格攻撃」はタブー。
2、コメントを書く場合は、名前に自分のブログアドレスをリンクする。
3、コメントした人同士の遣り取りが思わぬ方向に行きそうな場合は、そのまま放置しないで管理者が捌く。
4、丁寧語を使い、略語や隠語、感情丸出しの乱暴な言い方を避ける。
5、飲み過ぎの状態でコメント等は書かない。(笑)

★このブログはこちらに移転しました★
★最新コメント
RSSフィードメーター
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/