2004年11月19日

◇被災現地のニーズと復興支援

苦しいのはあなただけではありません
●私がよくお邪魔する小島さんのブログ「ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘」に、11/18から「新潟中越地震、ある被災者の方の声」という記事が掲載されています。


○記事の内容は、新潟中越地震で被災された方から受け取ったメールに書かれていた現地の「生の声」を、小島さんがとりまとめたものだそうです。
 小島さんは、今回の記事は「すべての被災地の方の声を共通しているわけでは無い」と断った上で、「山古志村」のできる限り早い復興の実現を目的として、被災地の現状を伝えたいと述べています。
 したがって、詳細については直接リンク先の記事を読まれることをおすすめしますが、私がこの記事を読んで感じたことは、今記事のタイトルにした「被災現地のニーズと復興支援」の関係がかみ合っているのだろうか、ということです。

○小島さんは、現時点における被災現地のニーズとして、次の3点をあげています。
1、救援・支援物資と各避難所のニーズの整合性や分配の手段については、まだ十分ではなく、早急に対応すべき状況にある
2、大人の方々には、「カウンセリング」よりも、実際の「復興の具体像」・「タイムスケジュール」などを、早く明確に提示することが必要
3、できる限り、雪と冬への対処についても明確な見通しを村の方々に提示して欲しい

 その上で、この記事を読んだ多くの方々が、何か「山古志村」の方たちのためにできることはないか考え、可能であれば提案・実行するための発端になってくれれば、と呼びかけています。

○私たち一般市民やマスコミは、行政や企業に対して「ユーザーニーズ」という言葉を使い、こうしたニーズに的確に対応しない役所や企業をよく批判しますが、被災現地の方にしてみればそうした批判をするような気力もなく、またボランティアなど多くの方々の善意の支援を受けていることが分かっているだけに、なかなか自分たちの本当のニーズを声高に訴えることが出来ないのではないかと思います。
 ならば、誰かがそうした声を代弁してあげることが必要なのかも知れません。

 今回小島さんが書いた記事が、そうした被災現地の声を本当に代弁しているのかは、私にも分かりませんが、少なくとも上に書かれている3点のニーズについては、私には十分納得できるものでした。
 そこで、こうした被災現地のニーズに沿った復興支援を可能にするためにはどうすればいいか、私なりに考えてみたいと思います。

○まずは、「予算」です。
 どのような復興支援をするにしても、予算的な裏付けのない支援は考えられません。このため、復興のために必要な予算の目標を掲示するとともに、現時点での義援金などの集まり状況などをリアルタイムで表示し、マスコミの扱いが小さくなってもカンパなどの呼びかけをねばり強く続けるための仕組みを、今の内に整えておくことが必要ではないでしょうか。

 次に、「マンパワー」です。小島さんの記事にも書かれているとおり、物資だけに限定すれば過剰な状況にあるのかも知れませんが、それを的確に供給するためのノウハウや、情報共有のためのネットワーク環境構築のノウハウ、あるいは被災者への心理カウンセリングなど特定の知識や技術を持った方々のマンパワー支援が求められているのではないでしょうか

 とすると、どのような専門知識を持った人がどの位の期間、何人ぐらい必要なのかをきちんと把握して、役所や企業などから一時的にマンパワーを供給する仕組みを構築できないものでしょうか。
 また、最近ではJICAのシニアボランティアなども注目されており、現役を退いたばかりの経験豊富なOBの方などであれば、社会貢献の観点からもこうした支援活動への協力が期待できるのではないでしょうか。

 最後に、やはりこうした情報を途絶えることなく伝え続ける「報道」が必要ではないでしょうか。
 今はまだ、大手マスコミも被現地の状況を伝えようとしていますが、完全に復興するまでこの状況が続くとは限りません。
 被災現地の方々にしてみれば、まだ十分復興しきっていないのに、日本中からその存在が忘れ去られることを一番恐れているのではないでしょうか

 以上、とりあえず私の思いつくままに書いてみましたが、補強意見等があればぜひトラックバックをお願いします。

※この記事に共感して頂けたら、是非ともクリックをお願いします!
  →人気blogランキング

azarashi_salad at 00:04│Comments(5)TrackBack(7)
社会 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 《新潟県中越地震》これからが本当の活動  [ Etrangere en Paradis ]   2004年11月19日 15:44
もうすぐ発生から1ヶ月になろうとしています。 大手メディアの報道もまばらになってきていますし、まとまった情報が得にくくなってくる時期です。たよりは被災地からの直接の情報発信なのですが、市街地ではなく山間部での被害が大きい今回の地震で、インターネットを利用
2. 新潟中越地震募金「祭」  [ 幻影随想 ]   2004年11月19日 22:47
記者ブログとして有名なガ島通信さんが面白い提案をされているので乗ってみる。  新潟中越地震募金「祭」を提起したい そろそろ震災が起きて一ヶ月。 ニュースで取り上げられる拒も減り 被災者以外の人の意識からは、段々と地震の記憶が薄れてきているのではないだろうか?
3. 新潟中越地震募金「祭」を提起したい  [ ガ島通信 ]   2004年11月20日 11:16
もうすぐ新潟中越地震発生から1カ月です。ずいぶんと「前のめり」のような気がします。それは、新潟中越地震のボランティア関連のサイトやコメントのことです。ボランティアは仕事や学業の余暇を利用して行うものではないのでしょうか? 「その人ができることをする」。そ
4. 現場を信じて、義援金を - 新潟中越地震  [ 大西 宏のマーケティング・エッセンス ]   2004年11月20日 12:34
小島愛一郎さんのブログ「ベンチャー企業社長の挑戦」で、メールで届いた新潟中越地震、ある被災者の方の声が紹介されています。ぜひご覧ください。また、この声は、あざらしサラダさんがこのブログを受けて、「被災現地のニーズと復興支援」というタイトルにされたように、
5. 【新潟中越地震】義援金呼びかけポスターを作成しました。  [ BLOG STATION ]   2004年11月20日 18:53
あやかのお願い。きいてくれる? 最初の地震から3週間が経ちました。寒さの増す中、被災者の皆様には心からお見舞い申し上げます。 さて、「出来ることから始めよう」という呼びかけから始まった当ブログでは、「新潟県中越地震による災害により、被災された方々の救援と
6. 決して忘れてはいけないこと  [ @( ̄ェ ̄)@ ☆ひまわりが太陽に背を向けた☆ ]   2004年11月25日 21:01
まずは、 ベンチャー企業社長の挑戦、そして苦闘のこの記事を読んで見てください。 管理人の小島さんが被災者の方から頂いたメールを紹介しています。 震災にあわれ、 現在もその渦中にいらっしゃる方の声は、 マスコミが伝えるよりもはるかにシビアで とても悲惨
7. 震災発生2ケ月  [ ヤースのへんしん ]   2004年12月25日 08:30
震災発生2ケ月後ということで、少しでも募金をしようとコンビニを覗いたのですが、ロ

この記事へのコメント

1. Posted by dawn   2004年11月20日 00:50
こんばんは。
trackback有難うございます。
新潟中越地区は日本の原風景のような気がしてきました。
何とか力になりたいとは思うのですが、多くの皆さんの知恵と力とが必要でしょう。ちょいと気落ちしてしているところに有難うございました(笑)。

追伸:あざらしサラダさんの文章の一部を利用させて頂きました(悪用はしておりませんが、著作権料もお支払いできないのでご勘弁を)。事後報告ですいません。

dawnより
2. Posted by 小島愛一郎   2004年11月20日 11:15
小島愛一郎です。
記事掲載及びTBありがとうございました。
そして、多方面へのTBも御礼申し上げます。

>最後に、やはりこうした情報を途絶えることなく伝え続ける「報道」が必要ではないでしょうか。

ご指摘の通りだと思います。神戸の震災の場合、震災と同じ日に、報道の方は、「あれから何年」という形で毎年だと思いますが、報道されています。しかし神戸で被災された方には、まだその傷口を残されている方がいます。難しいところです。「報道」関係の方を在り方とは別に、「教訓」が活かされていないとは思います。
3. Posted by あざらしサラダ   2004年11月23日 00:28
Dawnさん、こんばんは。
>追伸:あざらしサラダさんの文章の一部を利用させて頂きました(悪用はしておりませんが、著作権料もお支払いできないのでご勘弁を)。事後報告ですいません。

私は全然気にしませんが、それより、どこに使用されているのか未だに分かりません。(笑)

小島さん、こんばんは。
大手マスコミが報じないけど貴重な情報を、ブログのネットワークで伝えることが出来ればいいですね。「ガ島通信」さんのように個人ベースで頑張っている方を、出来る限り応援したいと思います。
4. Posted by Randyhyb   2006年08月17日 10:53
3 http://rwarfeaffqwww.host.com
<a href="http://rwadfeaffqwww.host.com">desk3</a>
[url=http://rwasfeaffqwww.host.com]desk4[/url]
[link=http://rwaafeaffqwww.host.com]desk6[/link]
5. Posted by Jimmyeih   2006年08月18日 18:42
3 Nice job! Visit my sites too: http://rik.tag-host.com/133059744/ http://www.homepage24.de/boardsuite/board/index.php?nxu=49982438nx13872 soma http://Dennis22.homepage24.de/ ambien

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
niigata





★プロフィール
あざらしサラダ
ブログでコミュニケーションする際の「ブロガーズ・マナー」【自分用】
1、「人格攻撃」はタブー。
2、コメントを書く場合は、名前に自分のブログアドレスをリンクする。
3、コメントした人同士の遣り取りが思わぬ方向に行きそうな場合は、そのまま放置しないで管理者が捌く。
4、丁寧語を使い、略語や隠語、感情丸出しの乱暴な言い方を避ける。
5、飲み過ぎの状態でコメント等は書かない。(笑)

★このブログはこちらに移転しました★
★最新コメント
RSSフィードメーター
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/