2005年01月16日

渋谷神原町

今日、旧町名の記事に新しく「渋谷広尾町」をアップしたのですが、渋谷広尾町について調べていて、今まで知らなかった新たな町名に出会いました。

その名は「渋谷神原町」です。もともとは赤坂区に属したのが明治19年に麻布区に編入され、その後わずか3年後の明治22年には南豊島郡渋谷村に編入されたようです。

ただ困ったことに、この町がどこにあったのかが不明ということです。麻布関連の古地図には乗っていません。渋谷区の歴史書に目を通せば分かるかもしれないので、今度一度渋谷区の図書館に行ってみることにしましょう。

かつて麻布の一部であった場所が、その後他の地域に編入されたという例は意外と多いですね。白金に編入された麻布永松町などもその例ですね。うっかりすると見落としてしまうので、気をつけようと思っています。

この記事へのトラックバックURL