jituenittobori30















2018年8月25,26日(土,日)・9月1,2日(土,日) 、16,17日(日,祝月) 、23,24(日,祝月) 各日 正午~17時  なら工藝館 交流ロビーにて、一刀彫作家 本田晃さんによる、制作実演と絵付け体験会を行います。
絵付け体験会はどなたでもご参加いただけます(有料)。 ぜひお立ち寄りください。

sukasibori30








2018年7月28日(土)、子ども工芸教室「透かし楽彫り」を開催しました。
まずは、気に入ったデザインをカッターで細かく切り抜きます。
大人が驚くのは、子どもたちはコツをつかむのが早く、細かい作業が得意なことです。
切り抜いた型紙を杉の板に貼ったまま、講師特製の装置で細かい砂を噴射すると、木の表面の美しい杉目とともにデザインが浮かび上がります。杉の板にあらわれた美しく繊細な透かし彫りはデザインを一層引き立てて子どもたちも大満足。

hataori30





「子ども工芸教室」と「夏季制作体験教室」で行う『秋篠手織・奈良晒』の準備風景です。
織機は、織る前に経糸(たていと)を張っておかなければなりません。
全ての経糸を一本一本手でかけていく作業は大変な時間と手間がかかります。
教室当日、参加者の皆さんが来てすぐ織ることができるよう、講師やスタッフは何日も前から準備をしています。

hataori30





2018年8月3日(金)~5日(日)に「こども工芸教室・夏季制作体験教室『秋篠手織(綿織物)・奈良晒(麻織物)』」を開催しました。講師やスタッフのアドバイスのもと、おとなからこども(小学生以上)まで多くの皆さんが機織りを体験し、すてきなテーブルセンターを織り上げました。

kodomo-togei30












2018年7月14,15日の2日間で子ども工芸教室「陶芸」を開催しました。
たくさんの子どもたちが参加し、それぞれの作品を作り上げました。
ただ今作品は乾燥中です。
この後、当館の電気窯で焼き上げます。
完成が楽しみです!
kodomo-togei30-2












2018年7月24日、乾燥後、素焼きした作品にひとつひとつ釉薬(ゆうやく)をかけました。釉薬は焼き上げると透明になる白い液体です。これから当館の電気窯で1230℃の高温で数時間焼き上げます。2日間かけてゆっくり冷ませば、いよいよ完成間近!
togei30-3カップ、お茶碗、箸置き、貯金箱…いろいろな作品ができあがりました。
作品は8月21~26日の期間に受講生へ返却します。



↑このページのトップヘ