アゼルバイジャン ライフ(Azerbaijan Life) 

アゼルバイジャンへ移住して、生活したリアルな情報を随時発信するブログです。メリット・デメリットもなんでも発信してみます。このブログを見て、アゼルバイジャンに興味を持ってもらえれば、光栄です。

May 2018

アゼルバイジャンの日用品は、100円均一ショップが当たり前の日本人にとっては、少し高額に思えます。理由としては、自国産の製品がまだ少ないため、輸入に頼っており、関税36%と消費税18%を考えるとどうしても日本よりも高額なってしまいます。

しかし、品揃えは充実しており、不足している商品群を探すほうが難しいかもしれません。


IMG_5665

写真は、一般的なスーパーマーケットの日用品の棚になります。一部ですが、商品はかなり充実しています。

特徴的なのは、シャンプーがリンスインシャンプー(2in1)が主流なことでしょうか。価格としては、500ml程度の商品で、6〜7AZN程度になります。

P&Gやユニリーバなどのブランドが、多く入っています。

日本製品は見かけていませんが、この価格帯であれば、いろいろと販売ができそうです。商品詳細などはここでは記載しませんが、アゼルバイジャンの生活水準は、確実に向上していると思います。

そんな中で、ビジネスを進めることが楽しい今日このごろです。

アゼルバイジャンは、現在国の平均年齢も低く、これからの経済発展が期待されています。そんな中でアゼルバイジャンでは、教育に力を入れています。

先日、アゼルバイジャンの東大と言われるバクー国立大学に行ってきました。ここには、日本語学科もあり、多くの卒業生を輩出している名門校です。


IMG_5359

建物は、日本の大学と同じように感じます。


IMG_5356

キャンパスには、緑も多く、広い遊歩道があり、のんびりとした雰囲気があります。


IMG_5357

奥に見えるテントは、食堂のようです。天気のいい日には、屋外で食事やお茶が楽しめます。


IMG_5354

敷地が広すぎて、目的地につかず。。。

結局、警備員の方に目的地を聞いたのですが、建物が間違っており、階段で6階を2往復。。。

かなり遅れて目的地につきました!ここでのお話の詳細は、また今度。

アゼルバイジャンの首都バクーでは、現在様々な建物の建設ラッシュです。中でも旧ソ連時代の建物を壊して、マンションなどの住宅を再開発している地区が多くあります。

ただ、現状の不動産投資と言っても、アゼルバイジャンでは正確な情報も少なく、海外からの投資をするには、もう少しというお声をいただきます。

実際、一般的な不動産投資で現地利回りを調べてみると5〜10%程度が多いのかな?と言う印象です。(主観のため、根拠はありませんが)もちろん、それ以上の案件もあります。

投資目的ではなく、住居としてのマンションはどんな感じなのか、見てきました。

2013年完成のマンションです。


IMG_5645

マンション購入は、外壁のみの状態で購入することが一般的だそうです。その後、内装などを自分たちでオーダーするのが、アゼルバイジャンスタイル!

壁を塗る前の状態がこちらです。


IMG_5648

レンガを積上げてますが、ちょっと雑なとこともご愛嬌です。アゼルバイジャンでは、地震が無いために日本のような耐震基準はありません。


IMG_5647

5階建てマンションの最上階は、木造でした。


IMG_5646

鉄筋は、入っていました!

また、この建物は、5年前に建設が完了していますが、2年ほど前に政府が最新のメーターを設置してくれたそうです。(マンションへの電気・ガス・水道は、政府が引いてくれるそうです)


IMG_5644


ただ、完成した後に追加設置したので、階段のコンクリートに穴を空けていましたw


IMG_5643

結構、大胆に空けているので、下の階がみえますw

日本では、考えられないですが、こちらでは当たり前のことが多くあります。そんな、アゼルバイジャンが私達は、好きです!(具体的な価格については、状況で変化もするのでここでは割愛します)

カスピ海に面しているアゼルバイジャンでは、魚は、フライやグリル、燻製などで食べることが多いですが、やはり肉類がメインになっています。

皆さんは、カスピ海と聞くと何を想像するでしょうか?

一時期、日本ではカスピ海ヨーグルトなどが人気がありました。しかし、世界的に見てカスピ海は、チョウザメの宝庫であり、三大珍味の一つキャビアの名産地です。

ここアゼルバイジャンのスーパーマーケットでも、キャビアは手軽に購入することができます。

しかし、現地の人に聞くとキャビアでも安価な商品の中には、偽物も多く、本物を取り扱っているお店は少ないとのこと。実は、店頭に並べている商品は、品質は低いキャビアや偽物が多いそうです。

そんな中で、本物のキャビアを購入できるお店が幾つかあります。


IMG_5655

自宅そばの魚屋もその一つ!もちろん店頭では、販売していませんが、本物を頼むと出してもらえます。

ただそれなりに値段が張るので、簡単には購入できませんがw

参考までに価格は、50gでだいたい100〜120AZN程度でしょうか?

アゼルバイジャンに来た際には、是非本物の最高級キャビアを食べてみてください。

アゼルバイジャンでは、高血圧の方が多くいらっしゃいます。原因は、食事で摂取する塩分量が半端ないからかと思われます。(自分は、医者ではないので専門知識はありませんが)

実際にこちらで食事を続けているとしょっぱい味に慣れてきてしまい、日本で食事をすると少し物足りなさを感じてしましますw

そんな中、アゼルバイジャンでも健康ブームは、いろいろなところで流行ってきています。中でも朝食などでシリアルを食べる習慣が広がっているようです。

IMG_5634

数ヶ月前には、あまり見なかったシリアル製品も現在は、スーパーマーケットに行くと棚一面のシリアルコーナーがあります。

IMG_5615


自国産のものから、輸入品まで、値段も様々ですが、とにかく種類が多い!

アゼルバイジャンでは、牛乳も一般的によく飲まれており、何よりヨーグルトが名産なので、シリアルとの相性もバッチリ!

このシリアル市場は、早く参入してマジョリティーを取った企業が勝ちのような気がしています!日本からもシリアルの紹介をしたいと思います。

経済発展と比例して、人々の健康への意識が高まるのは、どこの国も同じようですね。


↑このページのトップヘ