アゼルバイジャン ライフ(Azerbaijan Life) 

アゼルバイジャンへ移住して、生活したリアルな情報を随時発信するブログです。メリット・デメリットもなんでも発信してみます。このブログを見て、アゼルバイジャンに興味を持ってもらえれば、光栄です。

February 2019

昨年、初めて生観戦をしたF1ですが、今年も開催されます。今年は、4月25〜28日の4日間の開催です。日本のゴールデン・ウィークの直前ですが、逆に航空チケットは安いかもしれません。(帰りがGW真っ只中なので、高いかもしれませんが)

今年もF1に向けた準備がスタートしています。


IMG_8374

コース上に縁石が置かれ始めました。昨年よりも早く感じます。縁石を置くスペースで道幅が少し狭くなるため、これから渋滞の発生率は、上がっていきます。


IMG_8373

フェンス用の柱も設置されてきました。ここにフェンスと目隠しが付くので、歩きながらの観戦はできませんので、ご注意ください。

ホテルなどの料金も徐々に上がってきているようです。

昨年よりも注目度がアップしているようで、観戦される場合には、早めの予約をおすすめします。ピットなどの建設も始まっているので、開始まで、たまにレポートします。

先日の午後から、夕方に郊外にいってきました。ちょうど本日は、冬には珍しく快晴だったので、夕焼けもとてもきれいでした。


IMG_8333

きれいなオレンジ色の景色です。バクーにいると夕焼けを見ることはよくありますが、高層ビルなどで遮られてしまうことも多いので、山に沈む夕日は、とてもきれいでした。


IMG_8331

ヘイダル・アリエフ元大統領の記念館?に大きな国旗が掲揚されていました。夜になると一段と冷え込みます。


IMG_8332

月もきれいだったので撮影しました。(ボケてるようであまり臨場感がありませんが)

次回は、ゆっくりと観光もできるように余裕を持って、来たいと思います。

シェキの人口は、現在約80,000人と1991年頃の63,000人から増えており、アゼルバイジャンで第4の都市だそうです。

街なかには、マンションのような高層の建物も無く、すぐ近くには、山もあり、自然に囲まれた落ち着いた雰囲気の街でした。


IMG_8326

石畳や建物もきれいに保たれており、乾燥はしていましたが、埃っぽさも無く、いい環境です。


IMG_8327

アゼルバイジャンで多く使われている石の建造物もあるのですが、レンガ作りの建物も多く、風情があります。

IMG_8329

町並みを例えるとドラクエの世界に似てるかな?と思います。街なかには、ゴミなども全く落ちておらず、とてもきれいです。


IMG_8328

夕暮れになる前の時刻でしたが、きれいな青空が広がっています。これから夕暮れにかけての時間もきれいになるのでしょう。

時間がゆっくり流れている感じで、初夏などにまたのんびりと来たいと思います。

アゼルバイジャンの古都であるシェキ(Sheki)にはじめてきました。今回は、はじめてのため、事前にホテルは予約せずに現地で見てから決めることにしました。

ここアゼルバイジャンでは、星の数ではなかなかランクがわからず、実際に目で確かめることをおすすめます。(世界展開しているホテルは間違いありませんが)

以前も三ツ星ホテルでとてもいいホテルもあったり、五ツ星でも、、、という経験がありました。


IMG_8319

今回は、Shekisarayというホテルにしてみました。エクスペディアで調べたところ約100AZNとありましたが、直接フロントで交渉すると朝食付きで70AZNとかなりお得な価格で宿泊できました。

アゼルバイジャンでは、直接予約をすると殆どが1部屋料金で提示されるので、1名料金で表示される旅行サイトよりも安くなることもあります。(殆どは、旅行サイトが最安値ですが)


IMG_8320

部屋の間取りもとても広く快適です。日本に帰ったときにビジネスホテルを利用するとトランクケースを開けるスペースも無かったのでw


IMG_8322

バスルームも広く、清潔で大満足でした。


IMG_8324

シェキ(Sheki)の中心部にあり、まわりにはスーパーマーケットや銀行、レストランもあるので、とても便利でした。


IMG_8325

道路沿いでしたが、騒音も無く、特に深夜は、ほとんど人通りも交通量も無く、静かでした。バクー市内にいると24時間人通りも交通もあるので。

朝食もオムレツをオーダーで作ってくれたり、ホスピタリティーも満足できるホテルでした。次回は、もう少し長く泊まってみたいと思います。

アゼルバイジャンは、昔シルクロードの要所として栄えていたそうです。中でもSheki(シェキ)は、古くからの宿場町として、いまも面影が残っています。


IMG_8317

バクーからのフリーウェイで約300km程度です。シャマヒやイスマイリなどの山間部を通る道であれば、3時間から3時間半程度で到着します。


IMG_8318

冬の時期は、シャマヒ・イスマイリなどは雪が積もっているため、ほとんどスタットレスタイヤを履いていない車は、南部からの迂回路を使います。


IMG_8316

Shekiの入り口にあるオブジェです。ここアゼルバイジャンでは、街に入るところに街名のオブジェがあります。

今回は、スムーズに来たため、約3時間程度で到着しました。これまでは、近くまで来たことは何度もあるのですが、Shekiに入るのは、初めてなので楽しみです。

↑このページのトップヘ