アゼルバイジャン ライフ(Azerbaijan Life) 

アゼルバイジャンへ移住して、生活したリアルな情報を随時発信するブログです。メリット・デメリットもなんでも発信してみます。このブログを見て、アゼルバイジャンに興味を持ってもらえれば、光栄です。

カテゴリ: 休日

アゼルバイジャンでは、オリンピックなどでは格闘技でメダリストを多数排出しています。レスリング、ボクシング、柔道などが有名です。

また、最近では、サッカーの人気も上昇中です。先日5月29日には、ヨーロッパリーグ決勝がバクーで開催され、チェルシーvsアーセナルで、見事チェルシーが優勝しました。

また、イスラム国家では、珍しいのですが女子の競技も強いです。新体操のジュニアヨーロッパチャンピオンもアゼルバイジャン人です。

また、女子バレーボールも強く、昨年の世界大会にヨーロッパ代表として出場して、2次リーグまで行っていました。


IMG_8814

そんな中、市民の間では、バレーボールが人気です。公園に行くと何組も円になってバレーボールをしています。

専用のコートなどはないので、ボールを繋いで遊んでいます。


IMG_8815

全ての円に男女が混ざっているのが面白いですね。皆さん楽しそうに遊んでいます。

公園の多いアゼルバイジャンで、このようにスポーツが浸透していくことが楽しみです。できる場所はいっぱいあるので。

アゼルバイジャンでは、あまり娯楽がありません。映画や観劇などもあるのですが、アゼルバイジャン語か、ロシア語のため、私達にはまだハードルが高いです。

街中には、きれいな公園がたくさんあり、休日の午後などには、市民で賑わっています。


IMG_8769

ゴミもなく、きれいな公園でのんびりと過ごすことができます。

IMG_8768


ちょうど5月は、1年で一番過ごしやすく、公園日和が続きます。

この季節にアゼルバイジャンに来たときには、公園散策をしてみてください。

アゼルバイジャンの秋は、曇や雨の日が多くなるのですが、そんな中で晴れた日は、空気も澄んでいてとても快適です!


IMG_7553

バクーの空の色は、とても澄んだ青色です。今日は、風も無く、気温は少し低いのですが、太陽光がまぶしくて気持ちいい!


IMG_7555

少し逆光ぎみですが、広い空を見ていると嫌なことも忘れることができますw

こんな日は、海浜公園や野外での散歩を楽しんでいます。バクー市内では、日本ほど娯楽に恵まれてはいませんが、この環境が自然であり、みんなそれぞれの楽しみ方を知っているようです。


IMG_7556

これから、寒い冬になりますが、その前のほっと一息な感じの秋晴れの1日でした。

アゼルバイジャンでの生活も長くなり、現地での友人も増えてきました。我々は、まだ全然アゼルバイジャン語を話すことはできないのですが、休日や夜に自宅にお呼ばれすることも多くなりました。

先日、ある友人の自宅で夕飯にお呼ばれしました!

実際に家庭での料理を作ってもらうと、アゼルバイジャン料理のレストランにはない、美味しい料理を食べることができます。


IMG_7504

普段は、そのままの生野菜も盛り付けでこんなに変わります。ここアゼルバイジャンでは、秋のザクロシーズンには、生のザクロを盛り付けに使います。

色味も綺麗ですし、何よりもコクが増す感じがします。


IMG_7503

日本で言うたまごサラダのようなもの、様々な野菜をチリソースに付けたものなどがあります。また、肉料理は、フライドチキン・ロールキャベツ(現地では、ドルマといいます)などを振る舞っていただきました。


IMG_7505

家庭でもちょっとした飾り付けをしてくれました。これだけでも食卓の雰囲気が全然違います!


IMG_7506

締めは、アゼルバイジャンの方々が必ず好きな料理に上げるプロフです。家庭によって作り方が様々ですが、どの家庭で頂いても絶品です。

ここでは、細長いお米を使うので、日本のように短いお米で白米を食べる文化が殆どありません。また、作り方も特徴的で、今回は、鍋底におこげを作るものでした。

このおこげに旨味が凝縮されており、みんな大好きとのこと。実際に我々も美味しくいただきました。

今後は、私達も家庭に招待できるようにアゼルバイジャン料理と日本料理に精進していきます!

先日、アゼルバイジャンの地方都市であるTovuz地方に行ってきました。バクーからは、約300km程度離れており、緑豊かな田舎町です。

この地域は、広葉樹が多く、また、多くの果実が実っている森が多くありました。

その山間に山と樹をそのまま食卓にしたレストランがあります。Tovuzの中心部から20〜30km山奥に入った場所ですが、観光客が多くいました。(知っている人は、こんなにいるとびっくりしました)


IMG_6541


山の斜面にこのような食卓がいくつもあります。私達が食事したのは、この写真右上の木の上の小屋?ですw



IMG_6540

木の上に強引に乗せた感じがアゼルバイジャン風ですw


IMG_6539


山間の涼しい地域なので、真夏でも25℃程度ととても過ごしやすいです。風も心地よい!


IMG_6537


下を見ると急斜面の下にもレストランがあります。


IMG_6538


この地方で取れた特産の野菜や果物、そしてケバブをいただきます。

この小屋、我々の年代では、トムソーヤの冒険に出てきた木の上の家を想像してしまいます。

ここは、また来たいスポットの一つです。

↑このページのトップヘ