2011年05月05日

プレイタイム


ジャックタチの「プレイタイム」をDVDで観た。自身が破産に追い込まれるほどの予算を投入した近未来ビル群のセットの中で、ストーリーらしいストーリーもなく繰り広げられる、あまりにのんびりしたスラップスティックの前半にいきなり眠気をさそわれた(というか寝てしまった…)けれど、後半の、開店直後のレストランを舞台にしたドタバタに至り「どんな滅茶苦茶な状況でも、おいしいご飯と、美しい女性と、楽しい音楽があれば人生は素晴らしいのだ」という超ポジティブなメッセージを勝手に受け取って感動してしまった。ラストの幸福な余韻も良かった。超いびつだけど愛すべき一本。

ちなみにプレイタイムのメッセージから連想したのは、仁義なき戦いで千葉ちゃん(千葉真一)が発する有名なこのセリフ


azm1 at 13:21│Comments(0)TrackBack(0) cinema 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔