艦これがFLASHからHTML5化したことにより、ブラウザの機能で
表示フォントが変えられるようになったみたいです。
単純にブラウザの標準フォントを変更すれば良いみたいですが、
その場合艦これのみに留まらず他のウェブサイトの表示にまで影響してしまうため、
ここでは「艦これ」の表示フォントのみを変える方法を紹介しようかと思います。

今回使用するWEBブラウザはGoogle Chromeとなりますが、
同じようなプラグインが使用できればFirefoxなどのWEBブラウザでも可能だと思います。
モバイル版は判りません。(^o^)

「Stylus」を導入する


まずは下記のリンクから、Chromeアドオンの「Stylus」を導入します。
https://chrome.google.com/webstore/detail/stylus/clngdbkpkpeebahjckkjfobafhncgmne

これは任意のウェブサイトの表示デザインを自分好みにアレンジできる拡張ツールです。
同じような機能で「Stylish」というアドオンが人気でしたが、裏で行われていた閲覧履歴の収集処理がプライバシーポリシーに反しているとされ、公開が停止されてしまいました。(詳細)

ですので、今回はこの"Stylus"を利用して「艦これ」の表示フォントを変更していきます。

スタイルの設定


Stylusのアイコンを右クリック→オプションをクリックします。

こんな画面が出ますので、下の方のスタイル管理をクリックします。

中ほどの新スタイルを作成をクリックします。



コード入力画面が出ますので、このように入力します。
下のコードをコピーするとちょっと楽です。

@font-face{
font-family:"font_j";
src:local("任意のフォント名");
}

フォント名は半角の"(ダブルクォーテーション)で括り、一字一句間違えないよう入力することに注意してください。

このままでは適用先が「すべて」になってしまっているので、
「適用先」の右のをクリックします。



このように設定します。URLは、「http://各サーバーのIPアドレス/kcs2/」となります。
一応この記事の下の方にこの各サーバーのIPアドレスの調べ方を載せておきますが、


このように正規表現で「^http://\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}/kcs2/.*$」と入力する方法のほうが楽かもしれません。
これならば、わざわざサーバーのIPアドレスを調べる必要はありません。
\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3}\.\d{1,3} の部分はどのIPアドレス(v4)にも一致してしまう表現になりますが、
IPアドレスのあとに/kcs2/〜と続くので、艦これ以外の別のウェブサイトで引っかかってしまう確率は非常に低いと思います。


適用先も設定し終えたら左側のメニューで、
適当に名前をつけて保存をクリックして終了です。

あとは艦これを開き直せば、なにか間違いがなければフォントが適用されているはずです。
使用するフォントですが、フリーフォントなどを導入するのも楽しいです。
有名なにゃしぃフォント改二は残念ながらズレが発生してしまうそうで、
その他のフォントでも物によってはズレや、海外艦で使われているロシア語(キリル文字)が表示できなかったり、問題の発生するフォントもありますので注意してください。

各サーバーのIPアドレスについて

こちらもGoogle Chromeでの調べ方です。
艦これの画面上を右クリック→検証をクリックします。


<canvas>タグ内が選択された状態になると思いますが、その少し上の方の
<iframe>タグ内のURLがプレイしているサーバーのIPアドレスになります。
4つの数字が . で区切られた 192.168.100.100 みたいな感じのやつです。
私は柱島泊地サーバー所属なのでそのIPアドレスになっていますが、
プレイヤーによって所属は変わりますのでこの方法で調べるといいと思います。