Emotional Engine = Hybrid =

Author : 洋 直樹(よう なおき , Naoki Yoh) 模型・アニメ・マンガ・音楽などを元に、気になったものをランダムに、戯言、放言を自分なりの視点で雑多に書き記していきます。

Author:洋 直樹(よう なおき , Naoki Yoh)
ガンプラやフィギュア、アニメ、マンガ、音楽、ITガジェットなどが好きな中年デブおじさんです。

名探偵ピカチュウ、見てきました。
最初に結論から言えば、いろんな見方が出来る興味深い作品でした。

公式サイトのトップイメージにあるような渋い…というか暗そうなものではなく、非常に「ハリウッドスタイルの王道」のような作品でした。
お話的にはちゃんとバディものとか親子ものを踏まえたうえで、エンターテイメントをしっかり入れた、あまり難しいことを考えずにポップコーンとコークを食べながら見られる映画だったな、と感じました。
良い意味でお子様でも理解できる「悪役側の動機」「主役たちの悩み」「エンドエピソードでの距離感」というのも好感が持てました。

悪い見方をすれば「割とよくある話」となってしまうのでしょうけど、逆に言えば安心して見られる話だと思いました。
「アバター」という映画も、話自体は結構凡庸だと思うのですが、世界観の提示で物凄く情報量を取られるわけで、見せ場の軸の持ち方次第なのだと思います。本作も「王道」をやることで「ポケモンのいる世界」というものをしっかり提示するという点で良い選択の元作られた気持ち良い映画だと思います。

この映画の出色は何といっても「ポケモンと一緒にいる世界を人間とともに実写で描く」ことを「真剣かつ真正面から」取り組んで、うまく融合させて提示できたことだと思っています。
アニメやゲームの実写化に必ず存在する「壁」、二次元絵から現実世界への翻訳作業という困難なものを、かなり見事な形で表現していたな、と思いました。
プロローグから本編舞台に入るまでにポケモンとの距離感をガジェットや行動をもって表現したうえで、映画の世界に視聴者を馴染ませる作業をきっちりした結果色々起こりうるであろう「現実世界と異形との違和感」をうまくなくすことに成功しているな、と思いました。

各ポケモンのデザインにしても同じです。
出てくるポケモンは「現実的にはおかしいかもしれないけれど」プロポーション、シルエットは元デザインに準拠し、現実の生物のディテールをうまく入れ込んで現実世界に翻訳しています。これが本当にうまく行っていました。

ストーリーを見せる以前に世界観に持っていくところで拒絶反応が出そうなところを、「なるほどそうなるよね」と思わせる騙し方、そこに視聴者の鑑賞のリソースが持っていかれることを前提に複雑怪奇なシナリオではなくシンプルにした点は良い方法だったと思います。
その分、「名探偵=推理もの」なのか?と言われるとうーむとなっちゃう部分はあります。その辺はバランスの問題かなぁと考えてますが。

自分は今回吹替版で見ましたが、吹替版の音響監督がポケモンアニメ映画の音響監督でもあり、その点も含めて全体的な違和感もなく、演技的な部分も気にならずに入れたこともあり、個人的には吹替版でいいかな、と思います。
いつもなら字幕版優先なんですが、本作に関しては吹替の方が見るのが楽かもしれないです。

なお、リデザインされたポケモンたち、個人的にはフシギダネとガーディ、ベロリンガが気に入ってます。ベロリンガは舌がリアル過ぎる感じはありますが、やり取りのエピソードが愛らしいので気に入ってしまいました。フシギダネは安定感のある可愛さですね。

てな感じで名探偵ピカチュウ、面白く鑑賞させてもらいました。
絶対行け!とは言いませんが、思った以上に楽しめた映画でした。
むしろフル3DCGの「ミュウツーの逆襲Evolution」の方が違和感出そうで心配になるくらい、実写版としては心地よかったです。



前回のエントリーまでで、「仕事でChromebookを使うことにして、それがとても快適だった」という話を書きました。
今回は購入した機器の話です。

購入したのはASUS Chromebook Flip C302CAの中古品です。
ちょっと外装汚れが気になる程度の良品、ありがとう、S〇FMAPさん!
でもって今回もお世話になりますASUSさん。
で、本体です。本体以外はACアダプターと説明書だけ。シンプル!
IMG_20190420_194211
"chrome"の文字とマークがチープ感を演出してます。(笑)
でも筐体自体はチープ感なく、シンプルな金属筐体でいい感じです。良い意味で質実剛健感。
開くとこんな感じ。(画面は雑に修正しました。ご了承ください。)
IMG_20190420_193333
シンプル! 
開いたらすぐにログイン画面がきて、ログイン後はすぐにこんな感じの画面が立ち上がります。下のタスクバー的なランチャーくらいしかないです。設定項目もこのランチャーの右側に鎮座しているのみ。
シンプル過ぎて何をしていいかわからない人も多いかも(笑)
むしろ潔い感じがするのは私だけかな?

ランチャー左側の丸をクリックするとアプリリストが出てきますが、Chromeブラウザ内に立ち上がるケースが多いです。
この機種はGooglePlayストア対応なので、そのアプリも使えるのが強みですね。
(メールはPlayアプリで対応してます)

IMG_20190420_193800
キーボードはMacレイアウトっぽくてそうではない不思議レイアウト。
あんまり違和感はないですね。日本語変換はGoogle日本語変換がデフォルトであるので問題なし。
タッチパッドは流石のASUSさん。X205TAと同感覚で使えます。
キータッチもフルキーボードなのでいい感じで叩けます。
マウスも使いたかったので、Bluetoothマウスを使ってこれもサクッと接続できました。

詳細な製品情報やスペックは公式サイトを見ていただくとして、触った感覚としては「割り切り感凄くて気持ちいい!」という感じですね。
USB系はUSB-Cのみで給電もここから。そのためUSB-Aを使うにはアダプターがいるのですが、あまりその機会もなさそうですし、個人的に問題はないです。
ボリュームボタン、電源ボタン、イヤホンジャックのほかにはMicroSDスロットのみ。あっさりしていて気持ちいいです。

気持ちいいのが画面。
12.5インチでフルHD、タッチ対応です。スマホ感覚で画面拡大が出来るし、L社のなんちゃらPadのように「デカい画面なのに解像度が粗い」ことがないのでむしろ見易いです。
金属筐体ゆえに若干重さはありますが、バランスがいいのであまり負担にはなりません。
また上述のように「給電がUSB-C」なので、モバイルバッテリーやスマホのケーブルを流用することもできます(制限はありますので全部とは言えませんが)。
このタイプはタブレット上にもできますが、まだその状態では使ってません。
機会があれば説明用にそのモードを使ってみたいと思いますし、使いこなせれば付加価値的に凄く便利かも、と思います。

Chrome上の作業はもうサクサクで、ウエイト感じることなく思考をそのままタイプしたりできるし、タブ20個開けてても問題なし。

ということで、お仕事を快適にする要件をほぼ満点レベルで満たしている素晴らしいマシンです。
CPUやメモリはなんちゃらPadとほぼ同じなのにここまでの差が出るのか…と思うと、
「割り切り大事! 割り切りがうまくいけば快適環境が出来る!」
ということを実感できます。

お値段は、日本の値段はめちゃ高いです。新品だと約8万円です。Windowsノート買えます。なんじゃこりゃ、な値段です。USのAmazonだと日本発送可能で5万程度。この差は何?差別? くらいに思える差です。
中古だと2019/04時点で大体45000円強、USくらいの値段ですね。

45000円でこのスペックなら、買っても後悔しない素晴らしいものだと感じました。文筆の方やChrome使いまくりの人なら下手な文書入力マシンより気持ちよく使えるかもしれません。

個人的には大満足なこの製品、OSサポート終了までは使い倒せる予感がビンビンします。久しぶりの大満足製品でした。

なお、詳細レビューはこちらのリンクなどを見るといいかもしれません。ご参考まで。(私はこの辺の情報を参考に機種決定しました)










新しい仕事では、やっぱりofficeアプリ、つまり「表計算」「ワープロ」「プレゼンテーション」「メール」は使います。
一般的にはやはりMS Officeが必要で、実際支給されたNote PCであるL社の「なんちゃらPad」(ThinkPadではない方)にもMS Officeは導入されています。OSはWindows10です。
ただ、ぶっちゃけその環境でMS Office製品は「めちゃくちゃ重い」んですよ。
しかも新職場ではGoogleアプリ推奨。それでもまだ重いし。
で「なんちゃらPad」のスペックがCore-i3、4GBメモリ+HDDで15インチ光学ドライブ付き。解像度が1,366×768ドット表示。
…遅いし見づらいし、物理的にも挙動も遅い。しかもNote PCなのに10キー付き。

…3日でその環境にブチ切れました(笑)。生産性を阻害するわ!!!

ただ、新人なのにわがままは言えないので、どうしようかなーと思い、自前のiPad Proとか以前に買ったGPD Pocketとか試してみました。両方とも貸与環境よりははるかにいいし動きやすいのですが、いくつか問題がありました。
iPadは物理キーボードと入力環境がイマイチです。キーボードよりはiOSの問題の方が大きいです。処理速度的には不満ゼロなんですが…
GPD Pocketは電源環境があまりよろしくないのと画面が小さすぎる問題があります。趣味で触るのには最高なんですが、仕事として長時間使うとなるときつすぎです。

ということで、自分が仕事で使えるPCの要件を頭で整理しました。
・キーボード入力が快適
・解像度がそこそこ高く、画面もそれなりの大きさ
・持ち運びできる軽さ
・バッテリー持ちが良く、出来れば汎用の端子で給電できると良い
・Googleアプリ完全対応 MS Officeは動かなくてもいい。
…とまあそんな感じです。まあ、営業系の職種なので、持ち運びが前提になるわけで、この辺が欲しいところでした。

で、ふと思い出したのがASUS EeeBook X205TA。リビングPCとして使い倒したWindows10の超軽量でお安いNote PC。これは本当に快適だったしいいマシンだと思う…のですが、今回の要件だといくつか辛いところが。メモリと給電環境。
…ACアダプター持ち歩きたくない…
それに、Office使うには辛いスペックではあるなと。

ということで、予算お安めでGoogleアプリ環境使える奴…と考えたら
「Chromebook、良くね?」
というアイデアに至りまして。

早速情報収集開始。まあ、日本じゃ普及してねーからな、と思っていたら、確かにドマイナーなれど使っている人もいて情報発信してくださってる。
「現状の職場環境で使うなら、メール環境以外はOKな可能性高い!」という結論に至りました。
海外から輸入するのが一番コスパいいことも分かりました。しかし、一応仕事で使うこと考えると技適ある方がベターかつ日本語入力切替が快適な方が良い、加えて出来るだけ早く使いたい。ということで日本で出ているものを色々探し、中古ながら上述の要望をほぼ十分満たす製品を見つけたので自腹で購入してみました。


……
爆速じゃん!!!!(歓喜)
蓋開ければ即起動、蓋閉めるかロックボタンですぐスクリーンロック、データはローカルにほとんど残らないし残す必要もない(その方が安全)。
でもってアプリはサクサク動くし、入力がサクサク出来るのでメモとか凄く簡単。
office環境はMS OfficeよりPoorだけどそれはアプリの問題だしそれが会社の標準ならそこは問題にならないし。

てなことで生産性とやる気が一気に上がり、「こらこの仕事やるにはちょうどいいわぁ」ということで、自分の状況なら十分仕事に使えると確信した次第。

課題はありますよ。Chromebookをレビューしているブログなどでさんざん言われている通り、
・日本ではお値打ち感がまるでない。同じ値段でそこそこのWindows10 PC買えちゃう
・画像、動画アプリ使うとしたら非力
・設定がWindowsの作法と違うし、対応デバイス、特にプリンタなどWindowsとは比較にならないくらい対応してない。Macの方がまだ全然対応している
・あまりPC詳しくない人だと初期設定だけで嫌になる可能性高い。「SSIDってなに?なんかの薬?それとも国際機関?」といっちゃう人には絶対無理。
思いつくだけでこれだけの課題が上がります。
逆にこの課題を「( ´_ゝ`)フーン」といえる人だと、使い始めたらめちゃくちゃ快適かもです。
少なくとも自分は「( ´_ゝ`)フーンといえる人」かつ、環境が環境なのでめちゃくちゃ快適になりました。

キーボード付きのandroidタブレット、くらいに考えればすごく快適です。
MicrosoftがWindows10 Sモードなるものを出す気持ちも分かりました。

デバイスで仕事が楽しくなったのはホント何年ぶりだろう…と思うくらいの満足度です。
今回導入した機種については次のエントリーにて。


2019/04で、今度は転職しました(笑)。
今回は本当に「前回の職から間を置かずに」転職です。昨年の転職活動中にご縁があったところからご連絡をいただき、という流れでの転職です。

今回は業界は一緒でも完全に今までとは関係性ほとんどないところではあるのですが、以前の職場と違って勤務時間での裁量が割と自由だったりします。

…前任者がやらかしてなければ、もっと自由だろうなぁと思ったりはしますが。

で、過去と全然違うのが
「Microsoft製品も使うけど、基本はGoogleのサービスを活用する」
というもの、かつ
「モバイルフル対応」
という環境になった点です。

メールはほとんど使わない、クラウドアプリでお仕事する的な。
大企業でチャットとメールで仕事していた経験がある自分にとってはかなり新鮮なものです。
もう圧倒的に早いし、軽い。

ま、そんなこんなで新しいIT環境、お仕事も新しくなり、4月から再び心機一転な感じです。
どうなることやら・・・と前回のように人任せには出来ない面白さがあります。

さてさて、どうしていこうかな。
そんなこの頃です。

模型の話です。
つい先日、待ちに待ったGSIクレオス「アクリジョン ベースカラー」が発売されました。ホビーショーで実際に使ってみて以来、非常に期待していた塗料です。
アクリジョン自体は既に数年前に発売されていて、発売後すぐに試したのですが隠蔽力があまりに低く、また使い方に癖があったため敬遠していました。
ただ、アクリジョンは使い方によっては物凄くいいという話もチラホラ聞いており、隠蔽力さえ何とかなればなあ、と思っていました(実際クレオスさんの開発の方にイベント時に問題提起したことすらありました)。

で、とうとう出ました、アクリジョンベースカラー。
白、グレー、赤、青、黄色、緑の6色で発売されました。
この性能、使い勝手を試すべく、今回はこれまた先日発売されたガンプラ「ベースガンダム」に塗ってみました。

IMG_9283

ちょうどガンダムに使えるベーシックなカラーがあること、ベースガンダムのキットがちょっと個性的な成型色をしていること、そして同じ「ベース」という言葉を使っていることもあるので今回この組み合わせでやってみました。

結果がこちら!(早い)
IMG_9297
IMG_9298
IMG_9301
IMG_9303
ちょっと渋い色合い(もしくは暗めの色合い)のガンダムに仕上がりました。
なお、スミ入れはほとんどしてません。顔くらいです。
ライティングの問題でちょっと色が暗く出ていますが、実際はもう少し明るめです。
なお、このベースガンダム、バーニア以外はすべて筆塗りのアクリジョンベースカラー(+アクリジョン)で塗っています。
いや、相当良いぞ、これ。
サーフェイサー的に使うとかタッチアップの下地に使うとかいろいろな用途が考えられます。これは色々捗るかもしれないです。いやお世辞抜きで。

詳細は以下にて…続きを読む

↑このページのトップヘ