安曇野で音楽にふれる豊かな生活

小さなホールから生まれる大きな感動!

歯茎が腫れて痛いです

右上奥歯の歯が2本のうちの1本が歯周病から溶けて根がない状態にあり、某歯科から見放されたことは以前にも書きました。その後は現在のスマイル歯科さんで治療していただき2年が過ぎました。
時折、無理をしたりすると歯茎が腫れたりしていましたが、ここしばらくは調子がよく快適な状態で安心していたところ、昨夜の就寝時からずきずきと痛みはじめ、深夜2時半過ぎと5時半後の2回眼が覚めました。

この腫れの心当たりとしては、免疫力が落ちたところに体の弱点に症状が現れるようですが、4キロの鉄アレイの筋トレを5日連続したことが原因かもしれません。パソコンを長時間使うことも肩こりが起こりますが、以前にマッサージをしてもらったところ、「まあ、カチカチだわ」と言われたこともあります。
自分ではそうは思わないまでも、他人が触るとよく分かるのですね。首をほぐそうとしても指が入らないほど硬いとも言われます。

そういえば、時々ですが「バチッ」と脳梗塞、くも膜下出血でも起きたのかなと疑うような症状があります。
これは、肩が異常に凝るとこいったことが起こるのだと言われています。
それで原因も分かり安心しましたよ。万が一、脳梗塞、くも膜下出血等であれば、MRI検査で出血した画像が写し出されますから。

でも、歯周病といっても安心は出来ないのです。歯の根から血管へ歯周病菌が侵入することで万病の原因になるそうです。こまめに歯の手入れが必要だということを学ばせていただきました。

きょうはパソコン仲間の忘年会

月に一度の割合で、ホールの長谷川チームのパソコン勉強会。その仲間と講師でホテルアンビエント安曇野で昨年に続いての忘年会でした。
15時半にチェックインするや、広々としたファミリールームから勇壮な常念岳、蝶ケ岳、大滝山まで一望出来て皆さん感動していました。その景観に感謝して、でまずは高級ビールで一度目の乾杯を交わしました。

一息ついて、温泉に浸り18時過ぎに豪華な和定食コースをいただきました。生ビールで2度目の乾杯。それから量的に多くはないのですが、次々と出される料理をいただいているうちに満腹状態に。
さすがにビールを敬遠し日本酒に方向転換し、ほろ酔い気分で話も弾みます。
和食処での夕食を終えて、部屋で3回目の乾杯、持ち寄ったおつまみも見る見るうちに食べ尽くし午後11時を回り、そろそろ就寝の時間になりました。

残念ながら楽しそうに宴会と部屋での飲み会の写真はありませんが、雰囲気だけでも味わっていただければ嬉しいです。温泉良し、料理良し、お酒よし、眺めも最高でしたね。

P1170039
P1170040
一夜明けると、雨模様でまるで墨絵の世界ですね。朝食を洋食風に焼きたてのパン、いれたてのコーヒ―、窓から眺める白と黒の世界を堪能し9時半にチェックアウトしてホールの戻りました。
10時半から私たちの班の長老が94歳で天寿を全うされ、その出棺に立ち会いました。
これで、80代以上の老人がいなくなり、私が2番目の長老になります。
あと、何年の命をいただいているのか神様にしか分かりません。有意義にいちにちを過ごしたいものです。
































...................................

ホールの課題はまだまだ続きます

P1170012
P1170011
P1170016
ホールも16歳の年月を終え、消防法施行令の改正で100万円をかけて「自動火災警報器」の設置。
喫茶室のあらたなエアコンに100万円と、稼働率の低いホール運営に痛い出費がかさんでいます。
そして、ホールでは照明設備はまだしも、空調設備もいよいよ考えない時期に達しており、点検作業の結果では大規模修理か、あらたに設置するとなると200万円ほどかかるとのことで、悩みは尽きません。

そもそも、ホールの設計施工の段階で毎年の点検作業のことを考えた設計になっていないうえ、施工した業者がすでに倒産しており、電気設備を施した業者も倒産しているのでほかの業者さんに管理をゆだねています。

きょうは、なぜブログでこの記事を綴るのかを説明しますと、昨日まではホールの暖房を施すと、余り最低気温が下がらないこの時期では、電源を入れて2時間もすれば20℃以上の温度にあがるのですが、きょうは18℃くらいまでしかあがらず、4時間たったいまでも効きが悪いように感じます。モニターには「準備中」「霜取り中」など、訳も分からない表示が出ます。「センサー感知」で寒暖差が判別できないのか、ついに寿命がきたのかと思うばかり。また、室外機に問題があるのか素人の私には分かりませんが、不安な気持ちは募るばかりです。来春に総点検をお願いしたところですが、きょうの事態は危険信号が灯ったのかもしれませんね。

P1170008
P1170017
ホールでは「人はなぜ老いるのか」遺伝子を楽しみましょうのお話し会の最中で、外では日曜日にも関わらず親切な業者の方が点検の来ていただき感謝でいっぱいです。(写真は作業中の滝澤さんです)
幸いにも室外機に特別な故障もなく、近々にも部品を一部交換していただくことになりました。

ホールの空調をはじめ、電気系統においても永遠に故障もなく動いてくれればいいのですが、そうはゆきませんね。人間同様に常からのメンテナンスが大切だということです。
ピアノの管理は万全を期していますが、空調等についてはいちばんの弱点であり、何とか長持ちできる方法が見出せることを願っている日々です。

連日の微風快晴の安曇野を満喫

P1160975
P1160976
P1160978
P1160983
今朝から常念岳から白馬までのアルプスの山並みが見事なまでに姿を見せて心が癒されています。
私たちの移住者が、これほど素晴らしい景観に恵まれた環境に感謝していますが、地元の皆さんは当たり前の光景だが、私のように移住した者が安曇野の素晴らしさを伝えると、地元の皆さんも納得したように感動されていることがありました。

P1160985
P1160986
P1160987
P1160988
昨日に続いて朝から快晴無風です。
こんな日に屋内でパソコンをいじっている場合ではない。と、午前に久々に歩きましたよ。
青空に映える北アルプスの山並みが素晴らしい。穂高川の堤沿いから見る白馬もさらに美しいです。
もちろん、常念岳と燕岳に蝶ケ岳の雄姿に見惚れてシャッターを切る機会が多く足が止まります。

午後は、安曇野混声合唱団のパート発表の演出、小道具、衣装について話し合いました。ホールでは明日の「人はなぜ老いるのか」遺伝子を楽しもうの準備に立ち会いました。
ハプニングもあり、精密機器の扱いの難しさを感じたり、きょうは賑やかないちにちになりましたね。

夕刻になり、少しばかり穂高川沿いを感動的な夕焼けに出会わないかと期待しながら歩きましたが、そうは簡単にシャッターチャンスが訪れません。でも、その一部をご紹介いたします。
明日はあいにくと天気は下り坂だそうですが、当日に多くの熱心な勉強家の皆さんのお越しを楽しみにしています。

さあ〜師走入りだ! しっかり締めくくりたいね・・・

P1160954
P1160957
P1160959
P1160961
いよいよ、きょうから名実ともに12月で師走入りです。泣いても笑っても今月で終わりであります。
今年の1年を振り返ってみて、佳き一年であったかどうか、これは自分自身の思いようかもしれませんね。
幸せだと思えば幸せ、そうでなかったと思えばそうでもない。いわば本人に感じ方なのでしょうね。

でも、はっきり言えることは病気もせず健康で、贅沢はできないまでもゆかないまでも、生活に困ることもなく暮らせることに感謝しなければならないですね。元気にウォーキングをし素晴らしい景観を楽しみ、素敵な演奏家と出会うことができて、音楽仲間が集い心癒される豊かな生活はホールを始めたからこそ味わえるのです。
ただ言えることは、健康に人一倍、自己管理に努めないと存続はできないことを自覚しています。

そのために、私たちが健康を保つために、いかに健康食品をいただいているか、病院通いで多量の薬を処方されている方から思うと、かなりのお金をかけています。病院通いする時間を考えると、自らの健康はお金では買うことが出来ません。
それと規則正しい生活とバランスの取れた食事をすることです。
そうしても、未病と言える微妙な位置にある方も多いことでしょう。病気になってからでは遅すぎる。
そうなんですね、病気になればでは遅いのです。その前にやることはいっぱいあるはずですね。それをしないで、副作用の多い薬を処方され、当たり前に服用することは健康な組織すら損なってしまう。そんな危険極まらいない病院通いは避けたいものです。

さて、今月の予定ですが、4日に当ホールの文化部の企画として「人はなぜ老いるのか?」といってお話し会を予定しています。松本平タウン情報、市民タイムスに掲載いただきましたが、なぜか「遺伝子」がどうのこうのと、非常にレベルが高いというより、普段なじみのない難しい言葉に掲載した記事を見てお越しになる方がいらっしゃるのかが問題です。

人間、加齢とともに老いゆくことはいたし方のないこと。でも、その老化のスピードを遅らせるとか、若返りにするための秘策があるかもしれません。とにかく、講師のお話から何らかのヒントが得られれば嬉しいですね。
なんの努力もせず、歳だからと手招きをしている場合でもありません。
少しでも、老いの原因を追究し若返りのためのお力になればと考え開催することにしました。

歳だからと老けこまず、いつまでも若々しさを取り戻そうではありませんか。
関心のある皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

話し変わりますが、きょうも何とか歩きましたが、昨年のこの時期から考えると5割程度で、いかに手を抜いているかが伺えます。人間は生真面目ばかりではなく、たまには手を抜くことも覚えないと、

いよいよ明日から師走ですがな・・・

特に何もしなくとも月日は過ぎゆく。11月もきょうでお終わりで、明日からは師走なんてせわしないなぁ〜。
明日から月が変わるだけでいつもどおりだが、カレンダーが12月いうことで師走。今年の最後の月になるというので、翌月は新しい月で新年となるだけのこと。

さて、あづみ野コンサートホールの公式サイト、ブログ等の管理についてだが、中塚先生をいう頼りがいのある先生にサポートしていただいている。現に、昨日無線LANが突然ダウンし、無線を使用しないでアクセスできるよう自分なりに頑張り、何とか本日の助っ人をお待ちしていた。
午後になって、ヤマダ電機で無線LANを買い求めていただいて、その後セッティングも無事に終え、いつも通りのネット検索ほか、通常通りの仕事につくことができました。まさしく力強い味方ですね。

私なんか、ハード面は全くだめでして、きちんと設定していただいのを使うだけの話であり、ちょっとしたトラブルにも対応できず、まさしく私には先生は天の助けであり、あづみ野コンサートホールのホームページをはじめ、ブログ、フェイスブック、チラシづくりまで全ての指導をゆだねている。
でも、物覚えの悪さは歳相応で若い人のように理解するに時間がかかり、覚えたことも使わないと忘れてしまう。
これはパソコンだけでなく、ピアノにも言えることであり、根強く繰り返し頑張るしかない。

今は、すべてのことをパソコンを使い、インターネットが連絡するためにメール、各種取引(株など)を行っており、パソコンが使えなくなると不便極まりない。
でも、今はパソコンでなくともスマホという便利なものがあり、万が一のためにそろそろスマホを始めようかなと考えている。「初めのスマホ」とドコモ等のコマーシャルでもよく見かける。
60歳からの割引等もあり、パソコンがダウンしてもスマホで間に合うようなので検討中である。

今は、安曇野混声合唱団の練習を終えて、女性人たちがお茶を飲みながら世間話で賑わっている。

気を取り直して頑張らんとあかん!

P1160940
P1160944
昨年のこの時期ときたら、まあやたら歩いていましたね。
データー見てみると、毎日のほとんどが15000歩前後を歩いていました。まあ、歩き過ぎと言えばそうかもしれないけれど、体重等の変化がなくやたら歩いただけかもしれない。
有意義な歩き方をしていなかったのか、この一週間と比較すると、ほぼ歩数でい言えば半分程度かな。
でも、昨年の体重と比較すると4キロほど減量出来ているので、上手くサブリメントとの相乗効果が出たのでしょうか。そう信じているから結果がついてきたのだと思う。

さて、午前午後のウォーキングとピアノ、それにブログの実践3ヶ条も、これからの冬の時期となると、どうしても実践出来ないのがピアノ。というのも、広いホール内を暖房を施して自分ひとりで練習するのは難しい。
コンサートのあととか、ホール内を暖めたあとでないと電気代も不効率で、それほどの価値のない自分のピアノでは勿体ないことである。

また、午前午後のウォーキングも自分に無理に課題を与えず。歩きたい時に歩くことを心がけるようにしたい。
毎日1万歩をノルマにすることもないし、最低5000歩は歩くことでもいいかなと勝手な変更を決めてしまった。
目標体重を達成するを余計に気が緩んだせいかもしれないが、ノルマを達成していない日々の中で、いつもと同じ食生活、焼酎のお湯割りも1〜2杯をいただいても数字的に大きな変化がない。新陳代謝が最高限度もあることも、ひょっとして太りにくい体質に変化しているのかもしれない。と勝手に思い込んでいる自分である。

午前中は何かとた来客もあり、また出損なったというか怠惰な気分がそうさせたのだろう。
でも、気を取り直して陽が傾いた午後3時半から1時間ほど歩く、約1万歩に近づいた。夕食後は4キロのアレイで筋トレの4種類を3回繰り返し、そのあとストレッチ体操も忘れず実行している真面目な面も覗かせる私でした。

怠け虫がニョロリと顔を出しています

この1週間は、目標体重を達成したことでの安心感からか、私の実践3ヶ条はブログのみに終始しています。
朝夕のウォーキングはバツ、ピアノを弾くもバツで、人間、安心というかほっとすると気が緩んでだめですね。
せっかく目標達成してもリバウンドしないように気を引き締めないと、またまたもとに戻ってしまいそうです。
でも、私の体が太りにくい体質になっているような気がするのですが、これは錯覚かもしれませんね?。

太りにくい体質というのは、まずは基礎代謝が高いことだそうです。幸いにもタニタの体組成計によると、私の基礎代謝は最高難度の「高い」の最高値にあります。かといって本当に太りにくい体質になっているかというと疑問です。筋トレはする、ウォーキングもする、健康にいいということはしっかりしている。
などなど、やるべきことはすべてしているつもりですが、まだ何か足りないものがあるでしょうね。

今朝も何とかベスト体重を維持しているけど、少し調子に乗って焼酎を飲み過ぎると一挙に1キロぐらう増えそうですね。その予兆が見え始めました。せっかくの努力を無駄にしたくないとの思いです。

ホールも16年を過ぎて私たち夫婦もそろそろ引き際を考えないと、いつ病気になって認知症になるかもしれません。どなたか安曇野でホールをやりたいとの思いの音楽愛好家、演奏家が手を挙げて欲しいものです。
こんな思いをすること自体、私たちも加齢の証かもしれません。

きょうはハーモニカ&ギター、チェロライブ

P1160880
P1160928
P1160893
P1160932
朝方から降り始めた雨が、小雨が降ったり止んだり、そんな中できょうのライブが始まりました。
クラシックと違い、会場のお客様が手拍子を交えてのりのりと、楽しいライブはクラシックでは味わえません。
雨にも関わらず、70名余りが「夢の実支援 NOHOHONコンサート」にかけつけていただきました。

外は雨ですが、メンバーのトークで笑いと手拍子で賑わってライブが盛り上がっています。
松田幸一さんは、種類の違ったハーモニカを持ちかえたり、ギター、歌などをトークを交えて素敵な演奏はさすが第一人者ですね。富山からのライブから安曇野にお聴きにいらした熱心なファンは有難いですね。
ギターの西海 孝、チェロの橋本 歩さんも息の合った素晴らしい演奏です。
懐かしい曲も披露されるなど、会場には楽しい雰囲気が漂っていて、肩をはらず気軽に手拍子も入りライブも最高潮に達しました。

きょうは地元のハーモニカ奏者の池田圭一さんもスペシャルゲストとして出演されました。松田幸一さんが何年か前のコンクールでの第2位の想い出話しが咲いて会場が盛り上がったのは言うまでもありません。
その生徒さんが上田市から応援に駆けつけていただいたことは喜ばしいことです。
演奏ですが、私が印象に残ったのが松田さんのオリジナル曲「ミケランジェロ」は最高によかったし、南米のアルゼンチンタンゴ、ジューク「パルティータ」も、フォークソングメドレーも懐かしさと、ハーモニカのテクニックに心酔していました。ギターの西海さんの歌も、もちろんギターも上手かったですね。
チェロも目立ちはさいないまでも、盛り上げるには十分な演奏でした。1度はソロでも聴きたいですね。

3人のメンバーがそれぞれの持ち味を十分に発揮したライブ。ほぼ満席とまではゆきませんでしたが、お越しいただいた皆さんが大満足されたことは演奏が終えての表情を見ていると明らかでした。
私もこれほどに皆さんを楽しませる演出に拍手を送りたいと思います。

著名なピアニストが驚きの訪問です!

P1160865
P1160866
P1160867
P1160869
P1160870
昨朝、ついに達成した私のベスト体重の71キロですが、その祝いに焼酎「神の河」のロックをいただきました。
当然、おつまみがついてくるので明朝はいちにち限りの達成で終わるかと思いつ、体組成計に乗った瞬間「61キロジャスト」と何と維持しているではないですか。「やった」と子どもじみた感動にふけっていました。
でも、福田さんが調律に入り立ち会いをしたりして、結局はウォーキングを怠けるに充分な理由ができました。
午後はコンサートが始まると、夕刻のわずかばかりの歩きに終わりそうです。

まもなく「河原千尋ピアノリサイタル」が始まります。天候にも恵まれ景色を楽しみ、そのうえ素敵なピアノ演奏が聞けることは何とも幸せなことですね。
明日は残念ながら雨が終日にわたり降り続くようですが、雨にも負けない演奏を楽しみにしています。
その人の名前は、知る人ぞ知るゲルハルト・オビッツさんです。フェイスブックに掲載するや「すごーい」とかのコメントをもらいびっくりぽんの私でした。
ホールの予定がなければベーゼンちゃんを弾いていただけたのですが、本日のコンサートのピアニストの河原千尋さんのリハーサル中で演奏は叶いませんでした。でも、ご訪問いてお話しが出来たことだけでも当ホールの自慢話ができたと誇りに思っています。

喫茶とお帰りの際にホール前でも記念撮影に気楽に応じられていました。
きょうは世界的なピアニストに訪問いただいたこと、昨日の理想体重の達成に続いて感動の日の連続でホールを存続していることからこその喜びと言えますね。

それと、きょうのピアノリサイタルの演奏のなか、空調関係の専門の業者さんがお見えになり、ホールの空調のメンテナンスをお願いすることと、ホール空調が突然ダウンする前の対策を話し合いました。
全面的にリニュアルするとなると100万円単位で経費がかさむなど、私たちには頭の痛い課題がずしりとのしかかります。早く後継者が見つかることを願っています。
livedoor プロフィール
最新コメント
Archives
2005年11月以前の日記

  • ライブドアブログ