安曇野で音楽にふれる豊かな生活

小さなホールから生まれる大きな感動!

安曇野は濃い霧の朝を迎えました

昨日に引き続き、今朝も濃霧で無風です。最低気温は3.5℃。少しひんやりした空気で体が引き締まります。連日に体を使ったのにもかかわらず筋肉痛や疲れはなく、しっかり朝食をいただきました。
本日の予定は午後2時から穂高会館でインターバル速歩講習会に参加します。ということで、午前中は軽い足慣らしをし、午後の講習会に参加してきます。
ということで朝食後に穂高川の堤沿いを軽く速足13分 108Kcal 2592歩。少し空気がひんやり、気温の上昇とともにアルプスの山並みも霞んで見え、きょうも日中は20℃付近まであがるのかな?

午後2時からのインターバル速歩講習会、いつも車で出かけますが、きょうはインターバル速歩で出かけようと考えています。このためリュックを背中に背負ってゆくかな。
午前はモーニングのお客さま2人、常連のお客さま3名のお相手と話が弾んで時間があっと言う間に出かける時間に。講習会場までインターバル速歩で意外と近いですね。速歩6分が2回とゆっくり1回の15分で会場に到着。筋トレを行うこと30分余り、インターバル速歩4サイクル、仕上げも筋トレとストレッチ体操。歩いているよりこちらの方が皆さんきついご様子。
お掃除当番でモップで体育館を清掃し、午後4時15分に体育館を出て帰宅したのが午後4時30分でした。

私が不在中に外人さん、旅行客がワッフル等を注文してくれたようです。閑古鳥でなかないでよかったです。何だかと言いながら昨日と変わらず速歩47歩、463kcal、10489歩でした。
数字からすると、この3日間は頑張り過ぎましたね。自分の年齢を顧みずということで、明日は少し休養日にするかな。インターバル速歩の仲間にも同じように言われました。

今も焼酎のロック2杯で酔いが廻ってきました。少しお疲れモード、明日はピアノ練習の1本に絞り休養日にあてることにしました。

宣言通り 有言実行できるでしょうか?

P1260098
P1260100
P1260102
P1260103
P1260107
P1260108
P1260109
P1260110
P1260116
P1260119
P1260121
P1260126
何だかんだと私なりの多忙な1週間でしたが、この週末はけっこう時間がとれることもあり、インターバル速歩、ピアノも余り実行できなかった分をリベンジ宣言。きょうは、久々の雲ひとつない快晴。ということで一念奮起して午前と午後はインタバル速歩を各40分の11000歩、ピアノを1時間を練習することに決めました。穂高は最低気温が2.8℃を記録、かなり冷え込みましたね。
果たして、実現できるでしょうか。それに収録したCDもそのままになっており、こちらも仕上げ演奏者にお渡しするようにしないと、ずるずると先延ばしになってしまいます。あさいち「頑張ります」。

午前9時45分、雲ひとつない無風快晴、気温9℃で少し空気がひんやり感じるなか、久々に北穂高の白馬展望コースへ。足取りが昨日の打ち放し251球の疲れもなく快調そのもの。軽快な足取りに操られるように思いのほか遠出になる。GACからポテトデリカス、サン工機前を通り、高橋節郎記念美術館を遠くに眺めながら、日本電産を右に見てピッチはあがる。途中、メイト会員さん宅へ回りご機嫌を伺う。
コンサートに来ていただくことを約束し、等々力大橋の登りを1分160ペースで息が弾むも心地よい汗が額から流れる。橋の上から穂高川を望むと野生の鵜が9羽がくつろいでいる。
その川鵜の食欲たるやすごいもので、放流した川の魚が少なくなったと言われているほど。
のちほど、アルプスの山並みを含め掲載させていただくことにする。

結局、少し頑張り過ぎたかもしれないインターバル速歩、速歩39分、359Kcal、8548歩に。予定を2500歩ほど上回る。牛乳を飲んで筋肉の疲労を補う。午後はほどほどにと考えているが。「大満足」。

そして、午後ですが東京からの仲良し女性4人の皆さんがお昼にお立ち寄りいただきました。暇を持て余していましていましたので感謝ですね。食後にホールをご覧いただきました。お話しによるお合唱をされているようでした。ホールを覗かれて「すごいね」と感心いただき嬉しかったです。
いよいよ有言実行なるかは午前に歩き過ぎた感じがし、余り無理のないようにし目標の数字に終始しました。それでも今年に入り最大の歩数を記録しました。消費カロリーが一気に鬱憤を晴らすような数字になりました。最終的に速歩58分(最大)、消費カロリー527Kkal、12,423歩でした。万歩計では13750歩、消費カロリーは実に766Kcalで、ご褒美に少し禁酒しようとしていましたがチュウハイ2杯をいただきました。これがなければいいのですが。私の人間の甘さを暴露したかな・。
ピアノも1時間以上弾きました。ただ、トロイメライは指使いが分からないこともあり、ショパンのノクターン嬰ハ短調、ワルツ「告別」、愛の讃歌、シューベルトのセレナーデの4曲をさらいました。不思議と弾きこむほどに指が慣れてきます。やはり反復練習の大切さを身にしみました。ウォーキングでは川のギャングといわれる川鵜の群れにも出会いとともに、思い切り体を痛め快適な汗を流せました。早朝の冷え込みが嘘のように暑いくらいでした。
自分で言うのもなんですが、きょうは自分なりに気合が入っているのを感じるとともに、頑張った自分を褒めてあげたいと思います。

肌寒さを感じるいちにちです

きょうは10月第3週の週末。ピアノレッスン、ピアノリサイタル、交流会からゴルフ。そして昨日は「田舎のモーツァルト」音楽祭、と多忙な1週間でした。多忙という言葉をいただけることがどれほど幸せを感じる響きですね。きょうはお誘いをいただいて久し振りのゴルフ練習場の打ち放題へ。
100球と入場料が280円が、1時間の打ち放題が全て込みで1300円に挑戦しました。安曇野に居を移したころはガンガンと距離は出るわ、球筋が自由自在でしたが過去の面影すらありません。それほどひどいできでしたね、これじゃぁ、コースに出てもよいスコアが期待されることがおかしいですね。

打つ放題ということもあり、1時間後には251球も打っていましたね。ただ、むやみやたらに打っているだけ。時間的にいうと1時間は60分、1分で4球打って240球だから15秒に1発を打っていることですね。
安曇野に居を移してこの武島ゴルフ場で練習していた際は、自由自在に球が打ち分けル事が出来たのが、今は散々たるもの年齢から体の硬さが加わり、本当にひどいものでした。
蟻任△燭5円と思うと安いものです。でも、蟻猫蟻任鯊臉擇砲箸いΦせちが遠のきますね。
わずか1時間でしたが、体もぬくもり快適な時間を過ごせ幸せでした。
またまた、インターバル速歩が出来ず仕舞い。まあ、いいやと開き直る自分が反省でした。

こんないい加減な性格。まして食欲も増し消費カロリーが追い付かず、ここ10ケ月ぶりに体重が70キロ台を超えそうな勢い。ここで待ったをかけないと。明日は全国的に快晴の予報です。午前と午後で1万歩超えの500Kcalを目指し、アルコールも自重しようと思っていますが、何とも意思の弱い人間ですので実行できるかどうか。明日は明日の風が吹く。ということで・・・。

終日にわたり「田舎のモーツァルト」音楽祭

P1260035
P1260038
P1260043
P1260044
P1260054
P1260058
P1260065
P1260070
きょうは午前10時に穂高東中学校講堂で開催の、第20回「田舎のモーツァルト」音楽祭に運営委員として参加しました。校長室での打ち合わせのあと、本校卒業生6名の演奏家をお出向いし、練習会場と控室に案内。このあと講堂でのリハーサルを終えて開場。一般のお客様のけっこうお見えになり本校生徒たちで席も埋まりました。

第1部は生徒たちによる個人、グループ演奏。第2部は招待演奏は先述の本校卒業生のフルート、ピアノ、ソプラノ欠く名の合計6名による演奏が繰り広げられました。ピアノソロ、フルート二重奏、そしてソプラノソロの幅広い演奏にお客さまも感動されていました。
ソプラノはイタリアに現在留学中の岡村美和子さん、藤原歌劇団の準団員のして活躍の下條広野さん、ピアノ教室主宰の寺島美紀さん、施設の職員として音楽と親しんでいる長持綾香さん、学校の教鞭をとりながらフルートを演奏活動されている中村順子さん、望月美帆さんの6名です。

歌の合間に校長先生が加わるなど楽しいシーンもあり、会場から大きな拍手でうけていましたね。
演奏の楽しさと企画力もよかったのか、お越しいただいた皆様には好評で運営委員として手伝いさせていただいた私たちも嬉しかったです。

P1260074
P1260081
P1260092
演奏を終えてステージ、校庭の田舎のモーツアルト歌碑前で演奏者、運営委員と記念撮影を行いました。楽しかった音楽祭も終わってみればあっという間の時間でした。
さあ、来年の招待演奏で頭のなかはそのことでいっぱいの私でした。

やっと遅れがちのブログが正常に戻ったかな

ピアノレッスン、ピアノリサイタルに交流会、それにゴルフとブログの書き込み間もなく、何とか遅れを取り戻しました。演奏家の皆さんたちはスマホでアップできるでしょうが、相も変わらずのガラケイです。そろそろスマホでラインとやらにも加わりたいのですが、おじいちゃんは敬遠されがちですね。
親しい仲間の中に私など入れてもらえるとは考えていません。

本日でやっとこさ、正常に戻りましたよ。きょうは久々に当ホールの友の会に入会したいという方をご紹介いただけるようで有り難いことです。申込書もお渡ししましたので新しい仲間が増えるかもしれません。去るものは追わず、来るもの拒まず。人生は水の如く流れるままに生きたいものですね。

きょうは午前中は青空が見られたものの、午後になり厚い雲に覆われて時折り雨がぱらつきました。
インターバル速歩も多忙にまぎれておろそかに。でも、早朝ゴルフに、月曜日は緑の芝生を踏みしめていましたよ。たまたま熟大メイトを持参していなかったので数字には出ませんが・・・。

本日はパターンを変えて、3分速歩3分ゆっくりから6分速歩で3分ゆっくりのペースを歩きました。
結局は速歩25分、217Kcalの5451歩。本来なら総歩数は速歩時間を換算すると1000歩ほど多いですね。

さて、明日は穂高東中学校で開催の第20回「田舎のモーツアルト」音楽祭。運営委員として頑張ってきます。お時間のある方、第一部が午後1時半、第2部が2時半開催となっています。
穂高中学校卒業生6名によるコンサートですのでお気軽にお越しくださいね。お待ちしています。

血圧の変化が激しい季節になりました!

例年、10月の中旬から下旬にかけて血圧が高くなります。数値が高くなるのは季節的要因が伴うのですが、降圧剤を処方されている時は「薬が弱いからだ」と言われたことがあります。
夏から朝晩の気温の変動が激しく、気圧の変化にも敏感に反応するから一時的にあがるのですが、そういうことを理解せずに薬のせいにするのはいかがでしょうか。
降圧剤を飲んでいても、今は薬はいただいませんが処方されている時と何ら変動はありません。季節的要因で血圧が上がることは自然に体が反応しているからだと私は信じています。
よほどのことがない限り、薬に頼らず食事と適度の運動を心がけ自己管理することがいちばんでしょうね。運動が苦手な方、時間がないという方は仕方がないのでしょうが、薬の副作用の恐ろしさを知るとうかうかと薬を飲む気がしませんが、皆さんはいかがお考えでしょうね。

薬と言えば、週刊誌に特集が組まれていて、血糖値がわずか高いからと言って処方したり、LDLの悪玉コレステロールが高いからと強いスタチン製剤をマニュアルに沿って処方されます。確かに数値は一気に下がりますが、中性脂肪まで下がらなくかえって動脈硬化が進む場合もあるのです。私がその最たるものです。医師は処方した薬の効果、副作用がないかを定期的に検査すれば自ずと分かることです。
しかしながら、診療報酬の処方も点数になり、薬品業界との関わりも問われています。

薬は絶対必要なもの以外は飲まないことを心がけることが大切かと考えています。
てなことで、運動がてら通帳に記帳と出金にインターバル速歩に出かけました。昨日は速歩21分の5000歩余り、きょうは速歩24分の5665歩でした。時々速歩6分、ゆっくり3分の間隔で歩いています。負荷をかけることも体力アップになりますから。ということで頑張りました。ゴルフでの筋肉痛は全くありませんでした。

きょうはゴルフで総歩数は16000歩でした・・・

P1100680
いちにち遅れの書き込みになりますが、盛り上がった昨夜の交流会の翌朝ですが6時過ぎには起床。7時半にホテルのテラスで朝食ですが、さすが標高1000メートルの空気は冷たい。和食をいただきコーヒーを飲んだあと、フロントで清算を済ませ、いざあづみ野コンサートホールゴルフ大会「鳥羽杯」の会場の穂高カントリークラブへ。
ゴルフ場の気温が12℃を示しています。少し寒いですが動いているとちょうどよい気温でしょう。

スタートのINのティグランドで15名による記念撮影を行い、それぞれがスタートし、それぞれのプレーに終始しました。スコアは調子の良い方、悪い方、まあまあ実力通りの方とさまざま。
とにかく楽しむことを優先にハーフを終え、私はそば定食と生ビールをいただきました。プレーの後のこれがたまりません。そして午後1時18分にアウトのロングホールから、前半を終え、すでに9000歩ほど歩いています。歩数が多いのがスコアに比例していますね。
私は右や左と歩数を増やすために、林の仲間で森林浴を兼ねて右往左往で歩数もへいて当たり前かな。熟大メイトを持参すればよかったと後悔しましたが「あとの祭り」でした。
何とか殴曄璽襪鮟えて、4組が揃ったあとでコンペルームで表彰式。ハンディに恵まれ、何と3位をいただきました。大叩きしたホールがハンディホールだったのでしょう。
表彰式を終えて、名古屋、東京支部の皆さんとお別れ、次回は来春4月に再会を誓いました。

今回の宮谷理香ピアノリサイタルの日程は地域の運動会などなど、各イベントなどの行事とも重なり、開催時期の設定次第で集客に大きく違いが出ます。来秋の開催時期は11月の半ばのアルプスが冠雪したころを検討しています。
でも、前日のピアノレッスン、リサイタルでは71名の方が熱心にピアノ演奏を聞いていただき、交流会も楽しくできました。いただいたご縁はいつまでも大切にしたいですね。

宮谷理香ピアノリサイタルの余韻を交流会へ

P1000165
P1000213
演奏を終えてサイン会、記念撮影とバタバタと時間に追われながら、遠路からお越しの皆さんとの交流会の会場のホテルアンビエント安曇野に向いました。当ホールの名古屋支部11名、大阪支部2名半(1歳児含む)、関東支部2名と私の16名が宿泊です。いつもどおり、宴会を前に幹事部屋で一次会を、そして本宴会場へ移動し交流会が始まりました。和食コースに幸福感を味わいながら、もちろん料理とピアノの話しにも盛り上がりました。ここに演奏者が加わるとさらに宴が華々しくなるのですが。
お酒もほどほどに、部屋に戻り幹事部屋で再び2次会でさらに大盛り上がり。ビールにワイン、焼酎と日本酒、つまみもたっぷりと今年ほど盛り上がったのは過去にありません。

私の手相占いに名古屋組の玲ちゃんは真剣そのもの。結婚年齢などに食いいるように結婚線を見ていました。ただ、部屋が暗いのとお酒が入っての手相占いはタブーなのです。何故かというと、アルコールで手がピンク色になりしっかりした鑑定ができません。日をあらためてみることにしました。
宴会は午後11時を過ぎても延々と終わりそうもなく、来年の4月の美人演奏家3名を囲んでの交流会の話にも終始しましたし、りかりん先生との交流会が実現出来るか分かりませんが、来年の日程の調整をお願いし、実現できれば嬉しいですね。

さあ、もう夜も随分と更けてきましたので解散。明日はゴルフ組と観光組に分かれての行動です。

すごかったなぁ!宮谷理香ピアノリサイタル

P1250947
P1250949
P1250951
P1250954
P1250957
P1250960
P1250984
P1250990
前日のピアノレッスンに続いて宮谷理香ピアノリサイタル 「音楽の玉手箱 〜愛を奏でるピアノ〜」はオープニングのドヴュッシーの「月の光」にしんみりと心がしみました。続いてベートーヴェンの「月光」で繊細さと力強さが冴えわたりました。美しい曲が一流の演奏家が弾くと感動が倍増いたします。ベーゼンドルファーについて巧みなトークで会場を湧かせるつぼは、さすが心得ているりかりん先生の素晴らしさですね。また、私がリクエストした第一部での衣装ですが素晴らしいですので、画像を大きくしてご覧くださいね。また、第1部の最後のバッハ=ブゾーニのシャコンヌですが、多くの皆さんが楽しみにされていた曲です。ヴァイオリンで演奏されるシャコンヌも大好きですが、今回の演奏を聞いてさらに好きな曲になりましたね。

P1250994
P1260002
P1260003
P1260004
P1260006
P1260012
P1260016
さて、今回のリサイタルのサブタイトルにあるように「愛」にまるわる名曲を中心にプログラムの構成をされて、その曲の説明を巧みなトークで説明され、会場からため息と笑いも出たりするなど盛り上がりも最高潮でした。第2部がグリーグとショパンのピアノ協奏曲の第2番。バラード3番と皆さんの馴染深い名曲でした。当ホールの第13回目の出演となり、ご縁をいつまでも大切に思っていただいているお気持ちに感激。本日お越しの皆さんもりかりんとのご縁を大切に遠方から大勢に皆さんにお越しいただきました。

演奏が終えてからは名古屋組、地元とりかりんファンの皆さんとの記念撮影を行いました。
帰路の電車の時間に穂高駅までお見送り、次回は交流会にご参加いただくことを楽しみにお待ちしています。実現するかどうかは分かりませんが、ホテルでの宴会、二次会の楽しさは明日につづることにします。

『りかりんの楽しいピアノレッスン」

P1250891
P1250893
P1250901
P1250903
P1250905
P1250907
半年振りにりかりん先生を穂高駅までお迎えにあがり、お元気な姿についつい嬉しく顔も緩んだ私です。翌日のピアノリサイタルを控えていますが、お昼前から夕刻まで6人の受講生に熱心な指導をされていましたね。ショパンからブラームス、シューマン、ハイドンとモーツァルトの連弾。それにブラームスのヴァイオリンソナタ、シューベルトのピアノトリオのピアノパートと、レベルの高い曲を指導するりかりん先生は熱く燃えていました。受講生にもその熱意を感じているようでした。

P1250911
P1250913
P1250918
P1250920
P1250922
P1250931
P1250936
P1250937
レッスンを終えてから私たちと夕食をともにし、それから翌日のピアノリサイタルの演奏曲をおさらいされていました。今年は特に多忙なようで、来年は少し自分の時間をとれるようにしたいとのお話しでした。遠路からお越しいただいた皆さんとのホテルでの交流会にも関心を示しておられ、俄然とやる気が湧いてきました。

何かと多忙を理由にインターバル速歩はおあずけ。一段落したら頑張る予定です。
6名のピアノレッスンの模様をまとめて添付します。
プロフィール

azumino6419

最新の音響技術とピアノの名器ベーゼンドルファーから生まれる最高の響き、円熟期にあるベーゼンの音色は今が最高です。「小さなホールから生まれる大きな感動」をテーマに開館15周年は多くの皆様から参加いただきました。我と思わん演奏家の皆様、安曇野での公演に挑戦してみませんか。

最新コメント
Archives
2005年11月以前の日記

  • ライブドアブログ