セガプライズの初音ミク -Project DIVA- プレミアムフィギュアです。
セガプライズからは3作目となるミクですが、今回はほぼ1/8スケールのビッグサイズでの登場。
色々と注目作の多い今月末の中にあって、一番期待していたフィギュアだったりします。
完成度は流石セガプライズといった具合に、プライズらしかぬハイクオリティ。
正直な所、これまで発売されたフルプライスのミクよりもミクらしい気がします。

メーカーセガプライズ
原作初音ミク -Project DIVA-
商品名初音ミク -Project DIVA- プレミアムフィギュア
発売日2009.11.27
材質PVC

以下詳細です。



パッケージ
普通の1/8フィギュアと同等orそれ以上のサイズ。
パッケージからしてプライズらしくない大きさです。


PSP Project DIVAのパッケージイラストのポーズでの立体化。
ミクのフィギュアで動きを感じさせるポーズのものは初めてなんじゃないかと。
イラストの雰囲気も良く出ていると思います。
これがプライズだって言うのだから、ホント凄いね。














ぐるりと1周。
ボリュームのある髪やシルバーの服はメタリック塗装で、腕や脚の黒い部分はツヤツヤの仕上げ。
塗り分けも非常に細かく、塗装に関してはほぼ文句無い仕上がり。
また、やや大人しめながらも動きのあるポーズなので、角度を選ばないのも良いです。


今までありそうで無かった、軽やかで楽しそうなミク。


顔もとても可愛らしい。
口元にややクセがありますが、殆ど気になりません。
髪のダルさなど、プライズらしく気になる部分はありますが、ほぼ完璧な気がしますよ?
むしろ凄く可愛い。


首元の塗り分けに注目。
プライズであるという前提を忘れそうになります。


グッスマ版、ボークス版より元絵に近い印象。 少なくともMAX版より可愛い。(好みの問題です)


胸元。
服の皺や塗り分けなど、相当頑張ってますよ。


ミクらしく、控えめなバスト。
ボカロの文字もしっかりと。


唯一塗り分けが甘く感じたのが爪。
しかし、メーカー品でも省略されることが多い爪の塗装がされているというのも凄い話です。
でも、これ以前に出てるプライズミクも塗り分けられてるんだよな・・・


ミクといえば腋ですが、このミクは腋分控えめ。


背中もステキです。


動きのあるポーズなので、ボリュームのあるツインテと相まって勢いがある感じ。


ミクフィギュア中、最も素晴らしい太もも。
細身ながらも綺麗な曲線を描いています。
鍵盤状のディテールもしっかりと再現。






しかし、パンツはとてもあっさり。
白です。




脚だけでなく、ツインテの先端もベースに固定しているため、安定性は抜群。


台座のロゴ。


ミク比べ。
左からグッスマ(CM Ver.)、プライズ DIVA版、プライズ版。
グッスマ版と並べて遜色無く、前作からの凄まじい進化具合が伺えます。











満足度:★★★★

エロゲの日なセンセイさんもおっしゃってる通り、コストパフォーマンスという面では最高のミクフィギュア。
完成度的にも申し分なく、気になる部分があっても「プライズだし・・・」と免罪符も装備。
KEI氏のイラストの雰囲気を再現したものが少ないだけにとても新鮮です。
プライズというのが入手性の面で難がありますが、残念かなミクフィギュアはどれも楽じゃないんですよね・・・

これは強くオススメしたいミクです。


■関連リンク
[セガプライズ]
初音ミク Ver. 1.5
[セガプライズ]
初音ミク
[ボークス]
初音ミク
[GSC]
初音ミク