WONDER FESTIVAL 2010[WINTER]にてグッスマより販売されたセイバー・リリィ 〜勝利すべき黄金の剣(カリバーン)〜です。
以前発売されたセイバーリリィ 〜全て遠き理想郷〜の別バージョンとなっており、鎧を脱いだドレス姿での再登場。
それに合わせ、表情、鞘をはじめとして各部が色々と変更されています。
イベント品としてはややインパクトに欠けるのでは?と思ったのですが、手にとると納得の完成度。
セイバーリリィとしては、最もリリィらしいリリィです。

メーカーグッドスマイルカンパニー
原作Fate / unlimited codes
商品名セイバー・リリィ 〜勝利すべき黄金の剣(カリバーン)〜
発売日2010.2.7 (WF2010 winter)
スケール1/7
材質PVC, ABS
原型師河原隆幸
定価¥9,800

以下詳細です。



パッケージ
基本デザインはアヴァロンと同じながらも、色味などが変更されています。
内容物もカリバーンと鞘のみなのでボリュームダウン。


無骨な鎧を脱ぎ捨てたドレス姿のリリィ。
カリバーンを大きく構えた凛々しいお姿です。
何より、リリィと言えばこの流し目ですよね。
















鎧が無いためボリュームダウンは否めませんが、スッキリしたラインがかえって美しさを際立たせています。


優美に円を描くユリの花の如し。


気高く剣を振るう騎士姫。
騎士って言う感じはあまり無いですけどね。


気高くお美しいご尊顔。
静かな笑みと艶やかなその視線に魅了されっぱなしです。








虫けらの如く見下される冷たい視線。
そのケの人にはたまらないのでしょうね。






黒いリボンで結われたポニーテールはそのまま。


気付くとバストアップばかり撮ってました。
アングルによって表情がかなり変わって面白いです。
しかもどのアングルから見てもお美しいという・・・


無骨な鎧の無い、白く軽やかなドレス。
インナーのスカートがクリアパーツに変更されています。


胸当てが外され、控えめな胸元も露わに。


アヴァロンでは拝めなかった胸元がこうも簡単に。
腋から胸へと至る素晴らしいラインを思う存分堪能できます。


控えめながら、谷間もこの通り。


セイバーはこのくらいのサイズが丁度良い。


キレイなバストライン、そして腋。




鎧が無い分、美しい肢体の隅々まで鑑賞できます。眼福眼福。




前腕部は新規造形ですね。
鞘は手で掴む形に変更されています。




二の腕も良いなぁ。


右手にはカリバーン。


こちらはアヴァロン版(通常版)と同じですかね。


細かく造りこまれた鞘。




カリバーンを納めることが出来ます。






大きく開いた背中側。


無骨な甲冑が無いせいか、華奢な印象も受けます。


ユリの花弁の如きスカート。




インナーの部分がクリアパーツに変更されているため、脚がうっすら見えるのがポイント高い。




脚甲も脱ぎ、白く艶やかなニーソと黒い靴に変更されています。


本当に美しい肢体ですね。


翻ったスカートから覗くパンツ。


インナーがクリアパーツなせいか、より豪奢な印象を受けるユリの花弁の中。


この透明感はリリィにぴったりですね。


相変わらず素晴らしい太ももで。


シンプルな白いパンツは通常版と同様ですね。








台座は白×赤に変更され、印象も異なったものに。




カリバーンの鞘+エクスカリバー。
通常版とは逆の組み合わせになります。


通常版と並べて。
鎧のせいか、かなり無骨に見えますね <通常版


カッコイイ通常版と、凛々しい限定版。


別のキャラクターと言っても過言じゃ無い気がします。
通常版はセイバーっぽいけど、限定版はまさしく“リリィ”そのもの。

以下適当に。





















満足度:★★★★★

ただの軽装モードと思いきや、殆ど別物と言って良い仕上がりとなっています。
この顔でアヴァロンを、というのが理想なのかもしれませんが勇ましいあの装備だからこそあの表情で良いんじゃないかと思います。
逆にこの軽装であの勇ましいお顔は何か違う気も。
ドレス姿で凛々しく剣を舞う騎士姫。
素敵じゃないですか。

惜しむらくは値段でしょうかね。
イベント品とはいえやはり割高感は拭えません。
まぁ、甲冑から変更された部分も新規に作られているので、手間的に変わらないというのは理解できるのですけどね・・・

■関連リンク
[ねんどろいど]
セイバー・リリィ
[GSC]
セイバー・リリィ
[ALTER]
セイバー メイドVer.
[Gift]
セイバー