バンダイの超合金ブランドより発売されたドロッセルお嬢様です。
超合金でドロッセルが出ると聞きいたときは何故に超合金?という疑問が強かったのですが、
実際に手元に届いてみると、むしろ自然な感じ。
ダイキャストの質感や光沢など、素材がキャラクター、造形と非常に良くマッチしています。
超合金とお嬢様の親和性の高さがここまでとは思いませんでした。
このお嬢様は目の発光ギミックや各種オプションなど、色々遊べる構成になってますが、
存在感があってスタイルも申し分ない立体化という一点に尽きるかと。

メーカーバンダイ
原作ファイヤーボール
商品名超合金 ドロッセル
発売日2010.2.27
スケールNON
材質ABS,ダイキャスト,PVC
定価¥8,400
備考ボタン電池 LR41×2個使用
(テスト用電池は製品に付属)

以下詳細です。



パッケージはかなりコンパクト。
近頃のフィギュアのサイズで慣れると拍子抜けするくらい。
あと、お嬢様は超合金のコピーは伊達じゃないですね。


内箱は、合金を使用したお嬢様は発泡スチロールによる梱包。
オプションパーツの類はブリスターという構成になっています。


パッケージ内の台紙。
何か細々と書かれているのですが、右下に注目。
『超合金、すなわち合金を超越した合金を開封するにあたり知っておくべき事柄』より
どこからつっこむべきだろう・・・


超合金ドロッセルお嬢様。
figmaが可動に重きを置いたものであるとするならば、こちらは存在感に重きを置いたお嬢様と言えるかと。
目つき、顔のライン、頭身、全てにおいて映像中のお嬢様がそこに顕現したかのような完成度。
加えて、各部の可動や目の点灯ギミックなど遊び応えも十分。
全高も約18cmあり、金属の重厚でひんやりとした質感や重量感も相まって存在感が凄いです。














どこからどう見てもお美しいお嬢様です。


頭部はオプションごとに3種類用意されていますが、標準タイプの頭は目が点灯するギミックを内蔵。
無機質ながらも柔らかい顔のラインもそのままに再現されています。


ツインテールをはじめ各部にプリントされた注意書き(?)は文字として読めるレベルの細かさ。


胸元にも。




膝裏のディテール。
作りが細かいです。


キラッ☆
ということで目が点灯します。
頭部の一部外してスイッチをON/OFFするかたち。
LEDの位置が微妙に下気味なので、目全体が均一に光るわけじゃないです。


光量はとても強くかなり明るめ。
そのせいか、余分な光がプラから透けてしまっているのがやや残念。


格闘ユニット「ベリンダ」
こちらは頭部ごと差し替える形となっています。
そのため、この頭部では目は点灯しません。
扱いを考えると、確かに頭部ごと入れ替えた方が楽ですね。
遊んでてポロリ、というストレスはなくなりますから。


耳の辺りから後ろに伸びる水色の部分は軟質素材。
figmaやねんどろいどのように硬質のプラじゃないので、破損の心配は殆ど無いかも。


施された模様も綺麗です。




ハイキック程度なら問題なく動かせます。


おしゃれユニット「オブルチェフ」
こちらもベリンダ同様に頭部ごと差し替える形です。




うむ、とてもおしゃれですな。


後頭部の中央のブロックを押すことで、スプリングアクションによりユニットが展開されます。


羽などの部品を差し替えることで展開状態に。
頭部は基本的にプラ製で軽く、姿勢の維持には問題ありません。




バッ


ドロッセル比較。
一番右から超合金、figma、ねんどろいどです。
figmaより結構大きなサイズであることがわかります。


超合金とfigmaの比較。
超合金の方が頭身低めで、より子供っぽい体型になっています。
可動範囲についてはfigmaに軍配ですね。


頭部比較(左:超合金 右:figma)
顎のラインと目の形が異なります。
オリジナルのデザインに近いのはfigma版なんですがややキツめの印象。
それに対し超合金版のは丸みを帯びた優しいラインになっています。
自分は超合金版の方が好みです。

以下適当に。












何故かひたすら東方不敗スタイル。
















満足度:★★★★

figmaドロッセル発売時から大きいサイズで出ないかなぁ・・・と思っていたので、超合金版は大いに満足。
可動に関しては頑張ってるとは思うのですが、素材的なアドバンテージ含めfigmaに軍配かと。
ただ手首のパターンは豊富なので、表情はつけやすいですね。
ガシガシ遊ぶにはあまり向いていないかもしれませんが、その分ポーズをつけて飾った時の存在感はなかなかのもの。
そう考えると、そこまでアクロバティックに動かなくても良いのかなと思えますね。

お値段も決して安くはありませんが、大きなお嬢様ということで、
キャラクターに愛着のある方は十分に満足できるのではないでしょうか。

少なくとも自分は大いに満足です。

以上、超合金ドロッセルでした。


■関連リンク
[figma]
ドロッセル ギズモ装備Ver.
[GSC]
ねんどろいど ドロッセル