ペンギンパレードより発売された華琳様です。
恋姫関係のフィギュアはチラホラあったのですが、別の三国志モチーフの作品同様に関羽ばかり。
そんなに関羽が好きかァァァァーッ!と思わず叫びたくなるくらい関羽贔屓されてる中、
ずっと待ち望んでいた華琳様がようやく立体化。
これまではボークスのトレフィグだけでしたからね。
え?以前にも立体化されている?それは一旦忘れましょう。

唯一の不安要素だったのはメーカー。
ペンギンパレードってPVCフィギュアはこれが初めてなんですよね。
デコマスから劣化しないか心配だったのですが、杞憂に終わってくれて何よりです。

なお、製品名は曹操(華琳)ですが、以下全て華琳様で統一しています。
様付けなのは仕様です。

メーカーペンギンパレード
原作真・恋姫無双
商品名曹操(華琳)
発売日2010.7.5
スケール1/8
材質PVC, ABS
原型師HOKUSOH
定価¥8,190
備考18歳以上推奨商品

以下詳細です。


パッケージ


作中の凛としたお姿そのままの華琳様。
造形面では問題ないのですが、唇の塗装が全体の印象をかなり悪くしてしまっています。
写真では唇の色をやや淡めなるように撮っていますが、製品はもう少し濃いです。
このせいで少し少女っぽさが失われてしまってるんですよね・・・






それ以外についてはほぼ申し分の無い完成度といって良いでしょう。








フェイスアップ
強い意志を感じさせる瞳は華琳様そのもの。
ただ、遠目に見る分にはそんなに気にならない唇ですが、アップで見るとややタラコ気味に・・・


アングルによってはそこまで気にならないので、横顔推奨。
むしろアングルを変えることでとても多彩な表情を見せてくれます。




このアングルで見ると唇の塗りがおかしい事がよく分かるかと。
ちょっと色落としたいなぁ。




基本的に見上げるアングルはNGのようです。


特徴的な髪飾りと縦ロール。


服の装飾も細やか。








それほど大きくもないけれどしっかり主張しているバスト。




谷間!


上から覗き込むと結構なボリューム感。









胸元で魅了するだけでは飽き足らず・・・
華琳様なんと恐ろしい。


腰のベルト(?)は別パーツ。
塗装の質感も良い感じでした。




大鎌の「絶」






後姿も麗しゅう・・・ってパンツ見えてます。


太もも〜お尻&腋。
眼福です。


太ももの肉付きが良い感じです。


パンツは白。




脚甲まで細かく作られています。


ほっそりとした綺麗なおみ足です。


胸元ははだけさせられます。


胸元をはだけた状態。
本当に必要なギミックがどうかは疑問が残ります・・・










露になった乳房。
先端はツンと尖って、淡く塗られています。




露になってしまうとややボリューム感に欠ける気が・・・


スカートも脱げちゃいます。


上下キャストオフ。
恥ずかしい姿だけどりりしさ変わらず素敵です。





























満足度:★★★★

とても良い華琳様でした。
数少ない恋姫関連のフィギュアにおいて期待通りの出来栄え。
と、言いたいのですが唇の塗装だけが気になってしょうがない。
ここがとにかく勿体無いなぁ。
アングルによっては気にならないのですが・・・うーむ・・・

で、他のキャラクターはちゃんとリリースされるのでしょうか?

以上、ペンギンパレード華琳でした。


■関連リンク
[ボークス]
M.O.E 華琳