台風18号近づく中、いつも通りの散歩へ。


14日、夜明け前の白馬。
上空は雲が流れており、夜には星も見えたのですが安定した天気とは言えませんでした。


夜明け。
赤く染まる松川。


日の出後も太陽は雲に隠れてる時間が多く、あまりはっきりとしない朝でした。
しかし白馬の峰々が見えたのでそれで十分。


7時頃になると遠雷が聞こえてきたため撤収。


移動中、神城付近でのソバ畑。
ソバの花は全体的にピーク過ぎの印象。
また収穫前の水田も楽しみにしていたのですが、台風に備えてか急ピッチで収穫が進められていました。


こちらは中山高原のソバ畑。
このあたりで空は雲に覆われ太陽は殆ど見えず。


こちらも花のピークは過ぎていました。


大峰高原の大カエデ。
紅葉シーズンになると賑わうのでしょうが、この時期はまだ静か。


紅葉してなくても十分面白い場所でした。


三才山トンネルを経由し、佐久のコスモス街道へ。
コスモスはちょうど見頃でしたが、この直後に台風が来ることを考えると・・・


移動中含めてコスモスはあちこちで咲いていました。

この日はどう頑張っても夕景は見れないだろうということで1日目の行程はここまで。
翌日はちょっとやりたいことがあったので、猪苗代湖へ。


で、猪苗代湖で迎えた朝。
見たかったのはこの風景じゃなかったのですが、想像以上に赤い朝焼けに出逢えました。
この手の風景は、ある程度の湿度があると起きやすいみたいですね。
なお期待していたのはこんな感じの朝。


赤い風景は数分間であっという間に終わってしまいましたがその場に立ち会えただけでも十分。
ここでも遠雷が聞こえたのですが、大気はかなり不安定だったみたいです。


猪苗代湖より南下して布引高原。
磐梯山と猪苗代湖と風車。
天気は既に急降下中。


やや強めの雨が降り始めました。
ずっと気になっていた場所だったので来れて良かったです。


会津より南東に進路を向け、鹿角平観光牧場へ。
ここまでの道中にかなり激しい雨に襲われ、途中道路上に障害物があるような状況にすらなっていました。


が、着いたら雨は完全に止んだ後でした。



ただ不安定な天気なのは変わらず。
青空の時に来たらもっと楽しいんじゃないかと思った場所でした。


鹿角平からの下山途中、塙町にて。
一転して青空が広がっていました。
ただ残念ながら多くの稲が雨でやられて倒れてました。
こちらの方は全然刈り入れされてなかったんですよね・・・


塙町内の久慈川。
かなりの濁流で、下流域ではかなり危ないことになってたみたいです。


道の駅で食べたダリアのソフトクリーム。
この手の不思議なところは、食べたことが無いはずなのにダリアの味だと認識できるところですね。


那珂川町で見た夕景。
夕陽も無理だろうなー、と諦めていた矢先にちょうど視界が開けたので。


雲は多いものの茜色に染まりました。


ただ、重い雲が多く見れたのは短い僅かな時間でした。
2日目の行程は以上。


本当は3日目も動く予定だったのですが台風の動きが予想よりも遅く、
帰るころに影響をモロに受けそうだったため、予定を前倒しして帰路へ。
おかげで16日早朝に戻れたために台風の影響は軽微で済みました。
ホント安全第一です。


大きな地図で見る