トレジャーフェスタ in 幕張プロローグへ行ってきました。
今年は冬のWFが無いせいか、模型イベントが妙に集中しています。
今月はこれで3回目のイベントとなりますが、メガホビやワンホビとは異なり、ガレージキットメインのイベントです。
そのため企業の参加は少なく、主催であるグリフォンにレジーニャ、タキ、ボークス、ムサシヤ・・・といった微妙さ加減。
いや、この前の2つのイベントが錚々たる顔ぶれなだけですね。

ガレキを組まない(組めない)自分としては、参加するか否かかなり迷ったのですが、ムサシヤの新作の展示を期待して行ってきました。

イベントレポと言うよりムサシヤレポになってしまっていますが・・・。
■2009.2.23 21:10 ムサシヤ以外を追加■


■ ムサシヤ ■

真っ先に向ったムサシヤブース。
イベント限定品でキミキス、通常製品でルリと一騎当千の展示、販売が行われてました。
WOOD氏の銀様はもう販売しないんでしょうかねぇ・・・。


ムサシヤのルリ新作(新色?)のメイド'09 Ver.
今回はこれを撮る為だけに来ました。
ムサシヤのHPの写真はイマイチ信用できないので足を運んだのですが、見に来た甲斐がありました。


とても華やかなカラーリングとなるメイド'09 Ver.
ノーマルの黒色の時点で「メイドじゃないなぁ・・・」なんて思ってたのですが、これはもう完全にメイドじゃねーよ。




オフィシャルの写真では、ツインテールの根元のリングはピンク色なのですが、展示品は通常版のを流用しているのか黒のままでした。
ここは流石に直りますよね?ね??


造形やアイプリには変化は見られず。
ただ、アイプリに関してはまだ変更される可能性があるのかも。




ムサシヤHPに掲載されている写真だと濃淡の無いピンク1色な感じでしたが、展示品は濃淡2色のピンクでの塗装。
薄いピンク色はパールの入ったサテン調で塗られていてとても綺麗でした。


折り重なったスカートのフリル。
通常版よりも色の濃淡がハッキリしているので、布地の重なり合った感じがとても良いです。


こういう華やかなドレスを纏っているルリというのは初めてですね。


ビスチェも2色構成。
通常版よりも情報量が多いです。




ただ残念なのは靴の色とニーソの色が近すぎること。
靴の色はもう少し濃い方が良いんじゃないでしょうか。


こちらはリペイントされて再登場の喪服ルリ
これに関してはホビコンでも見たものから変わってないようでした。










どちらのルリも、会場限定特価で予約を受け付けてました。
例によって例の如く、前金制なので予約はしてません。
・・・と、思うままに書いていたらレビューしてるのと変わらなくないか、これ。
展示品をただ撮ってただけなのですが・・・。
あと、ここまで書いておいてこんなこと言うのもアレですが、このまま製品になるかどうか分からないのでご注意を。
まぁ、最近のムサシヤなら多分大丈夫だとは思いますが・・・。
以下はルリ以外です。


新作の関羽3
全高43cmとのことですが、とんでもなくデカかったです。






バストのボリュームも半端ねぇ。


関羽雲長'09 Ver.
制服が黒リペイントされたもの。
5〜6月予定で¥24,800也。


水着呂蒙。


特価販売品。
上以外にルリSP5 '08とかありました。


一騎当千もののキット版。
でも何故かルリのキットは一個も無いんだぜ。


当日販売品。
個別に撮るの忘れました。

ムサシヤブースは相変わらずといった感じで、売る気があるのか無いのか超微妙な空気。
まぁ、人が少ないおかげで今回はがっつりルリを撮れた訳なんですけどね・・・。


以下、2009.2.23 21:10 追加分
■ ボークス ■


一番混雑していたボークスブース。
イベントの度に行列ができるのは信者が多い限定品が多いからでしょうか。


L.E.D. ミラージュ BUST UP MODEL
全高約700mm、横幅約550mmという、とんでもないボリュームと精密感。
お値段も10万円オーバーと大変なことになっておりますが、これの圧倒的な存在感は凄い。
個人的にはルリ以外での今回の目玉。






首周りの造形がとんでもないことになってます。
しかし、これ完成品じゃないんだぜ。


イベント限定価格で、これ以降予約しようとすると、どんどん割引率が悪くなっていくという鬼仕様。
こんなん即決できるかーーーっ!!


こちらはプラキットのS.S.I クバルカン。
これまでFFS関連はWAVEがプラキットを出していましたが、遂にボークスもプラキットを始めるようです。
しかもいきなり破裂の人形ってあたりにボークスの意気込みを感じます。






ランナー状態の展示もありましたが、製品版に関しては期待半分不安半分。
何より、ノウハウが無いというのが怖い。
コトブキヤのプラキットだって、最初期のものはかーなーり微妙だった気が・・・。


7月らしいです。
さて、あと何年待てばL.E.D.ミラージュB4・デストニアスがプラキットで出るかなー(棒読み)
それにしても、モエコレ(PVC完成品)といいこれといい、ボークスは周回遅れでの参戦ですな。


■ グリフォンエンタープライズ ■

当日限定品の透け塗装ジブリール。
凄く迷ったのですが結局止めました。


300個とのことでしたが、13:00過ぎの時点でも結構残ってました。


アナザーカラー謙信。
こちらもカラバリ。カラバリはグリフォンのお家芸だな!(類似例としてやまと、ムサシヤにも当てはまります)


白熱灯で照らされていたのでWBをプリセットで合わせたら、背景の色がおかしなことになってますな。




トレジャーコレクションのナナエル(キット)
これだけ数量が100と少なく、早い段階で無くなっていた感じ。
メガハウス版とは雰囲気がかなり異なり、個人的にはこちらの方が好みです。


同じくトレジャーコレクションの東方3人。
東方に関しては全く持って興味が無いのでロクに撮ってません。
と、いうかどのタイミングで行っても人が結構居て、ロクに撮れなかったというのが本当のところ。


スク水メイドさーりゃんピンク色。
こうなると既にスク水では無い気がするのですが、そこの所如何でしょう。
それより気になる表記として、2009年2月発売済み
嘘だッ!
あと1ヶ月(以上?)お待ち下さい。


どう見てもスク水には見えんのですが、妙にエロい感じがします。




スク水メイドさーりゃん3種。
よし、自分もやろう。


メローナ1P&2Pカラー。
2Pカラーは4月のトレフェス1有明での限定品らしいです。
グリーンカラーのメローナがとても綺麗です。



トモエ1P&2Pカラー。
こちらも2Pカラーはメローナと同様に限定品。
QBシリーズってとてもグリフォン向きのシリーズですね。


あとは適当に気になったものを。


回天堂 タマ姉
このまま量産されるのなら結構良い感じだと思います。


コブラ会 タマ姉


レジーニャ 笹瀬川佐々美
あれ?レジーニャなのにそんなに悪く無い気が・・・。


東京G-0さんとこのカスタムシュメ子。




赤い靴CLUBさんとこのホロ。
これは欲しかった orz


撮ったのはこんなもんで、ただひたすらルリを撮っていた感じですのです。
正直なところ、あまり見所が無かった印象。
あと、動員数が少ないわりに会場が広く、会場をもてあましていた感がひしひしと伝わってきました。


会場で特に印象的だったのは閑古鳥のコスプレスペース。
会場にいた2時間で、レイヤーさんを片手で数えられる人数しか見ていません。
最初、何のための空間か全く分からなかったくらいです。
逆にブースで一番盛況(?)だったのはボークスで、上の写真の列は全てボークス列です。
真ん中にあるピンク色のスペースがとても物悲しさを感じます。
むしろ、今回のイベントの認知度はこの状況が全てを物語っているようにも思えました。
今後、イベントとしてどのように成長していくのかに期待、と言いたいのですが、今回の様子だけ見ると不安の方が大きいかも・・・。
ガレキのイベントは貴重だと思うので是非頑張って欲しいところです。


帰り道にて。

あと、地味にこの日一番ショックだったのがこれ。
上野公園の桜が開花してました。
まだ2月なのに。
この日はかなり暖かったとはいえ、ちょっと早過ぎやしないかい?