グリフォンより発売されたPVC版QBシリーズの5人目(?)、鋼鉄姫ユーミルです。
シリーズ中でも人気の高いユーミルのグリフォン版がようやく登場。
メガハウス版よりも凛々しく、かっこいいベクトルのグリフォン版。
トレフェスでお目にかかって以来ずっと気になってたのですが、期待に違わぬ出来でした。

メーカーグリフォンエンタープライズ
原作クイーンズブレイド
商品名鋼鉄姫ユーミル
発売日2009/7/17
スケール1/7
材質PVC
原型師ひろまん
定価¥7,980

本レビューは性的描写を少なからず含むので、
18歳未満の方、及びそういったものに嫌悪感を示す方は閲覧をご遠慮ください。


以下詳細です。



パッケージ。
最近ではこれがコンパクトに見えるようになってきたのですが、明らかに感覚が麻痺ってます。


凛々しくカッコイイ、でもロリな鋼鉄姫。
姫らしく、不遜で自信に満ちた表情がとても素敵です。
個人的にはメガハウス版よりも好み。

















各部の作りこみも申し分なく、かなりいい感じに仕上がってます。
手甲や脚甲の質感にやや物足りなさを感じますが、塗装も綺麗。
1/7サイズとしてはかなりコンパクトですが、存在感は凄いかも。


フフンって感じで自信に満ちた笑み。
黒の2Pカラーがとても良く似合いそうです。
次回のトレフェスで出るんですよね?


アイプリも綺麗。
髪の造形もなかなか頑張ってます。




トレードマークの6連装クロワッサン。


やや膨らみかけの、とても小振りなバストとか。
ただ、左手でガードされてるので微妙に拝みにくかったり。


上から覗き込むのもなかなか難しい。


なかなか悪くない曲線かと。




マーグハンド手甲。
もう少し金属っぽい質感表現が欲しかったかも。


手首は回転しないので、大きな斧もキッチリ固定できます。


斧はどこか安っぽく見えてしまうのが残念。




スカートの白いフリル部分はパール塗装。
陰影がハッキリするので立体感が増しますね。


脚甲。
こちらももう少し質感を頑張って欲しかったところ。


スカート内部。
メガハウス版と違って脱げませんが、その分自然な造形になってます。


密かに肉付きの良い太もも。


スカートの裏側もかなり頑張って造形されてます。


脱げないクイーンズブレイドフィギュアになど、何の意味がある!?
と、でも言わんばかりに脱げるのが当たり前になってる気がしますが、ユーミルもその例に漏れず。
ベルトの部分に分割線がくるので、キャストオフ前後での違和感は殆どありません。
むしろ脱いでも凛々しくカッコイイです。
















むしろスカート無い方が斧の巨大さが強調されて良いのかも。


ヘソとパンツ中央のリボンはもうちょっと頑張って欲しかった。




ローライズで小振りなお尻。


最近だとこのくらいのセンターライン普通に入っちゃってますね。






胸部前面もパージ可能。
撮影終了直前に気づきました。
でも左手が邪魔なんだぜ。


小さなふくらみと、うっすら桜色に色付いた先端。
塗り分けや先端造形はメガハウスには及びませんが、形は申し分無し。


ユーミルにしてはやや増量気味?こんなもんでしたっけ。


難点としては、パーツ接合部のダボ溝が丸見えな点。
完全にこちらはオマケですね。


このアングルだとダボ溝は気にならないかも。










満足度:★★★★

この凛々しさ、まさに鋼鉄姫の名に相応しい。
こんなにカッコいいユーミルは見たこと無いです。
というか、クイーンズブレイドフィギュアで初めてカッコイイと思ったかも。
こういう方向性のQBフィギュアは殆ど無いですからね。

完成度は高めで、グリフォンも大分頑張ってきましたね。
一応延期も無くスケジュール通りに発売されましたし。
あとグリフォンのお約束だとカラバリですよね。
この表情なら、2Pカラー発売されたら迷わず買います。
次のトレフェスは10月。
さて、出してくれるかなぁ。

以上、グリフォン版ユーミルでした。


■関連リンク



[メガハウス]【R18】
ユーミル よそ行きVer.
[グリフォン]【R18】
ナナエル ピンクカラー
[グリフォン]【R18】
メローナ 2P Ver.