コトブキヤより発売された魔法少女まーりゃん-変身中-です。
魔法少女まーりゃんの立体化だけでも驚きなのに、その変身中というシチュでのバージョン違い。
コトブキヤはたまに妙な物に力入れるから困る。いいぞもっとやれ。
それにしても、まーりゃんはこういう突拍子もないのが本当に似合うなぁ。

メーカーコトブキヤ
原作To Heart2 Another Days
商品名魔法少女まーりゃん-変身中-
発売日2009/5
スケール1/8
材質PVC, ABS
原型師白髭創
定価¥6,090

以下詳細です。


パッケージはデザインはほぼ通常版と同じですが、一応新規のもの。


白スクからの変身中なまーりゃん。
アンダーウェアが白スクってのがまた凄いなぁ。
通常版からボディ部分が変わっているだけなのですが、ほぼ別物の印象を受けます。
自分はこちらの方が好み。





ポーズも通常版と同じですが、白スクや胸のジュエルの流れるような造形がとても良い感じです。
コスチュームは単純になってますが、見所は増えてるんじゃないかと。


何より、こっちの方が勢いがあっていい。




頭部に関しては通常版からの変更はありません。




口の中とかも結構細かいですね。


変身中なので、胸のジュエルから魔力があふれ出ています。
ここのクリアパーツがとても綺麗です。


身体を包み込むかのようなこのパーツは、変身中というシチュを巧く表現しているんじゃないかと。


ペッタンコなボディを眺めるには邪魔なのですが、変身シーンで大事な部分を隠すのはお約束。




白スク。
この上に魔力で練られたコスチュームを纏うわけなのですね。


微妙に肌が透けているのも最早お約束。


お尻。


リアビューがとても良い感じ。白スクならではですなぁ。


大変素晴らしい白スクロリボディですが、後姿になると途端に肉感的に。


白スク着て新体操中なまーりゃん。
・・・と、言われても違和感無いなぁ。


透け肌はうっすらでも、凹凸はくっきりな白スク。


くっきり。






脚も特に変更は無いです。


通常版(右)との比較。
違うのはボディだけですが、印象がガラリと変わります。
こうして比べると、通常版のなんと大人しいことか。
白スク着てる方がとてもまーりゃんらしいです。



以下、まーりゃんいろいろと。
撮影していてとても楽しく、収拾つかなくなってしまったのでまとめて。








螺旋状のエフェクトパーツと、新規ジュエルパーツとが相まって、とても勢いのあるフィギュアになってます。
























ポーズに勢いがあって、角度で表情が色々変わるのでとても楽しい。
満足度:★★★★

正直、ここまで化けるとは思ってませんでした。
ただのバリエーション違いなので、あまり見向きされてないような印象も受けますが、これはもっと評価されて良いと思います。
白スクじゃコスチュームの情報量減るじゃねーか、なんて思ってた自分が浅はかでした。
情報量は減っても、見所はグンと増えてます。
シンプルになった分、要所要所が際立っている印象を受けました。
最初からこちらで出してくれれば・・・

以上、魔法少女まーりゃん -変身中-でした。


■関連リンク

[コトブキヤ]
魔法少女まーりゃん