建築に関する学習

2014年04月14日

家ネタ「10軒の信じられないくらい狭い日本の家を見た海外の反応」

おはようございます。
面白い「家ネタ」を提供していたページがありましたのでご紹介

10軒の信じられないくらい狭い日本の家を見た海外の反応

garden-house_japan


私の家の周囲も同じような家が多いので違和感はありませんし
むしろコンパクトかつ機能的で楽しく暮らしている風に思えますね。

起きて半畳 寝て一畳

という言葉を思い出しました。





▼日本ブログ村に参加しています。記事が良かったらクリックお願いいたします。

 


azzurro7 at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月07日

EV・PHEV車のための充電用 屋外コンセント

明日は雪が降るとか?今の天気を見る限り
本当かな、と思います。

さてマンションのチラシを見ていたら
「駐車場にEV車(電気自動車)用の充電コンセント設置」 
を謳い文句にしていました。

写真を見るとコンセントにはPanasonicのロゴが。

調べて見るとありました。
Panasonic [EV・PHEV充電用] 屋外コンセント


カラーバリエーションも展開しているところがナショナル、いやパナソニックらしいところでしょうか。

カバーつき屋外コンセントもありました。



私の家もコンセントは用意しましたが、こんなカッコイイのではなかったなー

駐車場つき新築注文住宅では必須設備になっていくのでしょうか。





▼日本ブログ村に参加しています。記事が良かったらクリックお願いいたします。

 


azzurro7 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月16日

素敵な家 というページをご案内

おはようございます。

素敵な家、というページがあり、世界中のさまざまなお部屋が紹介されていました。

家への夢が広がります。
大手のハウスメーカーでは実現できそうもないなーとも思います。

素敵な家

▼こんな部屋、いかがでしょう?




 

▼日本ブログ村に参加しています。記事が良かったらクリックお願いいたします。

 


azzurro7 at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年06月30日

2016年4月1日 Apple創立40周年

1996年にMacintosh20周年記念として発売されたMacintosh スパルタカスって覚えてます?

i



 当時888,000円。

 何よりカッコイイPCでした。


2013年6月 新Mac Pro発表。
21
スパルタカスのウーハーを髣髴させるデザインです。


 さて少し先の将来、 2016年4月1日はApple社、創立40周年。


 現在、Apple社はカリフォルニア州クパチーノで環状のApple本社ビルを鋭意建設中。

 Apple_new_headquarter_40year_Anniversary_ring_type_mac?

竣工は2016年。

もしかして、これは環状のmac製品が発売される予言なのでしょうか?・・・・

環状のapple iTelevision?
環状のapple iPod?
環状のapple iPad?
環状のapple iPhone?
環状のapple iWatch?
環状のapple iHelth goods?
環状のapple iCar?
環状のapple iShoes?
環状のapple iCycle?

iRing は無いか。

まあ、予想は外れるね。

では







▼日本ブログ村に参加しています。記事が良かったらクリックお願いいたします。

 


azzurro7 at 05:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月09日

外断熱と外張り断熱の違いは?

[外断熱住宅] ブログ村キーワードより 「外断熱」と「外張り断熱」の違いを良く聞かれます。

答えは意外と簡単。


構造体(躯体)
外断熱RC(鉄筋コンクリート)構造
外張り断熱木造(在来工法、4x4構造etc)、鉄骨構造
となります。

つまり「木造」で「外断熱」と言うのは間違った呼び方、ということです。

ただしどちらが優れているのか、ということよりも、
日本の四季にあわせた暮らしやすい家が
予算内で実現できる方法で
最適な提案が工務店や住宅メーカーから出れば、
もしくは自分で研究や調査を重ねて、最善の判断を下した方法がベストであることが重要だと思います。





 

▼日本ブログ村に参加しています。記事が良かったらクリックお願いいたします。

 


azzurro7 at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加